FC2ブログ

オンジーナ探検・荷物届く 2018/2/21 青帯のももこ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/03/10(土)
新宿本部青帯のももこ(ピナウナ)です。
黄緑帯のジャンダイアとマリアボニータと一緒にcasa14滞在2日目です。



時差のせいで早く目覚めると二人の部屋から話し声が聞こえる。
やっぱりもう起きてる。
朝ご飯の相談をしにいった。
パダリーアかスピージどっちにする?
スピージにアサイーボウルあるよ。
というとマリアボニータの反応の良いこと。
支度をしてトニーに声をかけたところ、カルナヴァウのカマロッチがまだ建っててスピージは移動していると言うので、スピージはまた今度にしてパダリーアにいく。
マリアボニータは美味しそうなものに対する反応がよすぎて面白い。



帰ってきたらトニーがレッスン代とか諸々の精算をしようと言ってくれたので上にあがったんだけどヘアウとドルをごっちゃにあれこれ言われて話していたら若干パニックになってきて凄い疲れた。
お金の計算にがて。

洗濯とか色々気になることはあるんだけど、お金の計算で心が疲れたけど、せっかく来てるしちょろっとプライアを歩きに行く。
トニーは何度もプライアには携帯を持っていくなと言うんだけど、なにかあったらwhatsappで連絡しろとも言う。








で、歩いていたらスピージを発見。
なんだ、歩いていける距離のとこにあったんじゃん。
朝しっかり食べたあとだけどアサイーボウル食べてしまった。



マリアボニータはやっぱり幸せそう。
ジャンダイアはハエを払うときの殺気が凄い。

ところでこのときにアサイーをみんなでシェアしたのでお金を精算しようとしたところ2ヘアウ札が残ってしまってわけられない状態に。
ここでマリアボニータが「レジで1ヘアウと1ヘアウにわけてもらえないですかね?」というので行かせてみたら1を(ウン)と言わず日本語で(いち)と言ってるので全然伝わってなくて遠くからその様子を見ていたジャンダイアと私は大笑い。
カウマ、マリアボニータ。

帰ってきたら(諸々の事情が解決したので)ようやく洗濯できた。
ちなみに今のアカデミーアのドアはガラスが割れて穴が空いている。
ここから出入りできてしまう。
(というか私たちはむしろここからの出入りがメインでした)




洗濯が終わるまでに私は力尽きて寝てしまって洗濯物を干すのは二人にまかせてしまった。
起きたら二人もお昼寝に入っててだらだらとした午後を過ごす。
そしてみんなで子供練習に遅れる。
今日はルーがcasa14に再び滞在するようになったジエゴのためにおかえりなさい歓迎会をするとのことで子供練習が早い時間になっていた。
アカデミーアにあがると子供たちがトニーの号令でエスキーヴァとかネガチーヴァとかやっていて可愛らしかった。



遅刻をした罰はココリーニャでした。

子供練習の終わりにルーがフルーツ、ジュース、ケーキを持ってやってきた。
私たちも手伝って子供たちに配った。







次の大人のレッスン前にアカデミーアの掃除をしていたらジャンダイアとマリアボニータの荷物が届く。
トニーは荷物が届かなかったことに対してお金を請求するべきだとか(実際、必要に応じて服やらを買っている)二人以上に熱烈にあれこれ話してくれてウーゴも航空会社に電話してくれたりした。
こういうの本当にありがたいと思う。
私が電話してもたぶん適当に言いくるめられてしまう。
ジャンダイアとマリアボニータは帯が届いて嬉しそう。
諸々のお土産も入っていたので安心です。
お金の請求うんぬんはともかく無事届いてよかった。

大人のレッスンはアカデミーアの端と端に張った糸をくぐったり飛び越えたりなかなかに体を使う練習。
二人にはトニーのポルトガル語が早くてそれにも苦戦していたけど、こればっかりは慣れてもらうしかない。
私は帯もブラジル渡航歴も二人より先輩なので、今回の旅は二人をフォローしてあげなきゃというのがあって必要なときは通訳するし、時間とか他の都合が許すときは二人が理解するのを待ったり様子をみるようにしている。
今日の練習でも意味がわかってなさそうな単語を拾って練習後に教えたりしたけど、こーゆーちょっとした教えに二人とも良好な反応を示してくれるので嬉しい。
カポエィラにもポルトガル語の勉強にも熱心で、前向きに楽しんで学ぼうという姿勢がとてもいいと思う。

トニーには話すの早いからゆっくりね(二人のために)と言うと「俺はお前たちが理解するのには早く話しすぎるか?」とか気にしてくれるんだけど、1秒たつと忘れてベラベラ話し始めて、気づかいがなかなか話し方に反映されない。
でもトニーのそんなとこも私はちょっと好き。



夜ご飯は再びスピージへ。
スピージの店員のメガネのおじさん前に見たことある気がするなーと思っていたら帰りにトニーが「じゃあな、シーナ」と言っていて、やっぱり見たことある人だったことが判明。
数年がかりでようやく顔と名前(あだ名)が一致する。

casa14滞在はまだ始まったばかり。
明日もやることは盛りだくさんです。
次の日記はマリアボニータ、よろしく~!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド