「すっかり火曜日 深夜住人の花村です。」10/7(火)新宿YSスタジオ深夜 黄緑帯の花村

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2008/10/08(水)
花村さんが黄緑帯を取った時
花村さんが黄緑帯を取った時

仕事の都合でなかなか他の時間帯に行けず、この時間帯の練習の存在にとても助かっています。
ただ、火曜日 深夜だと時間的に参加できる方も限られますので、会えない方も多く、
サビシーという気持ちもあり、他の時間にも何とか参加したいというのが最近の思いです。


先日、ビジネススクールで、「アタマ」言葉、「カラダ」言葉ということを学びました。
「アタマ」言葉は、仕事や勉強など頭の中で考える思考的な言葉、
「カラダ」言葉は体を動かして体でわかる言葉で、それぞれのバランスをとっていくことが重要であるということでした。

頭の中で何かをやろうと考えていても、体を動かしてみなければ本当にできるかどうかわかりません。また、頭の中では自分本位ですが、実際に行動してみると予想外なものは非常に多いと思います。一方で、何も考えずに、動いてもそれが意味のないものになってしまうかもしれません。方向性を定めることが大事です。

「アタマ」言葉、「カラダ」言葉のバランス、日々、心がけていきたいなと思いました。


私の普段の仕事は開発。 頭を使うことばかりです。基本的にカラダの中で動く部分といったら10本の指ばかり。思考と想像と妄想と10本の指だけで、生活のほとんどを送っています。
そんな自分にとって、今は1週間に1度のカポエィラの練習が、「カラダ」言葉を学ぶ上でとても重要な場です。 頭ではわかっていても体が思うとおりに動かなかったり、技を出し合う中での楽しさ、そして、中級以上になると危険だから気をつけなければいけないということを実感させてくれます。

そんな自分の今の一番の課題は、蹴りのときに膝をうまく使うこと。マルテーロ、アルマーダ、様々な蹴りの中で軸足の膝で重心を落として安定させて蹴るということ。頭ではわかっても、なかなか、体は動いてくれません。

考えるだけでは駄目で、日々、体を動かす努力が必要ということを教えてくれます。

仕事とカポエィラ、うまくバランスをとって続けて行きたいなと思いました。



もうひとつ、「ココロ」言葉というものがあります。
これは、人間性の部分です。
頭で考えることができ、体で語る部分ができても、ココロを養い、何をするか思いをもたなければ、その能力が適切な方向にはいきません。

先日、山口絵理子という方の話を聞く機会がありました。
TBS情熱大陸でも特集されたりしている方なので、ご存知の方も多いかもしれません。
インターネットで検索するとすぐに出てきます。

彼女は、バングラディッシュで日本でも本当に売れるカバンを製作し、日本で販売をするというビジネスモデルを作り、マザーハウスという会社を作りました。バングラディッシュはストリートチルドレンも多く、アジアで最貧の国です。他国からの寄付や援助を受けても、貧しさに苦しむ国。その中で、彼女が行ったのは寄付でもなく援助でもなく、貧しい国の人間が自分たちで売れる製品を作るシステムを作り出すということでした。

寄付や援助というのは、短期間で人を助けることはでき、とても大切なものだと思います。ただし、それによって社会の構造は何も変わらないし、またちょっと時間がたてば元に戻ってしまうかもしれません。彼女が行ったのは現地の彼らが、競争力のある商品を作り、販売するというシステム作りでした。

寄付や援助でもなく、その場に集う人間が力を尽くすことによって、力を尽くした分だけ、得ることができるものがある。そんな社会ができるとよいなと思います。

カポエィラテンポでも、そんな社会作りを目指しています。
「Handicap Empowerment Project」の一員として参加するのはそのためです。

まず「アシェー・ブラジル!ライブパフォーマンス」にパフォーマーとして参加、
そして「カポエィラ・テンポ障害者支援チャリティー公演」主催します。

少しでも多くの方が、こういったことを知って、考えてもらえると嬉しいなーと思います。



~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエィラ(カポエラ・カポエイラ)・Capoeira総合情報」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
関連記事
この記事へのコメント
すごいです。まさにエンパワメントの真髄ですね。
花村さん妄想だけじゃなくていいこと表現してるじゃないですか!
2008/10/09(木) 02:41 | URL | さやか #-[ 編集]
火曜深夜練習は僕も大好きです。
あのいつもより少し狭い空間と、
いつもより少し低い天井が、独特の空気感を醸し出してします。
メンバーとビジターさんが一緒に練習するというのもハッスルです。

僕たちのブラジル本部の道場も実はあまり広くはありません。

それでもフラカォンはヴェフメーリョや他にも
たくさんのすごいカポエィリスタが生まれたのですから、
カポエィラの練習は場所を選ばないと言えると思います。
僕も火曜深夜練習で花村さんに会えるのがいつも楽しみです。

また火曜に会いましょう。
2008/10/10(金) 02:38 | URL | 林 #-[ 編集]
>さやかさん
ありがとうございます。
テンポのメンバーにしていただいて、先生方や上帯の方たちにいろいろと教えていただく中で、考える上での視点が広がったなと実感しています。「カラダ」→「アタマ」にうまくつながっています。
けっこー、仕事のやり方とかも変わってきました。

今後とも、さまざまな面で、ご指導いただければと思いますm(__)m。
2008/10/11(土) 00:04 | URL | 花村 #-[ 編集]
>林さん

コメントありがとうございますっ。

そうですよね、火曜日の練習場所は他よりも狭いかもしれないけれど、その中でも練習して、学べることはありますよね。ひとつひとつ、できるようになっていきたいと思います。

また、火曜日に、宜しくお願いします!

今月は、なんとか火曜日以外にも行こうと思ってます!
2008/10/11(土) 00:08 | URL | 花村 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド