現在ブラジルから先生来日中!

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2009/07/19(日)
カポエィラ・テンポは20日(月・祝)の昇段式を控え、ブラジルから先生を3名呼んでの強化月間中です。

20日のイベントの詳細ページはこちら!動画もあります。
http://capoeira-jp.com/batizado07/index.htm

みんなの日記に出てくるアペリードとは、カポエィラの世界で使われるあだ名です。

そんな感じで盛り上がっていますが、通常どおり未経験者の体験クラスは日本人の先生が普通に教えています。
横目で激しい練習を見ながらのんびり習いに来て下さいー
関連記事
この記事へのコメント
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
       ● 日本国内向けの緊急支援 ●
  「定住外国人の子どもの就学支援事業」の公募のお知らせ
         (7/27 説明会を開催)
-------------------------------------------------------------

↓ウェブ版の案内はこちら↓
http://www.iomjapan.org/act/act_030.cfm


 
 文部科学省の委託を受け、国際移住機関(IOM)は日本国内の緊急支援として不就学・自宅待機になっている定住外国人の子どものための就学支援事業を公募します。
 この事業は、平成21年度補正予算の「定住外国人の子どもの就学支援事業」により設立された「子ども架け橋基金」への拠出を受け、IOMが本事業の申請を受け付け、審査を経て採択された申請者に対して事業委託を行います。

 昨今の景気後退により日系ブラジル人等の外国人の雇用が不安定化することにより、授業料の支払いが困難となり、公立学校に転入する子どもがいる一方で、いずれにも就学しない子どもが増加しつつあります。このような状況に対応するため、本事業では、これらの義務教育対象となる年齢の子どもが日本語等を学習する場を外国人集住都市等に設け、公立学校へ円滑に転入できるようにします。また、これらの子どもを中心として地域社会との交流の促進を図るための事業を実施します。この緊急支援では、以下の内容を含んだ事業を対象としています。

 !)子どもたちを受け入れる教室の設置
 !)子どもたちへの日本語指導、教科指導
 !)子どもたちの母語による指導を通じた教科指導の補助
 !)子どもたちや保護者と地域社会との交流促進


【応募の方法】

提出期限:平成21年8月14日(金)【必着】

提出方法:
事業計画書(収支計画書を含む)(2部)の郵送に加えて電子版をメール添付にてご提出願います。
郵送には、封筒に「定住外国人の子どもの就学支援事業計画書在中」と朱書きしてください。
電子メール件名は、「定住外国人の子どもの就学支援事業計画書(応募団体名)」と明記してください。


【応募書類ダウンロード】
↓以下のウェブページよりダウンロードしてください↓
http://www.iomjapan.org/act/act_030.cfm

関係資料は、文部科学省のホームページからもダウンロードできますので、御利用ください。
 文部科学省 http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1279587.htm 


【事業申請に関するQ&A】(PDFによる公開)
http://www.iomjapan.org/archives/mext_Q&A.pdf


【計画書の提出先】
電子版送信先:iomtokyo.education@iom.int

郵送宛先(私書箱):
〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-8 赤坂黒川ビル1F MBE705
国際移住機関(IOM)
2009/07/17(金) 22:47 | URL | #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド