青帯笹森の日記 其の五「器」②

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2008/01/06(日)
シュパッ!!っと!!

明けました!
IQ186を叩き出した事がある笹森です。今年もよろしくお願いします。

新年一発目の練習ということでたいへん盛況でした。
1週間動かなかっただけなのに永いことカポエィラから離れてた感覚です。


さて
前回書いた話の続きという応用編というか、な話をします。
これは黄色帯(3つ目の段位)以上推奨なことですが、
カポエィラをやっていくとこんなことも考えるのかぁ~とみなさんが
思ってもらえれば意義があるかと思います。

自分を知ることが大切だということを以前お話しましたが、知ったのちに
どうすべきか考えていきましょう。

例えば、笹森は比較的背が小さいほうで身体能力が高くない方です。
自分より大きい相手とやりあうときは、常に相手のハステイラ(足払い)
圏内で闘うこととなるため、漫然とカポエィラをしているだけでは駄目です。
そこで考えた挙句に、相手に見切られにくくフェイントやタイミングをずらす
などの単調でない攻めと、身体の小ささを感じさせないぐらいの移動量、
というスタイルのカポエィラをしています。
当たらない蹴りは見切って避けないとか色々やっています。

カズさん(親子カポエィリスタの背が高いかーちゃん)が言っていましたが、
大きい人は動きが俊敏でなく、相手の攻撃が届きにくいため適当になりやすい
そうです。その場合はリーチを生かしたり相手を逃がさない戦法が使えそうです。

基本ができるまでは基本を習得することに注力し、それより先は頭を使って
自分を生かす道を探るべきだと考えています。
今回は動きだけの具体例を示しましたが、その他の部分においてもです。
器を理解したら、その器の最高の盛り付け方を考えたいですね。
自分をプロデュースしていきましょう。


今年の抱負を決める一助になれたら幸いです。
笹森はカウサ(カポエィラパンツ)の穴を縫う人ができるといいなと思ってます(笑)

~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエィラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!
関連記事
この記事へのコメント
あけましたね~
今年も揉んでくださいまし。

笹森さんとは、体格が近いので特に参考になるっす!
この日記だけでなく、日ごろの動きからも♪
2008/01/07(月) 23:07 | URL | ながお #-[ 編集]
>ながおさん
今年もよろしくですー

そういえば背丈が同じくらいですねぇ。大きい人のリーチには難儀しますなぁ(苦笑)

ながおさんは笹森と違い、体の柔軟さや身体能力の凄さがありますねー。
それだけ動けるのだし、考えまくって最良のスタイルを追求していきましょー!
2008/01/08(火) 02:06 | URL | 青帯笹森 #bRfSd8YE[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド