「二回目ご指名 ビジターカトの日記です」3/13(金) 西新宿 ビジターのカトさん

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2009/03/14(土)
こんにちは。洗濯機無し歴三年にして、コインランドリーで素敵な出会いなど起こらないと気付いたビジターのカトです。
もし実例がある、という方はご連絡ください。

 カポエィラ歴のほうは、去年の4月にワークショップに参加させて頂いてから、なのでもうすぐ一年になります。動きはまだ全然ですが、二年目からは音楽にも少しずつ挑戦していきたいと思っている今日この頃です。
 
 という訳で今回はブラジル音楽の話を。
先日、ジョアン・ジルベルト(ボサノヴァの創始者ですね)の「三月の水」というアルバムを聞いていたら、その中に
「Eu Vim da Bahia」 邦題:バイーア生まれ
という曲が入っていました。バイーアという単語に反応して調べてみたら、やはりジョアン・ジルベルトはバイーア出身でした。
 
作曲はジルベルト・ジル(この人もバイアーノ)。 内容はストレートなバイーア讃歌です。曲は短調ですが、皆さんの「Salvador修行日記」を読んで感じるイメージと不思議にリンクします。
とてもよい曲なので、普段ボサノヴァ聞かない方も興味あればぜひ聞いてみて下さい。
 某青い袋のレンタル店だったら必ずある!はずです。たぶん・・・・・無かったらすいません。。

 カトがこの曲で覚えたポル語
ceu=空  mar=海  outro lado=もう一方に?


~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
関連記事
この記事へのコメント
金曜日は練習お疲れ様です。
って誰か分かりますかね…?

"Eu vim da Bahia"いいですよね。
少し悲しげなメロディが。
ジョアンの『声とギター』は聴いたことありますか?
こちら収録の"Eu vim da Bahia"はよりメリハリが利いていて、
こちらも良いですよ。

ボサノヴァの話は珍しいので反応してしまいました。
失礼しました。

2009/03/15(日) 01:22 | URL | ビジター伊藤 #-[ 編集]
情報ありがとうございます。そっちのバージョンはおさえてませんでしたねー。
さっそく聴いてみます。
 すいません。芸歴一年とはいえ、不定期参加型なのでいまだ皆さんの顔と名前が。。。
白のチャリティーTシャツでテンパると同じ側の手足でジンガする(いかん)のがいたら、それがカトです。見かけたら声を掛けてあげてください。
2009/03/15(日) 10:46 | URL | カト #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド