青帯の林です。忘年会の幹事です。

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2007/12/24(月)
僕ら仲良し三人組!!

今日は第4土曜日ということで、毎月恒例の「ホーダ」の日です。
「ホーダ」というのはポルトガル語で本来「輪っか」という意味ですが、
カポエィラでは、みんなで集まってカポエィラをすることを言います。

「ビリンバウ」という弦楽器とその両脇に「パンデイロ」という皮のついた
タンバリンのような打楽器を2枚、その楽器隊を円の頂点に、
人で「輪っか」を作ります。その「輪っか」の中で二人のカポエィリスタが
ジョーゴ(英語でいうplay、この場合は「組手」の意味)をします。
楽器隊は「バテリーア」と言い、バテリーア近くに居る人が
カポエィラの歌をソロで歌い、周りで「輪っか」を作っている人は
「パウマ(手拍子のこと)」とコーラスを返すことで、ホーダと
一体となります。
ホーダが盛り上がり終盤になると、私たちのグループの場合は、
「フロレイオ」と呼ばれるショーカポエィラをします。
その際は、「アタバキ」と呼ばれる大きな太鼓が登場します。
男子はだいたい上の服を脱ぎます。
「フロレイオ」の時は、ショーなので、カポエィリスタは色んな技を
繰り出します。派手に回ったり、高く飛んだりして、アクロバットな動きで
その場に居るカポエィリスタやお客さんを魅了します。
「ビリンバウ」のテンポも最も速くなり、それに乗じてカポエィリスタの動きも
早くなります。

ふぅ。大雑把ですが、ためになる?「ホーダ」の説明でした。
ほんの、さわり、程度ですが。

昨日は、カポエィリスタより、見ている観客さんの方が数が多かったです。
うちのホーダは見学自由なので、昨日も、カポエィラをやったことない、
見たことない、という人がかなりいました。
のんびりビールを飲みながら観ている人もいます。

昨日は、今年最後のホーダということで、恒例のMVPの発表がありました。
一年を通して、グループの中で色々な意味で活躍した人を表彰します。
今年は、まぁ当然やっぱり、という感じでした。
誰もが納得できるMVPでした。

黄緑帯の松尾君と
緑帯のその子さんです。

本当にいろいろ活躍したのですが、とりあえず練習に出た回数が半端なかったです。
僕も今年後半の半年は、週6とか、おかしなくらいに練習に出まくりましたが、
この二人がいないことは、ほとんどなかったです。
この二人がいないと、ちょっと寂しかったり。
二人がいるとテンションがさらに上がったり。
今年のテンポを盛り上げた立役者でした。お疲れ様です!!!


けど本当は、
今年は、まぁ当然やっぱり

俺がMVP

と思っていました。
この二人のMVPは間違いないと思っていたので、
俺は超MVPかなとか考えていました。
受賞挨拶まで軽く考えていました。
披露できなくて残念です。それはまた、忘年会で。

本当のところは、
僕は4年前に一度MVP認定を貰ったので、2度目は無いとのことでした。
だから自分の心の中では、僕が超MVPです。

これまた当然のことですが、一年で一番活躍した人がMVPなら
竜太先生と正太郎先生とさやかさんが
毎年MVPです。これはみんなの気持ちです。

ではまた、忘年会で会いましょう。今のところ参加者44名。


~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエィラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!


関連記事
この記事へのコメント
松尾のMVPははやしのだよー。
今年はいろんな企画を立ててくれたり、一生懸命仕事の合間をぬって
練習したりと、もちろんはやしがMVPに決まってるじゃないですか。
でも今その後を追いかけてる松尾のことをはやしが育ててるんだから、
あれは譲ってあげてという意味ですよ。
松尾にはますますがんばってほしいね!
はやしも一年間お疲れ様。
2007/12/24(月) 01:50 | URL | さやか #-[ 編集]
すみません!
「ホーダ」にはもともと集会という意味があるそうです。
あと「パウマ」→「パウマス」の間違いです。
手拍子は左右の手の平で行うので、複数形でした。
あと青帯の林→知ったかぶりの林
2007/12/24(月) 06:25 | URL | 青帯の林 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド