「火曜日の深夜連の日記」11/17(火曜日) 黄緑帯の花村

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2009/11/22(日)
練習参加者は3人と、少しさびしい練習でした。
いろいろと用事ができてしまい、なかなか参加できなかったのですが、
数週間、練習参加者が少ない状況が続いているようです。

人数少ないと密度濃い練習ができますよー! みなさん、チャンスですよー!
この日も学ぶことが多い一日でした
(練習後も、自分のやりたい技の練習がやりやすいですし。)

練習内容は、マルテーロなどの蹴りをした後、蹴り足を横において、アルマーダといった感じの連続蹴りの練習と、エスキーバなどで避けた後、足の入れ換えをして、ホレイで後ろに回ったり、シバータを蹴るというものでした。

前者は、最初の蹴りをベンサオンにしてみたりできますし、次の蹴りをコンパッソといった蹴りに展開できます。
また、後者も避けた後を様々な動きに展開できるという、とても充実した練習内容でした。

それにしても、技をつなげる練習をすると、いかにひとつひとつの技が大事かを痛感します。
技、一つをやるときはなんとなくできているつもりでも、技をつなげると重心がぐらついたり、蹴りに安定感がなかったりして、とても汚い動きになってしまっています。
一つ一つの技をしっかりして、連続すれば重心移動などもしっかりでき、ふらついたりしないハズです。

技をうまく繋げれる、動きを展開するためには、やはり一つ一つの動作をしっかりさせることが向上のための早道なのだと感じました。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド