カポエイラ始めました2016 黄緑帯Sabiá

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/09/19(火)
みなさん、こんにちは。黄緑帯のSabiáこと横澤です。
私がカポエイラに出会ったところからメンバーに入るまでの事をつらつらと書いてみましたので、良ければお付き合いください。

数年前のことですが後輩と昼ご飯をしながら何か護身術的な習い事をしたいよねという話になりました。
空手やらジークンドーやらクラヴマガと挙げていった中に後輩一押しのカポエイラもありました。

ただテンポのホームページでアウーやバナネイラ、ブラジルの楽器を弾きながら歌うと読んだところで、逆立ちや側転なんてできない。音痴だから楽器や歌もムリ!と私の中ではその時は候補から消えました。
しかし後輩はテンポに通い始め、私は何も始めないまま時が過ぎました。

私生活でゴタゴタがあってから山に行って気分転換をする気にもならず、ぼーっとしていた私にカポエイラのホーダを観に行こうと後輩が誘ってくれたのは2月のことでした。

ちょうどテンポが初の常設アカデミーアを大久保に開設したお祝いホーダがあり、後輩と二人で観に行ったのです。
たくさんの他団体の方達がお祝いに訪れ、それはそれは盛り上がったホーダでした。

私はカポエイラがどういうものか全く知りませんでしたが、それでも竜太先生の動きに魅せられ、いろんな方達のジョーゴやアクロバスィーアに胸躍らせ、アタバキの腹に響く音やビリンバウの異国の三味線のような音色に魅了されました。

その月末には体験レッスンを受け、翌月から定期的に通うようになりました。
がしかし私は持久力系のマラソンや山登りは好きでも、三半規管がぐるぐるするような動きが苦手で、早々にアウーやバナネイラでつまずきました。

IMG_1688.jpg
去年の私。たぶんアウーしています。

先生の助言通り練習あるのみとレッスン前後の空いた時間に壁に向かってバナネイラを1分できるよう練習したり、体幹を鍛える真似事をしているうちに腰が持ち上がる感覚や肩に体重が乗る感覚が少しずつつかめるようになりました。

30歳も半ばにして自分の体が変わっていくことが楽しくて(実際ほかの方に痩せた?と聞かれるほど外見も変わりました!これでも。)子供の頃から苦手だったことができるようになるのが嬉しくて、どんどんハマっていきました。

そうしてレッスンに通う頻度が週4・5日と増えていき(疲労が溜まりすぎて帯状疱疹が出たりギックリ腰になったりといろいろありましたが…)10月末には技カードのハンコが貯まってメンバー試験を受ける資格をなんとかゲットできました。

IMG_1697.jpg
今年の私。床見ているのでまだダメですね。

翌11月半ばにはカポエイラで出会った同じビジター友達がメンバー試験を受けると先生にいうのに便乗して一緒に試験を受けることになりました。

試験は2人組んでのジンガから始まり、パッソ3種類・ホレー・アウーを入れてのジンガ、プランド全種類、ケーダジヒン10秒、先生が指示する蹴りと避けの組み合わせ数種類をジョーゴ形式で出すetcという感じで進みました。

結果はアウーが出来てない、メイアルーアジコンパッソをメイアルーアジフレンチと間違える、先生の指示がところどころすっぽ抜ける・・・終わった頃には冷や汗込みの全身汗みずくで、先生の試験評価やメンバーとしての心構えを聞くうちに足元には湖ができておりました。(のちにこの不定期に出現する湖は竜太先生に横湖と命名されました)

IMG_1700.jpg
メンバー試験合格やらその他諸々のお祝いの席

ようやっとメンバーになれた私ですが、ビジターの頃からの心配事というのがありまして、それが音楽練習でした。
小学校の頃から同年代の女子がピアノを習っている時に木登りしていた私には学校の授業以外歌ったり楽器を弾いたりという事とは無縁で、中学以降も特に音楽に手を出す事なく今まで来ました。

そしてビジターで笹森道場の夏合宿(in沖縄!)にお邪魔させてもらった時に初めてパンデイロを触らせてもらいましたが、それはもう音が出せないわ、リズムが難しいわ、出来なさ加減に自己嫌悪しっぱなしだったもので、その後すぐパンデイロを購入しました。

IMG_1695.jpg
その時買った物とは違いますが、真っ白で可愛くて一目惚れして買ったパンデイロ(小)。

でもそうやって私が半年以上かけてよちよち進んでいく横を同期は数週間で習得していくので、今でも凹むことが多々あります。それでも同期がいるから私も頑張らなきゃという向上心につながるんですが。

IMG_1687.jpg
野外音楽練習でアタバキにチャレンジするも音が出なくて迷走中。
集中すると口が開いちゃうので気をつけています。


それとこぼれ話としてもう一つ。
私は支部選びに長い間悩みました。じつは。

基本新宿本部でレッスンを受けていましたが他の支部も月1回体験できるということで、最初に伺ったのは渋谷支部でした。

何かの機会に林先生のワニ(準備運動でやります)を見てから、インパクトの強さにずっと心の奥に残っていました。
林先生のレッスンは技の動きを細かく分解して丁寧に教えてくれますし、ひとりひとり出来ていないところの指摘がすごくわかりやすいと思いました。

次に伺ったのが笹森道場で、ホーダの時の笹森先生の歌声に惹かれて行きました。笹森先生のレッスンはいつも工夫を凝らしてあって楽しいレッスンです。メンバーの方たちも面白い方が多くてすぐ好きになりました。

同じ悩みを持つ同期とファミレスに籠もること5時間、神頼りであみだくじをしてみても決めきれずなんて日もありました。
最終的には原点に返って、初めてカポエイラと出会った時に一番心惹かれたところで決めました。

何だかヒナの刷り込みのように思わなくもないですが、この先生のレッスンを毎日受けられる環境にいたいというのが大きかったですね。
それとマクレレーの時に先生がやった「トレンディポーズ」も決め手ではありました。

マクレレーについては、今年のバチザードでの酔っ払いのシーンで、ヴェフメーリョ先生が日本語で「ビールください!」と連呼したり、フラカォン先生がアタバキごと倒れ込んであたかもカーネルサンダースを抱え込む酔っ払い(に私には見えました)を演じ、すごく面白かったのは皆さんの記憶にも新しいと思います。
私は彼らの酔っ払いを演じる意気込みに大変心打たれ、志を引き継いでいきたいと…

…あれ?いい話になりませんね。おかしいな。

話の収集がつかなくなったところで一旦終わります。
次回のお話は「アペリードと黄緑帯をもらった夏 2017」です。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド