「カンドンブレの村・Mestre Nenelの講義」2016/11/23(水) 黄帯カナコ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/11/14(火)
今更ですが。私もえしこさんにつづき去年のブラジル記の続きを。
またブラジルに行くのでその前になんとか去年のを!


11月23日(水)7日目 その1。

晴れ。
th_IMG_6957.jpg


午前中はルーがIgreja de São Lázaroに連れて行ってくれます。カンドンブレの集落。

カンドンブレはアフリカがルーツで、カポエイラと同じく奴隷で連れてこられた人たちによってバイーアで発展していった宗教だそう。Rio de JaneiroやSão Pauloではまた違う名前らしい。

この時は全く知識がなく、ルーが観光で近くの教会に連れていってくれるくらいに思っていたのだけど、彼女にとって大切な場所に連れて行ってくれたのだと後からわかった。

th_IMG_6954.jpg
バス停に向かいます。初のブラジルバス。

th_IMG_6966.jpg
えしこさんがジェットコースターに
乗っているみたいに見える。

到着まで1時間くらいかかった。

Ilê Axé Opô Afonjáに到着。
th_IMG_6976.jpg

th_IMG_6982.jpg
XANGÔの像。

th_IMG_6988.jpg
観光できるようになっているけれど
この先は撮影禁止。
ルーについて行ってカンドンブレの巫女みたいな人に会い、お祈りの集会に参加させてもらう。

そのあとは神様のお家巡り。
th_IMG_6997.jpg
いい天気。
私たちもここでの正装に習うべく
白いスカートを借りて履いています。

神様のお家は色がきれい。
th_IMG_7001.jpg

th_IMG_7005.jpg



貴重な体験をさせてもらった。
神聖な場所であろうことをひしひしと感じた。

気軽な観光の気持ちで来てしまったから
ビックリしてしたし非日常すぎて緊張もしたけど
これもここの文化。おもしろい。


帰りもジェットコースター並みに揺れるバスで今から1時間か…と思っていたら
th_IMG_7022.jpg
ルーの友達のガブリエルが車で送ってくれる。
そして車だと30分もかからずに到着!
ブラジルの相乗り文化も素晴らしいー。

今日のランチもルーパパのお店へ。
th_IMG_7029.jpg
ガブリエルも一緒にルーババのお店でランチをすることに。

th_IMG_7035.jpg
ルーパパ、
今日も冷たいビールをありがとう!

th_IMG_7045.jpg
今日のランチメニュー。

th_IMG_7044.jpg
ガブリエルのQUIABODA。オクラと肉。

th_IMG_7040.jpg
私はMOQUECA DE ARRAIA。エイのムケッカ。


th_IMG_7054.jpg
ガブリエルは、英語とポルトガル語を駆使して
カンドンブレについて説明してくれたり
なぜ自分がカンドンブレを信仰するようになったかを話してくれた。

ガブリエルの話を聞いていると「カンドンブレを信仰する」=あらゆることに、人生に感謝しているってことなんだろうと思った。上手く言えないけど、彼の話がとても素敵だったのです。

Ilê Axé Opô Afonjáで感じていた緊張感とか、知らないくせに立ち入ってしまった申し訳なさとかを吹っ飛ばしてくれるくらいに。


カンドンブレは八百万の神みたいに複数の神様がいて、自分の守護神はこれ、というのがあるそう。
で、自分の神様は自然にわかるものらしい。ガブリエルは夢で見たと言っていた。

ちなみに私の神様はOGUNっぽいと。あとから調べてわかったけどOGUNを象徴する色は青と緑で、お酒が好きな神様らしい。

なるほどー。私も青と緑とお酒が好きです。
おもしろいなあ。

ガブリエルと出会えてよかった。
とってもとっても素敵な人でした。

ルー、貴重な体験をさせてくれてありがとう。
ポルトガル語がわからなくて理解できていなかったけど今日ちょっとだけ知ることができました。



帰ったらアカデミーアに新しいドアが!
th_IMG_7068.jpg
今朝まで鉄格子と板しか無かったから。



午後はビルーのいる大学へ、Mestre Nenelの講義を聴きに行きます。
私的には歴史上の人物。ブラジル滞在中のタイミングで会えるチャンスがあるなんて。
th_IMG_7078.jpg
UFBA。


th_IMG_7440.jpg
Mestre Cafuné とMestre BoinhaとMestre Nenel。


th_IMG_7438.jpg
輪になってお話を聞く。
ヴェフメーリョも来ています。

残念ながら、ポルトガル語なので肝心の講義内容がわからず…。

講義と質疑応答の後にホーダが始まった。
いきなりだけどビルーやえしこさんも普通の格好でジョーゴ。
写真を撮っていたら、ヴェフメーリョがpintaも行ってこいと背中を押してくれる。

ブラジルに居るあいだ、ビビってジョーゴに出られない場面では、いつもヴェフメーリョがpinta出ろ!って言ってくれていた。端っこで小さくなっていても見ていてくれる。
th_IMG_7118.jpg
体の大きなお兄さんとジョーゴ。
日差しが眩しすぎました。楽しかった。

th_IMG_7128.jpg
ヴェフメーリョ。

カポエイラがあるのが当たり前って感じがいいなあ、ブラジル。
歴史的人物だと思っていたMestre Nenelは、
えしこさんやビビる私に気さくにパチッとウインクしてくれたし

おいくつかは分からないけれど、
Mestre Cafunéもしっかりジョーゴされていた。
誰でも何歳でもできるカポエイラって素敵。

そして日々、カポエイラ愛が深まる体験をさせてくれるブラジルのテンポのみんなが素敵。
ポルトガル語が分からないから感じることしかできないけど(だから?)すごく大事にしてもらっているなあと思う。
いい時間が夜にも続きます。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド