FC2ブログ

ブラジル日記~2017/11/18(土)出発前編~ 黄緑帯デンデー

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/11/20(月)
サウヴィ!

こんにちは。笹森道場のデンデーです。
201711181036451ca.jpg
セイヤー

今から2週間ほどブラジルに行ってきます。

17年前の私は、今とは流派が違うカポエイラを習っていました。
ダンスを習うためにそのスタジオに通っていたのですが、時間割表を見てみると聞いたことがないカポエイラというクラスがあったのです。

今みたいに「何だろう、よし、ググろう。」なんていうインターネット時代ではなく、直接足を運ぶという手段しかなかったのです。
小心者の私は(嘘ではない)超ドッキドキで初めてのレッスンを受け、一緒に行った友達は1度で「もう行かない」と言い、心の支えを失いました。

それでも続けてみたいという気持ちが勝り、何ヶ月も超ドッキドキで通っていました(昔の気持ちを思い出してブログ書きながらドッキドキ)

だって、みんな、風貌が怖いんだものー!
ロン毛といってもキムタク風なロン毛ではなく、山ごもり風な感じで。慣れるまで何ヶ月かかったことか。

……書きながら思い出しました。通い始めた時の私の風貌もアレでした。南米の収監顔。


その時の先生たちがブラジルに行ったり、そしてその話を聞いたり。
今でも未知の世界ですが、無知な当時の私にはそれはそれは目が輝く話でした。
「いつかブラジルに行ってみたいなぁ。」という気持ちにさせられましたね。


しかしブレイクダンスに目移りした私はカポエイラから遠ざかりました。
それでも世界のスポーツの祭典ではいつもブラジルを応援し、格闘技でもブラジルの選手を応援して。
いつも心のどこかでブラジルを贔屓していました。
ただ、治安の悪さを知る度に「行くことはないなぁ。」と思っていたのです。


……が!
これから行くのです!ブラジルに!


小心者で心配性な私が決意出来たのは、長い年月をかけて素晴らしい環境を作り上げてきた先生方と先輩方のお陰です。
それはブログを読んだり、直接体験談を聞いたりすることで、日々ひしひしと感じていました。


まだ黄緑帯で行くのは早いんじゃないかとも思いましたが、支部の先輩のボルボさんが今年再び行ける!そして同期のサビアが今年行きたい!ということもあり決意したのです。


あの頃のように超ドッキドキ。


1年前はメンバーになるかどうかで悩んでいました。
1年前は、1人でブラジルに行くという えしこさんの心の逞しさに感動をしていました。
1年恐るべし。
……この台詞、最近どこかで読んだような。ピエールなんちゃらのモノマネで爆死した方のブログでしたかね。ピエールなんちゃら


2年前の今頃、倒立アンチエイジングがしたくなり、当時の私に都合がいい場所であり、時間帯も豊富という理由で選んだカポエイラ・テンポ。
月に1回、2回、0回。
そんな時期もありましたが、メンバーとなり、昔どこかで見た「超速いやつカッコイイ!(ヘジォナウのこと)」を今学べていることを嬉しく思います。

20171118103729074.jpg
ピコーン

ちなみにアンチエイジングの効果はわかりませんが6kg痩せて体脂肪率は7%落ちたんですよー。

先日、笹森道場がボルボさんと私の壮行会を開催してくれました。
こそこそ色紙を書いていてバレてると思っていたみたいですがボルボさんも私も全く気がつかず。
謎の察しの悪さでした。
いつもはそんなコトないんですけどねぇ。

20171118103804086.jpg
凄く嬉しいですね

同期のマリア・ボニータとジャンダイアからはスポーツドリンクの粉セットを。
緑帯のスィニーニョさんからは日本的なお菓子の詰め合わせをいただきましたー。
養分となり、私をサポートしてくれるアイテムですね。

日曜日に壮行会をして水曜日にボルボさんは旅立つという華麗な流れ。
私は火曜日レッスンに出て、金曜日は挨拶をしに訪問し……
被害妄想だとは思いますが「いつになったら行くんだよ!」という声が聞こえてきます。


今日です、今日旅立ちます。
もの凄く不安だった「寝坊するかもしれない」という不安を1つクリアできて安堵しています。
でも必要のない自転車の鍵がポッケに入っているのに気がついた時は白目むきましたよね。

それでは行ってきます!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド