青帯の清水です

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2008/05/06(火)
松尾の写真ではないのですが~

こんばんは、最近なかなか練習に行けないおやじカポエリスタの清水です。
アペリード(カポエィラでの呼び名)は ビリバ Beriba です。
カポエィラはだらだらと7年くらいやっています。
始めたのは確か28でした。
それ以来体力は下降線を辿り、ちょっとしたことで怪我するようになりましたが、何とか続けています。
おやじの皆さん、気楽に気長にやりましょう。

さて土曜日は竜太さんがいませんでした。
なのでビジタークラスは青帯の林が担当してました。
アルマーダをしっかりやっていたようです。
カポエィラを始めて少したった人には、アルマーダをうまく蹴ることはひとつの目標でしょう。
本当にうまく蹴るのは非常に難しいですが、ある程度蹴れるようになるとかなり楽しい蹴りです。
林君のアルマーダ教室、かなりおいしいと思いました。

メンバーの方は正太郎さん。
小さめのホーダの中で2人がジンガのみ。
相手をよく見ながら隙あらば回り込むなり主導権を取り合う感じで。
それを今度は床の動きのみで。
そこから片方がコンパッソとシバータのみ解禁。
この練習の中で指摘があったのは、動きのスピードでかわそうとしないこと。
例えば帯が上の人は相手の半分のスピードに自分を制限して動く、とか。
そうするとよく考えて動かないと手詰まりになってしまいます。
その後低い動きの中で果敢にケーダを狙ってみたり、結構みっちり床の近くでの練習が続きました。
腹筋で一区切り。

僕は久々の練習で、ジンガを数回踏んだだけでなんと腰に違和感。
非常にあっさり目の練習参加となりました。
でもいいんです。とりあえず練習できたんでいいです。

後半は二人一組で移動しながら。
蹴りをジーロで避けながら後ろに回り込む動き。
回りこんだ後も2発目の蹴りを警戒しながら間合いをうまいこと取らなきゃいけません。

この他もいろいろ繋げた気がします。
途中でビジタークラスを教える林先生の
 フォ~ゥッ☆
という雄叫びが練習場にこだましました。ノリノリのレッスンだったようです。
それからエスキーヴァから逆に足を振りシバータに繋げるのもやったしもっと色々やりましたね。

最後はビジターを交えてホーダ。
結構いい感じに盛り上がりました。
カメラ部に入った松尾が力作を撮っていたようです。

練習後は土曜なんで飲み。
おつかれさまでした。

~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエィラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!
関連記事
この記事へのコメント
写真全然ダメでした…
練習します
2008/05/07(水) 21:04 | URL | 松尾 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド