「横浜ラテン・フェス2009レポート」5/4(月) 黄金町 帯なしのアゲハマさん

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2009/05/06(水)
5/4の横浜ラテン・フェス2009で行われたテンポパフォーマンスを
見てきました!
http://www.geocities.jp/mamboikuzo/

ブラジル系に限らず、レゲトンやサルサなど、ラテン系のパフォーマンス、DJ、Liveが入るイベント、との事です。

会場は、黄金町という比較的、横浜のディープなエリアの、クラブ?バー?のようなところでした。

パフォーマンスメンバーと一緒に、9時前くらいに店に入ると、既に一部のライブとパフォーマンスが終わっており、店内は結構な人出です。

スペース的に大丈夫なのかな?、と思っていましたが、意外とスペースはあり、問題なさそうです。

今回はビデオ&カメラ係だったので、早速、場所を確保してパフォーマンスを待ちます。

その間、周辺からは、「カポエィラ見るの初めて!楽しみ~」
などといった会話がちらほら。
割と興味をもって見に来てくれている方が多い様です。


そんな感じで、パフォーマンスの準備が始まると、DJタイムで踊ってた人々がスペースを空け、
ドドドッ、と周りに集まりあっと言う間に僕の前にもずらっと人が並びました。

実は僕は、テンポの外でのパフォーマンスを見た事は比較的少ないと思うのですが、その中でも、今回は、何か、観客の見る目が違った気がします。
もの凄い期待してます!早く見たい!、って感じが伝わってくるのです!


そんな感じで、ビリンバウの演奏が始まると、観客もすぐ手拍子で応えてきます。
林さんのソロから始まったパフォーマンスは、すぐに歓声が上がり、観客超大盛り上がり!
こんな盛り上がりは、僕が見た中では初めてです!

一通りソロが終わると竜太さんのMCが入り、「今お見せしたのはつかみなんで」と言った所で「え~~~!?」の大合唱です。

その後ジョーゴが始まりますが、観客のテンションはますます上がる一方、大技が決まる度に大歓声、そのままの勢いでフロレイオに突入します。
今回はアタバキがなかったのですが、代わりにサンババンドの方がパーカッションで入ってくれ、最後まで大盛り上がりでした。

たかゆきまぃこ

はやしゆうや

コンパッソ蹴りあい

終わった後も、観客や、レゲトン、サルサのパフォーマーの方達も、興奮したまま、メンバーに話しかけたりしています。

盛り上がりましたねー

やはり、ジャンルは違えど、ラテン好きで遊びに来ている人たちは盛り上がりが違うんだな~、と感じたショーでした。


何か、パフォーマンスの内容があまり書けてないですが、パフォーマンスの内容だけでなく、観客と一体になったショー全体のインパクトがそれほど、強かったです。
パフォーマーの魅せたい!、って気持ちと、観客の見たい!って気持ちが一つになったパフォーマンスだったと思います。
きっとあの歓声の中でするのは相当気持ちいいものなんでしょうね~


ちなみに、「やだ、ちょっと背中触りた~い!え、もう着替えちゃったの?残念」と言ってた女性の観客もおりましたので、終わっても着替えはすぐにしない方が良い様です>男性出演者の皆様


このイベントはこれから毎年行いたい、との事らしいので、またあるといいですね!
横浜観光とセットででもいいのではないでしょうか。

出演者の皆様、お疲れさまでした!!
僕も見に行って本当良かったです。



~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド