「冬こそ!ストレッチのコツ。」12/18(木) 西新宿 緑帯まゆら

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2008/12/19(金)
こんにちは。まゆらです。
今日は、多趣味な私が毎日欠かさず続けている唯一の趣味、ストレッチについて書きます。

でもあくまで、「まゆら流」ストレッチなので、よさそうと思う部分だけ実践して、あとは聞き流してくださいねー。

私も昔は体が固かった・・・。
まずストレッチでもカポエィラの練習でも大切なことは、

体のすみずみまで"感覚"を意識する。
そして、自分の"意識"で体を動かす。

なんだ当たり前な!と思うかもしれません。
でも、誰かに突然自分の体のどこかを指さされて(触らずにね)、とっさにその部分の感覚を意識することできますか?
けっこうー難しいです。

余談ですが、ヴィパッサナー瞑想というのがありまして、それは頭から足の爪の先までひたすら自分の体の感覚を観察することで悟りの境地に達するという方法なんですね。
これはブッダが再発見したと言われる瞑想法で、ということは紀元前5世紀よりだいぶだいぶ以前から人間はそんなことしてたんですねー。

そこで悟りには達しませんが、寒くて固まった体をほぐしましょうということで、ストレッチです。

練習の始めのストレッチのとき、「今日何練習するのかなー」
とか「終わったら何食べようかなー」とか考えてませんか?

そんな思考は一旦おいといて、体の感覚に意識を持ってってみましょう。
「今ここが伸びてるなー」と。
応用で「どんな風に伸びてるかな」とか
「ここは伸びてるけど他のとこに余計な力が入ってないかな」
とか
さらに余裕があれば「もっと伸びるために背中も伸ばしてみよう」とか。
やり始めたらキリがないですねー。

もしストレッチでどこを伸ばしてるのか分からないとき、恥ずかしがらずに先生に聞いてみてくださいね。
よくわからずストレッチをしても、ただそのポーズでぼーっとしてるのと同じですから。

そして無理をしないことが大切です。痛気持ちいいとこがちょうどいいです。
骨格的にうまく開かないようなとこも人それぞれあるので。
ストレッチで自分に挑戦しようとしても、体壊すだけです。

そして呼吸を忘れずに。
人間は呼吸で生きてるので、呼吸と動きを連動させることによって、よりよい結果が生まれます。
いっぱい吸って、吐きながらゆっくりストレッチを深めます。
そのとき伸びてるとこに呼吸を送ってあげるように意識するとさらにいいです。
がんばってる筋肉に酸素をいっぱいあげると、次の日の筋肉痛
が軽減する・・気がします。

見えない背中も感覚を意識することで見えるようになりますし。
自分の意識をすみずみまで持って、蹴りの練習をすると大変なことになります。忙しくて忙しくて・・。
腕は背中から、足は胴から動かす、とよく言われますねー。
足の勢いに振られずに全部意識して蹴る。

あー自分で書いてて、自分のできてなさにがっくりしますね。

今日はさやか先生のホレーのバリエーションの練習でした。
これをジョーゴで出せるようになるまで体に叩き込まないと!

練習後のストレッチも、家に帰ってからでもいいので、念入りにやらないと体が固まってしまいますよー。

では今日もストレッチして、いってらっしゃい・おやすみなさい。

私がやってるアジア雑貨ラリスマニスもよろしくお願いします!割引します!
ストレッチ用品仕入れようかな・・。


~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
関連記事
この記事へのコメント
「まゆりーの境地」まではまだまだ程遠いです。
早く達したいわ。

俺も脚を縦に、股割りしたいです。
2008/12/19(金) 23:21 | URL | 林 #-[ 編集]
何をおっしゃいますか!
林さんの境地に少しでも近づけるようにがんばりますよ。

赤帯おめでとうございました!
うれしくて眉毛が9時15分になっちゃいますね!
2008/12/20(土) 08:30 | URL | まゆら #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド