「ヴェフメーリョ先生のおうちで団欒。ルーのバチーダジマラクジャ、ドーグラスとスピージカフェで遭遇。」2016年11月20日(日)黄帯えしこHabilidosa

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/10/30(月)
2016年11月20日(日)

雨が連日つづきます。
Pintaとパダリーアで朝ごはん。





甘いパン。ちょっとお高い。

予定ないけど、何しよう~って思っていたらヴェフメーリョ先生から連絡が。
Whatsappでやりとりします。

おうちでご飯食べようってお誘い受ける。やったー。

ヴェフメーリョ先生がケガ中に出勤時車を出してくれている幼馴染が、この時も車を出してくれます。
日本だとここまでささーっと助けう関係って幼馴染とはいえ、お互い大人になったら難しそうだけど。
こうやって、手伝ってもらうのが自然のことのようです。これはブラジルだからなのか?個人のことなのか?

どっちにしろ、きっと幼馴染が困ったときはおしみなくヴェフメーリョ先生が手伝っているんだろうな~。


Pintaと車に同乗して、まずはチキンを買いにいきます。




おいしそー


そろそろ行き慣れてきた、おうち到着。
ヴェフメーリョ先生の奥様ホベルタもビール好きってことで、近所に買い出しに。




ヴェフメーリョ先生がアカデミーア建設を予定している場所もみにいきます。
(別の日の画像だけど、おうちのすぐ横です。)




ホベルタのフェイジョアーダはやっぱり美味しい〜
なんどご馳走になってることでしょう。おもてなしありがたい。


食後はソファでのんびり団欒。
愛犬メウも。



Pintaが、口の中でパチパチする綿菓子?をマテウスにお土産に。
これ、めっちゃウケていた!
ヴェフメーリョ先生も何度も試していた。
美味しいお土産もいいけど、こういう楽しめるお菓子あるといいね~。

ヴェフメーリョ先生家族は本当にみんな仲良し。
幸せ家族の仲間入り…と感じる時間。



ソファでゴロゴロしてテレビみたり、のーんびりしてからアカデミーアに戻る。

だんだん寒くなってきた。海はいけなそう。


夕方になったら、トニーがごはん買ってきてくれた!
ビーフとか。ありがとう。




Pintaとメストレと2階でたべていたら。
近所に住んでいるルーが手作りのお酒、バチーダジマラクジャを持ってきてくれた。

これが、ブラジルで飲んだ中で、最高においしいお酒だった。



少量だけど強いお酒。カシャーサで作るそうな。


アニーも合流。あまりお酒を飲んでいるとこをみないアニーも一口もらっていた。レアなのかなあ。

のみかけですみません。



これも珍しいことに、2階で飲み会はじまる。
ビールビールビール。 日曜だしねえ。

お酒がなくなったので、スピージカフェに。
ルーもたくさんしゃべる人だけど、メストレと一緒にいるとやっぱりメストレのほうが断然しゃべる様子にうける。




そしたら、近所に住むという大学生のドーグラスとばったり。
昇段はしてないので帯はもってないけど、カポエィラを長いことメストレに教わっていたらしい。



若いイケメンに、風邪ぎみのわたしもテンションあがる。

メストレ彼が大好きらしく、良いカポエィリスタなんだと説明される。

ダンスとか舞台とかいろいろやってるそうです。



あらすてき。


フェイスブックにアーティストとしての彼のページがあります。
ドーグラスのページ
テンポつながりってことで。

そんなドーグラス、メストレに誘われてしばらくつきあってくれる。
20代の子たちは、英語の教育を受けているので英語が通じる人が多い。
20171030035510a08.jpg




でも、メストレの前で英語つかうと「ポルトガル語でしゃべりなさい」と言われる。
ポルトガル語勉強せいってのもあるだろうけど、
会話に入れなくて寂しいってのもおおいにありそうです。


こんなに雨降るの珍しいってくらい、雨が。
ブラジルの人は傘をつかいません。走ってアカデミーアまで帰宅。

メストレが長袖着てるくらい寒い日だった。
水シャワーが風邪ぎみにはきついけど。
まー、それも日常ということで。


雨にふられたオンジーナの朝。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド