FC2ブログ

ボルボレッタとの楽しい旅路〜ブラジル到着2017/11/15(水)・11/16(木)黄帯のカナコpinta

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/01/08(月)
やっと2017年のブラジル日記が書けます。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f53e.jpg

予期せぬトラブルがあり、一年越しのブラジル行き計画を変更しようと思ったけれど、絶対に今年のブラジルのバチザードは外せない理由が3つあって。

1,大好きなボルボレッタが行く

2,去年一緒に行けなかったがバナネイラが行く

3,今年の夏ヴェフメーリョと彼の働く小学校のバチザードに行くと約束した

ボルボレッタは支部が違うけど、ビジターの時からずっと好きで。「今年はブラジル行くかも〜」と聞いた時は絶対に一緒に行きたいと思ったのです。

行きの飛行機をご一緒させていただいて、出発当日は羽田空港で持ち合わせ。空港のカウンター前に9時集合、の予定がお互いにちょっと遅れてほぼ同時に到着。出発前から相性抜群。

そしていきなりJALカードの申し込みに引っかかるボルボさん。
カウンターに並んでいるところを狙ってきた。
th_IMG_6357.jpg


「ここで勧誘する人もすごいけど、このタイミングで申し込むんですか、ボルボさん…」と困惑。これからの旅程がちょっと不安になります。

後から判明しましたが、ボルボレッタはずっとカードのアップクレードしたかったそうで、このタイミングを逃してはいけないと思ったと。なるほど。
あーびっくりした。

私は荷物が3kgほど超過。絶対に開けたくないと思っていたスーツケースを開けるはめに。

日本酒の一升瓶や
こんな↓赤ちゃんグッズが入っているから。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f682.jpg


ボルボレッタに100円ショップで売っているビニールバッグを譲ってもらい、ビデオ用三脚とお土産を手持ち荷物に。旅行は身軽に、が信条なのでとても悔しい。
でもこの時借りたボルボレッタのぼさぼさ100円ビニールバッグは移動時もブラジルでも大活躍。本当に助かりました。


順調に畿内に乗り込み、乾杯。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_849c.jpg


イギリスに着くまではたくさん話をする。

デンデー(ボルボレッタと同じ笹森道場)と仲がいいですねって言ったら「いやいや〜」と否定しつつもステキなお話をしてくれた。

デンデーはよく練習に来ているからかなと。一緒に練習できる仲間はすごく大事で、同じくらい練習に来ているメンバーが多くはないのでデンデーがいてよかったと。

そして彼女は自分が決めた目標に向かってちゃんと努力できる人で、そこをとても尊敬してる。デンデーがいなかったらこんなに自分も頑張ってなかったかもしれないと。

ボルボレッタとデンデー
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f5ef.jpg


いい話。いつもふざけあっているようにしか見えないボルボレッタとデンデーの絆。
仲間って頑張るためにも大事だなとしみじみ思う。仲間がいるから頑張れることがあって、一人だったら辿り着けないところに引っ張っていてもらえる。

私も今までボルボレッタに引っ張ってもらって来たけど、今回のブラジルではさらに、一人じゃ見れなかった景色をみさせてもらった。(追って書きます!)


エア吉野屋の牛丼を食べた後のボルボレッタ。
th_IMG_6393.jpg


ロンドンで乗り換えた後のボルボレッタはほとんど寝ていた。
私は…まだ書き終えていなかった去年のブラジル日記をせっせと書いていた。1年も前だと写真を探すのも大変。死にそう。


サンパウロに到着!
ここから薄着になれます。
th_IMG_6448.jpg



待ち時間に優雅に朝食。
あれ、さっき機内で朝ごはん食べましたよね。
th_IMG_6455.jpg



サンパウロからサルバドールまでの飛行機が寒すぎて、ボルボレッタは瀕死の状態に。
何かよくわからないけど、ボルボレッタです。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_caf4.jpg


サルバドール到着。
あっという間に着いてしまった。ボルボレッタと一緒だとフライト時間も待ち時間も楽しい。たとえ隣でずっと寝ていても、安心するし嬉し楽しい。
いきなりこんな感じなら、ブラジルで過ごしたらもっと楽しいに違いないー。


お迎えに来てくれたのはフラカォン。
つい走っちゃう。
th_IMG_6523.jpg


th_IMG_6524.jpg



この竹林を見ると「ブラジルに来たー」って思う
th_9A385483-14A3-41E0-B3AA-AE5F550F3C55.jpg



フラカォンが「写真撮りなよ」と言ってくれたメストレビンバの記念碑。
th_IMG_6503.jpg



アカデミーアまでの車の中で、フラカォンが今カポエイラを教えている学校の話をしてくれたり、私たちに「何かやりたいことはあるか?」と聞いてくれたりする。ボルボさんは他団体のホーダに行きたいこと、私はお料理を教わりたいことを話す。

私が今アカデミーアでヨガレッスンをやっている話に。フラカォンはとてもいいことだと思うと言ってくれた。そして「ArpãoでLeoの奥さんがヨガの先生だから話を聞いてみたらいいんじゃない」と。

アルパオンは日本の青帯しかまさんのアペリード。ブラジルの赤帯レウってまだ学生なはず。結婚したのか?私のポルトガル語能力では理解できずに大混乱。

後から分かりましたがアペリードがアルパオンで名前がレウという黄帯の生徒がいて、その奥さんがヨガの先生って話でした。ややこしい…いや、私のポルトガル語力のせいです。


Casa14についたら、1階にジョッタの店「パーフェクトハウス」ができていた。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f705.jpg

去年は2軒先くらいにあったのにびっくりー。


ボルボレッタと私ははフラカォンのお部屋をお借りします。
アニーはフラカォンがいつでも休めるように、普段は誰にも使わせないらしい。でも日本から生徒が来るときは別だと言っていた。ありがたい。
この後はトニーとランチに行きます。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド