「2度目のバチザード。初めての昇段式。」2017/7/2 緑帯 和田

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/07/12(水)
今回緑帯を取らせていただきました、新宿支部の和田です。アペリードはAcelora(アセローラ)です。




私は今回緑帯に挑戦することに、悩みも疑問もありませんでした。
昇段するにあたり、求められるものと私が得たいものは一致していたからです。

…と、とっても偉そうですが、もちろん簡単に取れるものではなく、めちゃくちゃ苦戦しました。

どれも血を吐くくらいしんどかったのですが、印象深いのは、ポルトガル語やカポエィラの知識についてのテストです。

なぜならば…

学生時代のテスト勉強は、いつも進研ゼミの「テスト前対策!!」頼み。
受験勉強でさえ、半年通った塾におんぶにだっこ。

つまりは…自分で1から勉強など…人生で一度もしたことがない!!ということに気づいたからです。

お恥ずかしながら「すみません。勉強ってどうやってやるんですか?」からのスタートでした。

ポルトガル語のテストの日は必ずお腹を下し、日曜日のホーダの日は夢に生々しい竜太先生が出てきて足が重たくなり…。
でもそんな経験は、私を少しだけ大きくしてくれて、自信をくれました。

同期の茂木さんも言っていましたが、アヴァリアサォン(昇段試験)の制度は本当にすごくいいもので、ありがたいものだと思います。
心から思ってます。本当です。

今回一番感じたのは同期のありがたさ。





去年一緒に帯をもらった時は全く仲良くなかったのに…(笑)(彼らに罪はなく、私が勝手に人見知っていた)

同期のおかげで、カポエィラを1人でするだけでは味わえない感動を味わえました。
みんなで帯を取れたことも嬉しかった。

アヴァリアサォン中は、常に炎上していた同期LINE。

内容は(T_T)とか( ;∀;)とか( ̄ロ ̄lll)しかないのに、癒しでしかありませんでした。
アヴァリアサォン、みんなで苦しめば怖くない!ですね。





今回青帯を取られた3人が、ずっと一緒に帯を取ってきたというお話を聞きました。
そんな3人の感動が計り知れないことは、表情を見れば明らか。

私も同期のみんなでそんな感動をこれからも共有したいです。
もちろん帯を取ることだけが全てではないですが。





バチザード昇段式当日は、自分でもびっくりするくらい緊張しました。
でもとにかく楽しかった。
カポエィラが大好きだって実感して、そこにいられることが幸せでした。

与えられるものが当たり前ではなく、歴史があり、先生や先輩たちのおかげで在るんだということ。
感謝しかありません。



当日の先生や先輩達のカポエィラには、とにかくモチベーションを上げてもらいました。

またこれから1年嫌な思いもいっぱいすると思うけど、全部チャラになってお釣がきて貯金ができちゃうほどの財産をいただきました。

今回感謝をしたい方はいっぱいいます。
言葉にするだけではなく、恩返しできるように、行動で示せるように、精進していきます。

でもこの2人にだけは、みなさんの前でも感謝を言わせてください。

竜太先生





カポエィリスタとしても、人間としても、先生としても、ヘスペイト(リスペクト)しています。
もう感謝っていうか、存在してくれるだけでありがたいです。

私は打ち上げの時の竜太先生を見るのが大好きです。
竜太先生が必ず微笑んでいるから。
日常では奇跡に近いその光景を見られるのは、本当に幸せです。

その笑顔に貢献できるカポエィリスタになれるよう努力しますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


カツオ先生





酔うといつも感動することを言ってくれるカツオ先生。
でも同時に言ってた事すぐ忘れるカツオ先生。

シラフの時に「こんな事言ってくれて嬉しかったです」って言うと、「え、僕そんな事言ってました?」って必ず言いますね。
私にだけ思い出が増えていきます。
少し複雑です。

でもカツオ先生の言葉はいつも強く大きく私の背中を押してくれます。
ネガティブな事を言っても全部ポジティブな言葉に変換してくれる。
いつも本当にありがとうございます。

一段落しても、まだまだやることはいっぱい!これからも、少しでも上達できるように日々練習に励んでいきたいと思います!!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド