みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/06/10(日)
『Red Bull PARANAUÊ 2018』
カポエィラのイベント」の正体。


もしかしたら、どんなイベントなのか説明をしていただいていたのかも知れませんが…理解しておらず。

でも、ソレは観ただけで 勝敗をつけるカポエィラ をしているんだな!と分かるものでした。

IMG_6799.jpg

詳しい事は分からなかったので、イベント後に調べてみると、

『世界で最も完全なカポエィリスタを選ぶ』

と記載されていました。
そんな大きなイベントだったなんてー!
もっとちゃんと観てくればよかった…


もぉ、とにかく暑くて熱くて、立ってるのもしんどい。
行く前にトニー先生にも、日焼け止めをしっかりしていけよ!
と言われたのに、急いで出てきて忘れる。
かなりへばっていたので、会場でお会いしたM.Lucasの影に隠れてな、と言われる始末。

そんな感じで満足には観てこれなかったRed Bull PARANAUÊですが、
せっかくなので備忘録として、私が個人的に感じた事を。

IMG_6800_2018051422484612f.jpg


イベントは既に始まっていて、暑さも手伝い凄い熱気。
(見てください、この雲一つないド晴天)

ステージは殆ど見えず、、、
分かりにくい写真が多くすみません。。


カポエィラは基本的に明らかな勝敗をつける事がなく、
他の格闘技と違って、誰が一番なのか
また、一番を目指す為に闘う
という事が通常のホーダの中では行われないので、
勝敗を決めている、という事は分かっても、最初は不思議な感じがしました。


勝敗をつけるからといって、カポエィラの技を使って相手をボコボコにしたり、倒し技ばかりが行われている訳ではなく、
あくまで相手を尊重しあい、その中で技を出し自分のベストを尽くす。
最後は握手やハグで相手を讃える。
カポエィラの根底にあるものは変わらず存在していました。

IMG_6801.jpg


そうなると、勝敗の決め手はどこなんでしょうか…


何人かのMestreがステージ脇にいて、旗を挙げ判定を行っている様でした。
(この青い囲いの中にMestreが居ます)
IMG_6807_20180514224846b6b.jpg

Mestre Nenelだよ!とか教えてもらうも、ほぼ後ろ姿で残念。
Mestreたちが勝敗を決めるんだから、選ばれた人にとって、こんなに喜ばしい事はないんだろうなぁ〜

IMG_6803.jpg

こちらが女性の優勝者。
男性は撮り損ね。

IMG_6809.jpg
ステージに置かれているルーレット。
パンデイロに見えますが…
名前は『volta do mundo』


・REGIONAL Toque:Banguela
・ANGOLA Toque:Jogo de Dentro
・CONTEMPORANEA Toque:São Bento Grande Regional


と書かれていて、ルーレットで出たToqueに合わせて指定のジョーゴをする様です。

volta do mundoしてからジョーゴする。
良いですね!

何が出るか分からないし、何が出ても対応できなければいけない。
『最も完璧』とはそういう事なんですか??
だらだらと書いてはみたものの、結局私のようなペーペーにはよく分かりません…


優勝者が決まった後、広場のあちこちで自然とホーダ が出来、ジョーゴが行われていました。
そっちを見れた事の方が私にとっては大きな収穫。
…相変わらず暑さにバテてたけど

IMG_6822.jpg

ダンス要素が強い人や、飛びまくってる人、スピードに長けた人…
色んなカポエィリスタがいて、それぞれが尊重され、
時に熱くなり過ぎても、やっぱり最後は笑顔で握手・ハグをして終わる。

出てきて良いよ!と言われるし、テンポの生徒で同じ黄緑帯のMariaに一緒に出よう!
と何度か誘ってもらうけれど…
Jandaia気持ち悪くてゲボリそうだよ。。。

IMG_6810.jpg

IMG_6834_201805142248595f5.jpg

IMG_6812.jpg

IMG_6813.jpg

なんか、ホント凄かったんですよ。
息をするかの様に自由に身体を使い、超人みたいな技を繰り出す人が沢山いて!


ジョーゴを始める人が居れば、自然とそこにホーダが作られ、歌う人がいる。
みんなで作りあげている。

ブラジルに来てから、ソノ感じが凄く良いなぁ、好きな時間だな、と感じる場面が沢山ある。

例えばアカデミーアでの練習前もそう。
誰かがビリンバウを弾けば周りもそこに加わって一緒に弾いたり、歌が始まったりする。
軽く弾いてみるつもりが時にスパルタ練習になってツライ時もあったけど…
それも含め、やっぱり良い時間を過ごせた。
みんなカポエィラが大好き!


IMG_6836.jpg
話が逸れましたが…
こちらはContra Mestra Tekka。
ブラジルの方も日傘するんですね〜
途中入れてもらい、かなり助かりました。

お隣はKabeção先生!やっぱりカッコいい!
昨年ワークショップに参加させてもらってからずっとファンです(笑)隠し撮り…ではないです!

他にもMestre QueixadaやMestre Vermelho28…


本当に色々な団体のカポエィリスタが集まっていて、
カミーザに書いてあるグループ名をメモっていたのですが、多すぎて途中で諦めました。

それだけ注目度が高いイベントだったんですね。。。
訳も分からず行った事、暑さに負けた事をやっぱり今更本当に後悔します。



陽もだいぶ傾き、人混みも抜け遅ればせながら、ようやく元気。
ビルーと夕陽を見に高台へ。

IMG_6814.jpg

他にも多くの人がその瞬間を楽しみに集まっていました。

IMG_6838.jpg

只々キレイ。
絶景でした、、、

IMG_6826_20180514224857a6c.jpg

陽が沈むと、拍手と歓声が…


行くように言ってくれたトニー先生にも、連れてきてくれたビルーにも、なんかもう全部に感謝。

なんだか忘れていたなぁ、こういう感じ。


心地よい風も吹き始め、幸せな時間。

また始まった、いつの間にかビルーと歌を歌う。
一曲ずつ交代で。

違うフレーズもあるよ!と歌詞を書いてもらって教えてもらうも、発音で大苦戦。

ビルーみたいにステキに歌えるようになりたいなぁ〜


帰り道、海がとてもキレイ

IMG_6815.jpg

我慢出来なくなって、海に突撃。
ライトに照らされた海は暖かくて、楽しすぎたけど
2人とも水着じゃなかったので、次また来ようと約束して帰る。


バスに乗る機会が多く、だいぶ乗り方は理解したけれど、
急に目的地経由のバスが来たりするので小銭の準備が間に合わない。

バスに乗る時、買い物をする時含め、大きい額のお金は好まれない様ですね。

毎回慌てる私に、ビルーが今回の分はコレ、次の分はココに入れるよ!と。
何から何までスミマセン。


渡伯前、Pinauna先輩から教えてもらっていた『Valeu』という単語。
ブラジルでは、バスを降りる時とかにValeu(ありがとう)を使うそうで、
実際先生たちの会話の中でも何度も耳にしてはいたのですが
いつも『Obrigada』が出てしまい、言った後にあーッッ、今!と悔やんでいました。

しかし、遂にこの日の帰りにValeuデビュー!
自然とこの単語が出た自分にビックリして、嬉しかった事を覚えていますが
運転手さんに上手く聞こえていたでしょうか。
もっと自信を持って使える様になりたいなぁ〜


アカデミーアに戻ると、忙しそうに仕事をしているトニー先生。
今夜はお友達の誕生日会に行くそうです。
行くか?と言われたけれど、長かった1日。
そろそろ終わりにしたかったので、おやすみなさい。

明日はトニー先生と泳ぎに行くそうです。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/09(土)
トニー先生を起こす約束の時間に声をかけてみる。

しかし、反応無い。
いつも早起きなので、お出かけ中かな?とりあえずアカデミーアの掃除をする。

アカデミーアにはビリンバウをつくるための材料が!!

既に皮は剥がされ、カットもされたビリバに、まだ丸い瓢箪
IMG_6729.jpg

IMG_6730.jpg

出来上がる前の状態を見るのが初めてだったので、テンション上がります。

ウキウキしながら掃除をしていると、
アニーさんが来たので、トニー先生の行方を聞いてみる。
『分からないわ〜』と言いつつ、とりあえず呼んでくれると
なんと一発!
トニー先生の声が返ってきました。

私が呼んでも全然ダメだったのに、、、
スゴイ!


* * * * * * * * * * *

このビリンバウの材料たち。
朝練習で一緒になるVanessaにビリンバウを作ってあげるんだ。とトニー先生。
(Vanessaは他団体でカポエィラを習っていて、今だけトニー先生の元に来ています)IMG_6731.jpg

私もビリバをヤスリで削ったりして作るお手伝いをさせてもらいます。

それにしても、トニー先生の手際の良さ!!

真っ直ぐだったビリバがどんどんと形を変え

IMG_6732.jpg

IMG_6733.jpg

まん丸だった瓢箪も、あっという間にカバッサに。

IMG_6744.jpg

IMG_6800.jpg

IMG_6745.jpg
完成〜!

はしょり過ぎですか?笑
でもトニー先生、ホント作るの早いんです!

動画で撮らせてもらっていたのですが、なんと僅か1時間弱で2本のビリバにアラーミが張られ、カバッサが付きました。


その間には、ヘジョナウとアンゴーラで使うビリンバウの違いや、
自分に合ったサイズの選び方(手のひら広げて7つ分)とか、
バケータも、ビリバから作られるのとチクンで出来ているもの、
チクンで刺すことも出来るんだぞ!とか解説もしてくれていました。
訳合ってるのかしら、、、
復習しておかないと…



昨年私たちが手にしたビリンバウは、マナブさんがブラジルに行った際に皮を剥がしてくれたビリバが使われているらしいのです。
その時の話をマナブさんから聞いた時は、大切に使わなきゃ!と初めて持てた自分のビリンバウが嬉しくて仕方なくて、

今回は作る過程を見る事ができて、もちろん今日の1時間で完成な訳はなく、
先生方が毎回一つづつ手作りして下さるビリンバウ、今更ながら本当に有難いなぁ、と思います。
指イタイー、とか言ってゴメンなさい。
ビリンバウと仲良くなれる様に頑張ります。


さて、朝練は…
9時開始の予定が既に10時。
ヴェフメーリョ先生が10時半に迎えに来てくれる。
これは困った、、、。
練習無いのか?と思ったけど、サウダサォンでSalve!しちゃってるし、準備運動始まったしー!!
しかも通常7時半開始ですら暑いのに、10時って!


練習はアルマーダを横向くエスキーヴァで避け、そこにチゾウラ。
有り難い事に下にマットを敷いてもらえた!

高い位置から落ちるし、チゾウラ初めて同士で組んでいたので、上手くいかないとマットからハミ出るしイタイ。
でもそのお陰で倒し方も、倒され方も、どうすれば良いのか工夫し、考える。

時間通りに迎えに来てくれたヴェフメーリョ先生も、見兼ねて教えてくれます。
でもフラカォン先生が息子のペドロを連れて来たので、すぐにフラれてしまいました。

IMG_6758.jpg


このペドロがちょー可愛いのです!!
汗だくで近づく異国の変な女にも、天使の微笑みを見せてくれました!

ついペドロに夢中になり、トニー先生に早く練習しろと怒られる。

最後はジョーゴでチゾウラを掛けにいく練習。
蹴りや移動中に出すのは本当に難しかったけれど、下手なりに上手くいくと嬉しい!
日本に居ると、なかなか黄緑帯では使う事の無い技ですが、ほんの少〜しだけ掴めた感覚、忘れずにいたい!


通常、1時間半の朝練。今日は1時間で終了。
アカデミーアが賑やか

IMG_6746.jpg

IMG_6734.jpg


私は急いで支度してヴェフメーリョ先生とボンフィン教会へ。


今回はしっかりお願いも!

IMG_6735.jpg

神父さんに聖水も掛けていただき、たった2日前だけど、前回とはまた少し違ったボンフィン教会を体験。
(前回は初めてのボンフィン教会で、わーっ!って喜んで、わーっ!って回って、ずっとわーっ!てなってた)

先輩たちの日記にも度々登場するアイス屋さんにも連れて行ってもらう。
IMG_6736.jpg
種類が多過ぎて選べないし、ソレ何ですか!って名前ばかりなので、ヴェフメーリョ先生のオススメにしてもらう。
もちろん、2段のやつでー!!

試食もさせてもらい、何だかんだいっぱい食べる。
IMG_6737.jpg
沢山名前を言われて、結局コレが何だったか忘れる…
先生、すみません。。。
でもめちゃめちゃ美味しかった事は確か!

食べた後は動く。
という訳ではないけれど、カポエィリスタはどこでもカポエィラする!

照りつける日差しでコンクリートがmuito quente!!
熱い熱い言いながらも、アウーバチードゥや、マカーコをしてくれるヴェフメーリョ先生。
IMG_6738.jpg
連写で身体の流れ方をしっかり抑えたので、後日こっそり練習する予定。
…が、未だしておらず。

絶景を背に、良いなぁ〜
先生みたいに華麗に技を出せたら気持ちいいんだろうなぁ〜


私もポーズをする様に言われるので、やってみる。
ヴェフメーリョ先生からのオーダーは『ジンガ』です。

IMG_6750.jpg



・・・・何ですか、コレは。
強風に吹かれて前に進めない人みたいになってます…
衝撃的なダサさ!!

この後エスキーヴァもやってみる。
どの写真も悲惨な感じ。
練習ですね、、


お昼はフェイジョアーダをご馳走になり、楽しい時間はあっという間に終了。
今年もヴェフメーリョ先生が作るフェイジョアーダが食べたいと図々しくもお伝えした。

今年もこれから日本で迎える夏が楽しみ!

casa14に戻ってちょっとお昼寝…
は出来ない様です。
ビルーがお迎えに来てくれていました。
これからカポエィラのイベントを観に行くから早く!との事です。

つづく
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/01(金)
こんにちは。蒲田五反田原宿支部の帯なしメンバー、えーさく(仮)です。昨年、12月2日にメンバー入りしました。

気づけばメンバーになってからは、もうすぐ半年が経ちます。は、早い…。カポエィラを始めてからは3年近く。ここまでの道のりは沢山の出来事があったのですが、それらを語り出すと、とてつもなく長くなりそうなので、、、割愛!!(また、別な機会に…?)

今回はブログを目にしてくださった方に、メンバーになるってこんな感じなのかぁ~と少しでも興味をもっていただくことを目標に書きます。

中心は、「デビューホーダ」についてです。過去のブログにも紹介がありますが、メンバーになって初めてお客様や他団体の皆様にお披露目?となる機会をいただきます。

自分の支部の先生にジョーゴをしていただくのですが、順番はホーダのトップバッター。
一応今期最初の新メンバーだった私は、同期となる方の様子を先に見ることなくこの日を迎えました。
緊張でガタガタ。ユニフォームも違和感あり過ぎ・・・。

あ、ですが、今は日曜日にビジター生徒さんも参加できる練習ホーダがあります!
私はメンバー入りしてからですが、デビューホーダ前に少しでも慣れようと、数回参加させていただきました。

IMG_27052018_215935.jpg

12月23日。本番当日。
たくさんのメンバーの皆さんに囲まれ、お客様に見守られ。
デビューホーダとは言え、本当に自分が一番先で良いの??と、内心は冷や冷やでした。
ビジター生徒時代から何度もホーダは見に行っていましたが、観客席から見ているのと、自分が輪の中に入っているのとでは、見える景色も感じるエネルギーも違いました。

人が近い!音も歌も、とても近くに聞こえて大迫力!最初の林先生の歌声が響いた時、わー、ついに始まる!!緊張のピーク。えーっと、この後はどうするんだっけ、、、。(アウーで出発。ジョーゴ自体の内容、ほとんど覚えておらず…。すみません。)

IMG_27052018_221013.jpg

一番記憶に残っているのは、ジョーゴが終わった時、林先生にかたい握手をしていただいたこと。
自分の勝手な解釈ですが、「これから頑張っていきましょう」というメッセージをいただけたような気がして、とにかく嬉しかったのです。(先生の握力が強かっただけではないと信じたい。)
そして、支部の皆さん、さらに支部関係なくホーダに参加しているメンバーの皆さんの応援が本当に温かかったです。
メンバーになって良かった!と思った瞬間でした。

IMG_27052018_215918.jpg

ここからは、メンバーになってからの個人的感想と決意になるので、もう、お腹いっぱいの方は読み飛ばしてください。

私にとってカポエィラは、苦手なことばかりの出発でした。それでも楽しいと思える不思議な魅力があります。動きはもちろん、音楽も語学も、一つ一つ新しいことに挑戦していくことがとても楽しいです。

メンバーになって、カポエィラの世界が広がりました。人の輪も広がりました。(ついでに、股関節の可動域も広げたい。身体が硬すぎるので…。)
意識も変わりました。人一倍欲張らないと上手にならない!と、練習の時だけは遠慮の気持ちを押し込めて、できるだけ積極的に動くようになりました。

とは言え、常に鼻息荒く練習していると燃え尽きそうなので(笑)、マイペースに取り組んでいます。その環境が整っているから、楽しく続けられるのかなぁとも思います。

次は、いよいよバチザード(昇段式)!!!ブラジルの先生方の練習にも参加させていただきます。今からドキドキですが、バチザードまでの目標を自分でいくつか決めたので、達成できるよう日々の練習に励んでいきます。

IMG_27052018_223140.jpg

先生方、メンバーの皆さん、カポエィラが縁で仲良くなった友人の皆さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ

2018/05/16(水)
11/24(金) DAY9。

th_p2192.jpg


今日はビルーがzoológico(動物園)に連れて行ってくれる!
アカデミーアから歩いていける。
去年行きたかったけど行かなかった噂の動物園。ついにデビューできます。

th_IMG_8774.jpg

th_IMG_8782.jpg


これが無料?と思うほど広大かつ美しい動物園。ブラジルの政治がちょっと心配になるー


見所であろう鳥コーナーが閉鎖中らしい。
残念。でも歩いているだけでも満足できる素敵な景色が広がっている。

緑がうつくしい
th_IMG_1177.jpg


カラフルじゃない鳥たちは見られる。
耳が立っているCoruja。かわいい。
th_IMG_8801.jpg


carcará。青帯ブルーノのアペリード。
th_IMG_8808.jpg


ありがたい日陰。
th_IMG_1175.jpg


ネコ科の動物がいるはずなんだけど見当たらない。
「onça pintada preta」という看板があり、黒い斑点のある黒ジャガーは真っ黒なんじゃないのか、という話に。本物が見たかったわ。


「逆光って何というの?」と話し中。
th_IMG_0886.jpg


こういう茶色い品種かと思ったら
汚れているだけのシマウマ。
th_IMG_1172.jpg
    
見つめ合う2人
th_IMG_1168.jpg


th_IMG_1171.jpg

th_IMG_8899.jpg


ボルボレッタが突然小学生に囲まれる。
「キャー!!一緒に写真撮ってー!」
th_IMG_1164.jpg

アイドルみたいだった。多分アジア人が珍しいと思うんだけど、他にも日本人が3人いたのに囲まれたのはボルボレッタだけ。
やっぱりブラジル人にも魅力を嗅ぎ分けられてしまうらしい。


お猿さんが近寄ってきました。
th_IMG_1163.jpg
  
ボルボレッタに近寄ってみました。
th_IMG_1173.jpg

クジャクを見ている姿が撮りたかったのに。
th_IMG_1162.jpg


動物園、楽しかった〜
とても静かで、緑が豊かで美しくて、動物たちはユニークで。
お天気のいい日にまた来たくなるだろうな。




動物園の後、ビルーとボルボレッタと私はブルーノと待ち合わせしてバラォン練習。
いつでも素敵な仲間たち。
th_IMG_1158.jpg
  
後ろにまっすぐ飛ぶ練習。
th_IMG_1155.jpg

私もチャレンジ。
th_IMG_4437.jpg
   
最近ずっとウルソとビルーのバラォン練習を見ていたので、ちょっとは進歩した気がする。ちょっとだけ…。
着地がうまく行くと嬉しい。芝生なのも嬉しい。


帰りにパダリーアで夕飯用のお買い物。
量り売りのお肉。
th_IMG_4434.jpg

th_IMG_8949.jpg
   

バナネイラにとっては今日が最後の夜。
なのでビルーとウルソも呼んでバナネイラの送別会ディナーをする予定。
ボルボレッタと夜の計画を練り準備をする。


夕方から Grupo Oriaxe CapoeiraのInstrutora Gandaiaの子供向けワークショップがある。


準備のお手伝い。
Gandaia先生はとても明るく笑顔がステキです。
th_IMG_8952.jpg
  
始まるよ。他団体の子の方が多い
th_IMG_9026.jpg


こちらは見学の大人。
th_IMG_1139.jpg


最初はビゾウロ・マンガンガの物語。
身振り手振りを交えながら話してくれる。
th_IMG_8956.jpg

th_IMG_8973.jpg

次は小道具を使っての動き。
th_IMG_8986.jpg

今度は楽器になります。 
「ビリンバウのパウになって!」
th_IMG_9054.jpg

「ペドラ!」
th_IMG_1126.jpg

「バケータ!」  
th_IMG_9051.jpg

子供も楽しく鍛えられる腹筋運動。キツそう。


そして竜太先生も大好きな、柔らかい棒をブンブン振り回すやつ。世界共通ですか。
キャーキャー言いながらよける。
th_IMG_9034.jpg

th_IMG_4435.jpg


大人はコルダの先をフォークでほぐす作業。
th_IMG_9019.jpg


次はお絵かき。さっきのビゾウロのお話をもとにして絵を描きます。
th_IMG_9062.jpg

th_IMG_9076.jpg


最後は子供ジョーゴ。
th_IMG_9114.jpg


私も見ていて勉強になったし、子供達はとても楽しそうだった。Gandaia先生は子供が大好きだって。ありがとうございます。
th_IMG_9127.jpg




ここからバナネイラの送別会に向けてご飯の支度。
こぢんまりの予定が全部で9人になったので割とハードだった。
作る量も多いし、不慣れなキッチンに苦戦…
二階にある包丁は切れ味が良くなく、コンロは強火か超弱火しかなく、フライパンは凹んでいる。
でもこれもまたブラジル滞在の醍醐味よね。
(本当は切れる包丁はちゃんとあり、コンロは後日トニーが直してくれました)


ビルーとウルソとは一緒に夜ご飯を食べたことがなかったので今日は来てくれて嬉しい。

ウルソの笑顔と手を振ってくれたのが可愛すぎて後でボルボレッタと萌えた写真。
th_IMG_4433.jpg


やっぱりトニーの独壇場。盛り上がった。
th_IMG_1109.jpg


男の友情1。
th_IMG_1107.jpg

男の友情2。
th_IMG_1108.jpg

th_IMG_9156.jpg

バナネイラは彼らとカポエイラでしっかり友情を築いていた。とても素敵な雰囲気だった。
みんなでご飯が食べられたのも嬉しかった。
朝からいい1日だったな。

明日の午前中はMestre Orelhaのワークショップ、夕方からいよいよバチザード。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

Before  | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド