FC2ブログ

「PORTO ESTADO」 ポルトガル ポルト編 青帯TARTARUGA Capoeira in Porto , PORTUGAL

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2020/09/16(水)
ポルト

Olá!

ポルトガル地図
ポルトガル国内地図

ポルトへやってきました。

タルタルーガ、ポルトガルのポルトへやってきました。

大変久々の登場です。読者のみなさまご無沙汰しております。


※このレポートはコロナウィルス発生前のお話になります。


2020年はコロナ禍のため世界中が混乱し、苦難の年となっています。

タルタルーガも多分に漏れず、今年は全く旅行の見通しが立たない状態です。

そんな中なので、この機会に過去のストックを少しずつですがリリースしようと思いました。

最近、TVの旅行番組でも過去放送やってますよね。そんな感じ。

・・・違うか。

まあ、リアルタイム情報としては微妙ですが、読み物としていつかの参考にしてください!


porto

ポルトはポルトガル北部の港湾都市で、国内では2番目の規模の都市とし屈指の観光都市となっています。

アズレージョ

ポルトガルと言ったらアズレージョ(azulejo)。アズレージョは装飾タイルで、古くはスペインを通じて北アフリカから伝わり、

「サント・イルデフォンソ教会(Igreja Paroquial de Santo Ildefonso)」

ポルトガル独自のタイル文化として発展し、今でもポルトガル中の教会やお城、邸宅、駅と言った建築物の外壁、内壁に見る事が出来ます。

アルマス聖堂(Capela das Almas)

こちらはアルマス聖堂(Capela das Almas)。 壁面全体が青白の見事なアズレージョに覆われた素敵な聖堂です。

アズレージョを行き交う人が非常に画になりますね!

壁面のアズレージョを行き交う人が非常に画になりますね!

ポルトガルのお土産にもアズレージョ柄が定番です。

ポルトガルのお土産にもアズレージョ柄が定番です。

ヨーロッパ
ヨーロッパらしくキレイな街並みです

ポルトの街中はヨーロッパらしくキレイな街並みです。

クレリゴス教会

坂の上に見えるのがクレリゴス教会 (Igreja dos Clérigos)。

クレリゴス教会はバロック様式の教会で、横にある鐘楼は『クレリゴスの塔』(Torre dos Clérigos)と呼ばれ、ポルト市内各所から眺められる、市の象徴となっています。

市内にはドウロ川が横切って流れます

ポルトは海に面しており、市内にはドウロ川が横切って流れ、そこにドン・ルイス1世橋(ポルトガル語:Ponte Dom Luís I), が架かっています。

ドン・ルイス1世橋

この勾配がポルトの代表的な景色として有名で、多くの観光客を魅了します。いやーいい景色ですね!

「ポルト歴史地区」
世界遺産に登録されています。

ポルトの旧市街地区は「ポルト歴史地区」として世界遺産に登録されています。

ポルト歴史地区で

タルタルーガ、ヨーロッパのレポートは久々なので、非常に楽しんでおります。

ドウロ川

ポルトではこのドウロ川をクルーズ出来るので早速参加してみます。

川沿いにきました

坂道の多い町中を下り、川沿いへ。

ドウロ川クルーズ

そこからクルーズ船に乗り込みます。

クルーズ

船から見たドン・ルイス1世橋の高さも壮観です。

橋
橋下

ドウロ川にはほかにもいくつか橋が架かっていて、クルーズではそれら通りながら迂回して戻ります。

クルーズ
クルーズ2
沿岸
お店が立ち並ぶ

川沿いにはお店が並びます。

沿岸2

ポルトの街並みを下から見ながらのクルーズは楽しいです!ぜひ読者の皆様もポルトに来れるようになったら参加してみてください。


タルタルーガ、クルーズ後ちょうどお昼ごろでお腹も空いてきたため、ランチにします。

フランセジーニャ

ポルトの名物B級グルメである、「フランセジーニャ (Francesinha)」を注文します。

フランセジーニャはトーストに牛肉のステーキ、数種類のソーセージ、ハムなどを挟んだものにたっぷりのチーズをのせて、

トマトとビールを煮込んだソースを豪快にかけるという料理です。

ボリュームが多く重いです

味は・・・まあ美味しいですがボリュームが多く重いです。これでお腹いっぱいです。

他の国ではまず見かけないないので、ポルトに来た際にはぜひ食べてみてください。

ガイア市

さて、ドウロ川の対岸はヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(Vila Nova de Gaia)地区といって、有名なポートワインのワイナリーが軒を連ねています。

ポルトの特産

ポートワイン(ポルトガル語:Vinho do Porto)はポルトの特産として、世界でも有名です。

商店にもこの通りたくさんのポートワインを売っています

街の商店にもこの通りたくさんのポートワインを売っていますね。

ワイナリーへ

ガイア地区ではポートワインのワイナリーを見学できるツアーがあるので、タルタルーガも参加してみました。

ポートワインの説明
壁にポートワインの説明がされています

まずは初めの建物内。ワイナリーの壁にポートワインの説明がされています。

ポートワインは酒精強化ワインに分類され、まだ糖分が残っている発酵途中に アルコール度数77度のブランデーを加えて酵母の働きを止めるのが特徴で、 この製法によって独特の甘みとコクが生まれます。

また、アルコール度数は20度前後と通常のワインの10 - 15度に対し5 - 10度程も高く、保存性が非常に優れています。

ポートワインのスタイルは大きく分けて3つあって、

黒ぶどうから造られている「ルビー・ポート(RUBY)」「タウニー・ポート(TAWNY)」と、

白ぶどうから造られている「ホワイト・ポート(WHITE)」の3つです。

飲むこともできます。

ここで希望者は飲むこともできます。

ワイナリー入口

続いて次の建物へ。

ツアー受付

こちらが実際のワイナリーで、ツアーの受付をします。

フランスからのご一行と同席

今回のツアーはフランスからのご一行と同席。説明はフランス語と英語でした。

ポートワインの入った樽が並んで熟成されております。

ワイナリーは薄暗く、ポートワインの入った樽が並んで熟成されております。

デカいワイン樽

長いものだと40~50年熟成させて、芳醇な香りとまろやかな味わいのポートワインになります。

ポートワインの歴史を紐解くと、14世紀中頃からポルトガル北部で生産が始まり、18世紀にはポルト港からイギリスに大量に輸出されました。

理由として、当時イギリスとフランスが植民地争いで交戦中のため、フランスからのワインの輸入がストップされてました。

そのためそれに代わる物として、ポルトガルのワインの需要が増えたという訳です。

ポルトガル語のポルト(Porto)は「港」の意味で、英語のポート(Port)と同源であるため、イギリスではポートワインと呼ばれ有名になっています。

最後はお楽しみのテイスティングです

ツアーの最後はお楽しみのテイスティングです。参加者にポートワインが配られます。

ポートワイン

茶褐色はタウニー・ポートです。
※ちなみにタルタルーガはお酒がほとんどといっていいほど飲めません。

まあ、タルタルーガ、お酒飲めませんが残すのもアレなんで、味見くらいはしましょうか。

・・・一口ゴクリ。

・・・・・。

ちょっとこれはキツイな・・・。アルコール度20はありますからね。
※繰り返しますがタルタルーガはお酒がほとんどといっていいほど飲めません。


・・・・・。


というわけで・・・・ちょっとで・・・・テイスティング終了。

フランス人のご一行様は非常に楽しく飲んでおります。さすがフランス。

フランス人のご一行様は非常に楽しく飲んでおります。さすがフランス。

工場直産で買えます。

テイスティング後は、ツアー終了で解散。ワイナリーでは工場直産でポートワインが購入できます。


ワイナリー前の道

いや~~~~~~~ワイナリ~見学楽しい面白かったですよ。

ワイン好きな人には~~おススメですね!~ 景色もいいし、ポルト最高~~~!!


え~~~、さてこの後は何をするんだっけか~? あ~~?ん~~~?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

ZZZzzzzzzzzzz。



























----------------------ここからカポエイラのお話-----------------------

・・・・・。

さて、ポートワインで意識が曖昧なタルタルーガですが、ここポルトでもカポエイラ団体を訪問します。


Grupo de Capoeira Regional Porto da Barra

Grupo de Capoeira Regional Porto da Barra

URL:https://capoeiraregional.wixsite.com/portodabarraportugal


Porto da Barraはテンポと同じくカポエイラ・ヘジオナウ(Regional)の団体で、

Mestre Caramurú

ここポルトではブラジル人Mestre Caramurúが指導されています。

Grupo Cultural e Desportivo Realidade

向かった先はポルトの郊外北部のこちらの建物。

ここは「Grupo Cultural e Desportivo Realidade」というスポーツ複合施設で、練習場所はこの奥の建物内でした。

この日の練習は並んで基本の蹴りから始まり、二人組でのメイアルーア・ジ・コンパッソに対する反撃やハステイラ(倒し技)の練習でした。

最後はみんなでジョーゴ!!

そして最後はみんなでジョーゴ!!

ケイシャーダ
アウー
ゴリゴリに厳しいジョーゴ

この日のメンバーはメストレ以外にも、二人のブラジル人フォルマードに、他も上級者が多く、

ゴリゴリに厳しいジョーゴになりました。

油断すると
やられます!!

油断するとこんな感じでやられます!!

みんな強いです
パンデイロもやります
フォルーマード
低いメイアルーア

みんなへジオナウらしく厳しいジョーゴをします。

Mestre Caramurúとジョーゴ!

Mestre Caramurúとジョーゴ!

Mestre Caramurúとジョーゴ1
Mestre Caramurúとジョーゴ2
Mestre Caramurúとジョーゴ3

タルタルーガ、昨日深夜にポルトに着いてからの観光にカポエイラですから、クタクタでしたが何とか練習終了!

Porto da Barraの本部道場

Porto da Barraは本部がテンポと同じくサルバドールにあるカポエイラ・ヘジオナウの団体なのですが、

海外にあるカポエイラ・ヘジオナウの団体って実はそんなにありません。

なので、今回はとても良い経験なりましたね。

Mestre Caramurúはサルバドール出身で、まだ2番目の帯のころにメストレ・トニーに相手をしてもらったことがあるそうです。

ブラジルではPorto da Barraとテンポはどちらかというとバチバチ戦う相手といった存在だそうですが、

ここポルトにサルバドールの団体の日本人カポエイリスタが訪問してきたことに喜んでくれ、

練習の終わりにはにメンバーへ自身とテンポについて話していました。

こういったつながりを感じられるのも、外国でカポエイラのいいところですね!

というわけで、

Porto da Barraのみなさんと

Capoeira Porto da Barra Salve!


---------------------------------------------------------------

ポルトの早朝

タルタルーガ、ポルトでも観光にカポエイラと満喫できました。

首都リスボンへ

次はポルトから電車に乗って首都リスボンへ向かいます。

サン・ベント駅

出発はここ「サン・ベント駅(Estação de São Bento)」 から。

サン・ベント駅構内
美しいアズレージョ
近郊電車

サン・ベント駅構内は美しいアズレージョで飾られ、その美しさは、アメリカの旅行雑誌「Travel & Leisure」によって、世界で最も美しい駅のひとつにも選ばれたことがあるほどです。

ポルトガル国鉄

電車がやってきました。

ポルトガルにも慣れたところで、次回はリスボン編です!

ポルトガル国鉄 サイド

読者のみなさま、コロナ禍でモヤモヤしている旅行好きのみなさま、どうぞお楽しみに!

Até mais!


Até mais!


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド