「パラベンス、やっぱり、お誕生日ですから」6/9(水) 緑帯 くがForte

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2010/06/12(土)
というわけで、ここのところ偶数月はイベント系になってる(たまたまでしょうけど)お誕生ホーダですが、今回はヒゲホーダ。
Roda de Suíças で合ってますか?(ビゴージですね~)

誕生月のとも

先月、6月のお誕生ホーダの仕切り、よろしくねと竜太先生から言われて、いろいろ考えたんですけれどね。
あんまりいい知恵浮かばなくて、結局いちばん最初に考えた案になった次第です。
ていうか、私がそのまんまで行けるという、実に安易な発想だったんだけど。

ところが!

先週の後半あたりから体調を崩してしまいました。
早い話が風邪なんですけれど、熱が出て、頭が痛くて、咳が止まらなくって。

でも、行かないわけにはいかない! ていうか、自分的にも年に一度のお誕生ホーダだもん!
汗をかけば、きっと頭痛も治まるさっ。

というわけで、パラベ〜ンス プラ ヴォッセー、お祝いしていただきました。

クガさん

久我さん避ける

ラッキーだったのは、今回は対象者が6人もいたのでちょっと余裕があったことですね。
お誕生ホーダでは、誕生日の歌が流れる間は、対象者vsみんな、という組み合わせでジョーゴを延々とします。
これが例えば2人とかで参加者全員を相手にやるとなると、いや〜、大変です。
先月のオギーは、ほとんど一人で全員でやってるような感じでしたから。
今回がもしそんなだったら、私は完全に逝っちまうところでした。

それでもやっぱりジョーゴしていると目が回ってきてしまって、特にホレーやアウーを下にするのが効くぅ、って感じ。

なので後半の普通のホーダに戻ってからは、大人しくしておりました。
パンデイロと、小さな声でコーラス。
最後のフロレイオだけ、これは「ずっと三点倒立」で参加しましたけど。

お誕生ホーダの歌、最初の「パラベ〜ンス〜〜」はお馴染みの「ハッピーバースディ トゥユー」の歌です。
でもその後はいろんな歌というか、中にはブラジルのテレビ番組で歌われていたものもあるとか聞きました。
ハステリーニャ プラ ヴォッセ、という部分もあります。
足技掛けて倒せ、ってことです、お誕生日なんだから。
それが、カポエィラ流の祝福です。

てことでやはり6月生まれのおでん君、彼はけっこう倒されまくってましたね。
染之助染太郎風に言えば(古っ)、いつもよりたくさん倒しております。

ずっと以前のことですが、まだお誕生ホーダというちゃんとした行事がなかった頃。
たまたま自分の誕生日に、普通に練習に行って、普通に練習して。
そして終わって着替えて出て来たら、突然、パラベ〜ンスの大合唱。
サプライズで準備していてくださったんです!
まだ田町のアーキタンツ時代でした。
いやぁ〜、あのときはホント、感動したなぁ。嬉しかった。一生忘れない誕生日です。

この時はサンバ

サンバってるはず

テンポは、昔から、こういうグループです。
あの頃に比べてメンバーの人数はすごく増えましたけれど、ずっと変わらないと思います。
そしてあの頃から、ケーキはトップスのチョコレートケーキに決まってます。
これも、テンポの伝統ですね!

ヒゲメン
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド