FC2ブログ

お留守番で子供練習テンテコマイ 2018/3/7(水) 黄緑帯Jandaia

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/06/25(月)
20180621125908472.jpeg


昨日、足が悲鳴をあげたので、足裏保護シートなるものを貼って寝てみた。

ベトベトになった。
最悪。
しかも、全然回復しなかった。
しかもしかも、シートを剥がす時に足裏持っていかれそうになって、一人叫んだ。


トニー先生はカウサを買いに行くらしい。
今日もとても暑いので、休んでいる様に言われる。
そして5時半から子供練習があるので、4時半からアカデミーアの掃除をしておくように、との事。

それから言付けがもう一つ。

子供練習を始めておくように。


・・・・・・・!!



おや?
聞き間違っちゃったかな??

「私?」と聞くと
「そうだ!」と言い、
もう一度繰り返すトニー先生。


「分かったか?」
と強めに確認を求められ、ポルトガル語の理解力不足への不安を残しつつ
「entendi…。」と答える。

きっと聞き間違えたんだ。
子供クラスが始まる前にはちゃんと戻ってきてくれる!

そう言い聞かせ、部屋の掃除をしたり、日記を書いてみたりして過ごす。


⚫︎16:30
言われた通りアカデミーアに行き、掃き掃除とモップ掛けをする。

一人でやるとはいえ、流石に終わる。
ビリンバウの練習。

トニー先生帰ってこないのでソワソワし始める。


⚫︎17:30
「Jandaiaー!!」
と言いながら子供たちがやってきた。
可愛い。
しかし子供たちよ、今日に限ってなぜ時間通りにやってくる!
まだトニー先生帰ってきてないよー、、、

一緒に音楽練習を始める。

するとジョッタがアカデミーアに来た。

良かった〜!
と思っていると、トニー先生がまだ戻らないから、子供クラスを始めるように。との事…


えぇー!!!

聞き間違いじゃなかったー!!!


サウダサォンをする様に言われ、、

私で良いんですか…

不安過ぎる。
どうか噛みませんように…

『Salve Mestre Vermelho 27!』

挨拶を終え、不安な私はジョッタを見る。
続けて準備運動する様に言っている…。

何かあったら、下に居るから呼んでくれ、
と言い残し、ジョッタは行ってしまった…

今!もぉ今すぐ呼びたい!!!


トニー先生が言ったポルトガル語を理解出来ていた事は純粋に嬉しかった。

しかし、今回に限っては分からずにいたかった。。。
なんて、、


先頭に立つ事は何度かあったけれど、次にやる事の指示がちゃんとあっての下。

何も無いのは初めて。

とりあえず、いつもやる様な準備運動を一通りやる。

かなりズルをして、私がポルトガルで言えそうな簡単なのを中心に。
ポルトガル語が間違っていても、みんな見て真似してくれるので、問題なかった。

子供とはいえ黄帯の子も居るし、
私で良いのか…



「次はアウーしよう!」

まだアウーの順番じゃない!
自分の得意なのをリクエストしてくる子供。

「水のみたーい!」

まだ始まったばっか!!


みんなびゃーびゃー言ってる、、

そうこうしていると、トニー先生帰ってきたー!!!
良かった…
終われる。


終われなーい!!!


ストレッチしろと言っている。

むむ。さっきよりポルトガル語の難易度が上がる…。

遅れてきた子供も居たりで、黄帯〜帯なしまで様々。

「Jandaiaが先生だ!」
と言ってトニー先生、買ってきた大量のカウサと一緒に座って見てる…。


ヴェフメーリョ先生も来たー!!!
良かった…
終われる。


終われなーい!!!


練習を始めろと言っている。

なんてこった!


とりあえず、基本の動き。
蹴りと避けを交互に左右で行ってみる。

『um、dois、três!』
…よかった、ちゃんと交互になった。


みんな一緒にちゃんと練習してくれてるー
泣ける。
しかも良い笑顔で嬉しくなる!


しかし私の手札は出し尽くした。



ここで遂にヴェフメーリョ先生の準備も整い、変わってもらえた。

子供たち念願の水タイムも。

「みずぅー!!」ってww
ソレ日本語ー!
みんなポカーンとしてたww
優しいなぁ。。。

ヴェフメーリョ先生のレッスンはゲーム形式。

20180621123847d88.jpeg


みんな上むきの四つん這い(※腹上げる・手の向き注意)になって鬼ごっこ。
捕まった人は、ココリーニャで待つ
見方に メイア ルーア ジ フレンチ をしてもらい復活


カツオ先生のレッスンで準備運動の時にやっていた四つん這いの入れ替え。(適切な説明が分からない…)
『腰を高くいっきに持ち上げる』
この練習を思い出した。
こういうの嬉しい。

歌練習もある。
みんな一曲づつ。
子供たちがよく歌っている
♪ Santo Antônio eu quero água…
♪ Mais se eu pudesse eu voltava no tempo…

が出る。
考える時間は十分にあった。
簡単なの、ソロが長くないの、よく歌われてるの…
色々と考えているうちに焦って出てきたのは

♪ esse ano eu vou pra Bahia de qualquer maneira…

だった、、、

今コレじゃない事はよく分かってますとも。。

子供たち。
そんな目で私を見ないでくれ…
案の定、ヴェフメーリョ先生からしかコーラスは返ってこなかった。
せっかく私にも順番を回していただいたのに、スミマセン。。


大人練習。
ヴェフメーリョ先生は帰ってしまい、割と少ない人数。
アンゴーラの動きを中心に。
ひたすらジョーゴ。

201806211239520a4.jpeg

相変わらずバリエーションの少ない私に対し、みんな自由に身体をコントロールしていて羨ましくなる。
よく観察し、沢山練習するしかない…。


練習後はスピージへ。
CARNAVALの影響で少し遠くに移動していたお店は、元あったという場所に戻ってきた。

カマロッチの撤去には随分と時間がかかっていたのに、お店が出来上がるのはあっという間だった!
近くなって嬉しい!


トニー先生はちょいちょいキメ顔をしてくる。
20180621123953e4c.jpeg
なかなか決まっているから良いんだけど。

私の写真フォルダはいつの間にかトニー先生で溢れかえってる。
番外編で公開しようかしらw

ウーゴ先生は『つかれた』という日本語を練習していた。
日本の女の子を口説きに行った時に間違えて使わない事を切に願う。
いや、違うか。
私がもっと違う日本語を覚えてもらえば良かったんだ…。

2018062112395441c.jpeg


ポルトガル語が出来ない私に、こんなにも一生懸命コミュニケーションをとって楽しませてくれる。
もっと話したいこと、聞きたいことはいっぱいある。
この悔しい、悲しい気持ちを忘れずにポルトガル語の勉強に励まないと!

滞在残り2日。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド