「ブルー・キュラソー (Capoeira in Curaçao) カリブ海・キュラソー島編 青帯TARTARUGA」

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2016/12/21(水)
Halo!

今回の旅行先

さて、タルタルーガ・クイズの回答です。
(前回の日記は→コチラ

Q: 相変わらず日記の更新の遅いタルタルーガでしたが、次の旅行で行ったところはどこ?

でしたね。


今回の訪問地は・・・・・・













キュラソー!

キュラソー!



カリブ海にある島
キュラソー島地図

タルタルーガ、カリブ海にある島「キュラソー」にやってきました。

キュラソー島旗

キュラソー島(Curaçao)は、ベネズエラの北約60kmのカリブ海に位置するオランダ王国の構成国です。

オランダというと皆さんはヨーロッパをイメージするかと思いますが、

過去の植民政策から、欧州外にも領土が存在します。

オランダ王国

オランダ王国の構成

現在、上記の通り、4つの地域であるアルバ、オランダ、キュラソー、シント・マールテンを合わせて「オランダ王国(Koninkrijk der Nederlanden) 」と呼ばれています。

それぞれ王国内のパートナーとして互いに対等な立場で構成されいます。
(ヨーロッパ本土部分のみを指す場合は「ヨーロッパ・オランダ」と呼ばれる)

空から見たウィレムスタッド

ここ、ウィレムスタット(オランダ語: Willemstad)は、キュラソー島の主都で、

Willemstad city map 

町の中心はプンダ(Punda)とクィーン・エマ橋(Queen Emma Bridge)で繋がれた隣のオトロバンダ(Otrobanda)の

2つの地域からなり、共に港の入口に栄えた地域です。

カラフルな街並み

写真のように並ぶパステルカラーの町並みは17 - 18世紀に建てられたオランダ植民地時代の建造物で、

運河沿い

ウィレムスタットの町並みは、「キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区」として世界遺産リストに登録されています。

オランダ風のカラフルな建物

そうなんです、カリブ海の島にこのテーマパークのようなヨーロッパ風の街並みがあって、

それがさらに世界遺産なんです。実にかわいらしい街ですねえ。

ナンバープレート

ちなみにナンバープレートも街並みがプリントしててかわいいです。

夜景きれいです

夜は夜でライトアップしてとてもキレイですよ。

どうでしょうか?実は既に題名に答えが入っちゃってるんですが、読者のみなさま、わかりましたでしょうか?




タルタルーガ・オリジナルTシャツ!

当たった方には、「タルタルーガ・オリジナルTシャツ」を・・・・。

しつこいですよね?

・・・・・・・・・・・・・・・・。

街中

ウィレムスタットの街中はこんな感じ。

多人種
街角で

カリブ海らしく、黒人系が多いですが、オランダ人やさらに混血もいます。

KLMオランダ航空の地上職員さん

こちら空港にいた、KLMオランダ航空の地上職員の方々。なんかオランダらしくおしゃれ。

キュラソーの公用語はオランダ語ですが、多人種が在住するため、現地語のパピアメント語や、英語にスペイン語まで話せるそうです。

ちなみに日本で一番有名なキュラソー出身者はこの人。

ウラジミール・バレンティン

ヤクルトスワローズのバレンティン。2013年に60本のホームランを出したシーズン本塁打記録保持者です。

ヤクルトスワローズ所属

キュラソー島は他のカリブの島と同様に野球が人気のスポーツで、

2013年のWBC(World Baseball Classic)では、オランダとして日本とも対戦しています。

オランダのスポーツというと、普通はサッカーと思いますから不思議だったのですが、

野球についてはキュラソーなどカリブ出身の選手で構成されてたんですね。

キュラソー・リキュール

ちなみにカクテルのキュラソーは、この島が由来になってます。

-------------------------------------------------------------

キュラソーですが、あまり公共の交通機関が整備されていません。

そこでタルタルーガ、今回写真の通りスクーターをレンタルしました。

スクーターをレンタルしました

タルタルーガ号です。



行きましょう!Let Go!

では行きましょう!Let's Go!



対岸を横目に
運河沿いを抜け、

天気は快晴!最高のシチュエーションです。

カラフルな街並みを通り、

運河沿いを通り、カラフルな街を抜けます。

スリナムレストラン

途中ちょっと通りにあるスリナム料理店でランチ。

スリナム

スリナムは南米の元オランダ領の国です。これまた珍しいですね。

ガーリックチキン

ガーリックチキンを頼みました。味はガーリックというかカレーチキンですね。

スパイシーです。実はスリナムにはインド系の移民が30%もいます。

なので、インド料理がそのまま現地料理になってるんですね。

スリナムはブラジルの上にあるのに、文化も人種も違うというのがわかりました。

まだまだ世界は広い、うーん面白い!

海岸線へ

タルタルーガ号、一路海岸線へ向かいます。

カッ飛ばします!

リゾートをスクーターでかっ飛ばすのは最高ですね!ヒャッホー!

タルタルーガ号とクルーズ船

海岸線について一休み。

クルーズ船

遠くにクルーズ船が寄港しています。

カリブ海クルーズ

キュラソーはカリブ海クルーズの観光地としても有名なんです。

クルーズ船入港

いいですよね!優雅な船旅憧れます!いつかそんな船旅したいなあ。

キュラソー・ビーチマップ

キュラソーは横長の島で、地図の通り西海岸にはビーチが点在していて、

西海岸のビーチ

ダイビングなどマリンスポーツが楽しめます。きれいな海、カリブって感じですよね!

世界遺産のオランダ風の街並みに、きれいな海とカリブの空気。

こんな場所、中々無いと思います。ぜひ読者のみなさまもキュラソーへ!

Bon Bini Curaçao!

・・・・・・・・・・・・・・・ここからカポエィラのお話・・・・・・・・・・・・・・・・

カポエィラのお話ってことは、キュラソーでもカポエィラって事?

そうです。このカリブの島にもカポエィラ団体があるんです。

というわけで、今回の訪問先はコチラ。

Capoeira BRASIL Curacao

「Grupo Capoeira Brasil Curaçao」

URL: http://www.congocapoeira.com/

世界的なグループCapoeira Brasilのキュラソー支部です。あるんですね~。

Instrutor Congo

先生はInstrutor Congo、キュラソー出身、2000年に本国オランダに渡り、カポエィラを習い始め、

2014年にInstrutorとしてキュラソーに帰り、グループを立ち上げました。


コチラの建物

行った先はこちらの建物。

この建物へ

からのこちらの建物。

中はこんな感じ

中に入るとこんな感じ。カレッジの体育館です。

キュラソーでもある日本人カポエイリスタが頑張ります!

さあ、ここキュラソーでも、ある日本人カポエィリスタが頑張りますよ!

練習は準備から始まり、並んでジンガ、ホレーからのつなぎなどしっかりした基礎練習。

二人組で練習

あとは二人組でのコンパッソからの避けからのホレーなど。

丁寧に説明

Instrutor Congo、英語で丁寧に説明してます。Go Proで録画をしたりしてます。
(本業はITのコンサルタントだそうです。)

最後はジョーゴ!

ラストはみんなでジョーゴです!

アウー

割って入ります

タルタルーガ、割って入ります。

切り返し
ケイシャーダへ

日本代表としていろんな技を出します。

ホーダジガンチ!
攻めます!

まだみなさんキャリアも若いですし、結構技に沸いてくれるのが中々うれしい!

ここでCongo登場!

ここでCongoが割って入ってきた!!!

デカイ!

デ、デカい・・!!

襲い掛かります

Congo襲い掛かります!

アルマーダで返す

ホレー!

タルタルーガ果敢に攻めます!

マルテーロ
デゼキリブランチ!

Congo、巨体ながら俊敏に攻めてきます!!

隙を突かれて
タルタルーガ転倒!

隙を突かれて、タルタルーガ転倒!!

このCongoというアペリード(あだ名)は、彼が巨体なのに動きが速いことが、

まるでコンゴのゴリラようだということで付いたそうです。なるほど!

仕切り直し
再開します

仕切り直して、ジョーゴ再開!

立ち向かいます!
この日一番の得意技

周りが沸きます!楽しいですね!

握手して終了!

Congoと握手して終了!

キュラソー島でのカポエィラ!またいい経験になりました。

こんなマイナーな場所での練習は、いつかのマダガスカル以来でしょうか?
(マダガスカルの日記は→コチラ

練習後、Congoから言われました。

「タルタルーガ、私たちの練習に参加してくれてありがとう。

この島では自分が全て教え、生徒とジョーゴをしているが、

彼らは自分と同じ技や動きをするので、分身とジョーゴをしているようで、刺激が少ない。

君のような違った技術、マインドを持った人が来てくれると、自分も彼らも刺激を受けるのでとても良い事なんだ。」


そうか、マイナーな場所での指導者には色々悩みがあると感じた瞬間で、

同時に、ただの日本人カポエィリスタが少しでも役立ったことを嬉しく思うのでした!

というわけで、

Capoeira Brasil Curacaoのみなさんと

Grupo Capoeira Brasil Curaçao Masha danki!

-----------------------------------------------------------------------------

さて、今回も最後となりました。タルタルーガ、キュラソーを離れます。

バス停にて
(バス停にて。ちなみにタルタルーガの荷物はいつもこのくらいしかありません。)

空港到着

バスに乗って、空港に到着。

Inselair.jpg
小型機に乗ります。
窓からキュラソーを望む

小型機に乗って、キュラソーを離れ、次の目的地へ向かいます。

ベネズエラ

地図にある通り、キュラソーはベネズエラのすぐ上に位置しています。

今回のメインの旅行先は、実はベネズエラなんですよ。

カナイマ国立公園へ

首都カラカスで乗り換え、目的地である「カナイマ国立公園」へ向かいます。

ギアナ高地

カナイマ国立公園はベネズエラの国立公園で、世界遺産(自然遺産)として登録されています。
未だに人類未踏の場所が点在し、世界最後の秘境ともいわれています。

セスナに乗ります

カナイマに到着したタルタルーガ、セスナに乗り、まずは空から視察します。

パイロット
遠くに山が

おお!遠くにテーブルマウンテンが見えてきました。

ジャングルを横切り
目指します
岩山が見えます
絶景

ジャングルを抜け、窓からはダイナミックなにテーブルマウンテンが見えます!これは凄い!

この地帯はギアナ高地と呼ばれていて、テーブルマウンテンは2億5千万年前に大地が激しい雨で削り出されて造り出されたそうです。

地球を感じる

地球を感じさせますね。まさに秘境です。


カナイマ国立公園

タルタルーガ、次はカナイマからテーブルマウンテンの一つである、アウヤンテプイ(Auyan-Tepui)を攻略します。

ここには世界最大の落差を持つ「エンジェルフォール(英語:Angel Falls/スペイン語:Salto Angel)」という滝があります。

それを観るためにここに来ました。では行きましょう!

エンジェルフォールを目指します。

エンジェルフォールまではジャングルに覆われているため、陸路はありません。

ボートに乗ります

川を遡って行くため、スピードボートに乗ります。

水しぶきが!

川をかっ飛ばします!結構な水しぶき!!

上流に向かう

上流に向かうと、周囲はこの景色!

スピードボートは一路アウヤンテプイへ。

まさに絶景


おお!テーブルマウンテンが間近に見えてきましたよ!!いやー絶景ですね!

河原に到着

約4時間後、ようやく麓の河原に到着。景色はいいんですけど、ずっと座ってお尻が痛くてしんどいです。

水しぶきで濡れてますし。秘境へ行くにはこうした小さな苦労が多いんです。

ジャングルを行く

河原からジャングルに入り、登って行きます。

ジャングルを抜けてたそこには・・・・・。







エンジェルフォール登場!!

ドーン!

エンジェルフォール登場!高い!

最大の落差の滝

エンジェルフォールは世界最大の落差979m!

落差が非常に大きいため、落下する水は滝下部に達するより前に空中に拡散してしまうため滝つぼが存在しません。

どれだけ高いかわかりますね。

この高さ!

滝下からの景色はこんな感じ。

下から眺める

やっぱり高いですよね!

反対も絶景!

滝の反対側も岩山に囲まれた絶景です!

ようやくエンジェルフォールにやってきました。

昔からエンジェルフォールを見たくて、ようやくやって来れました。満足です。

ハンモックで就寝

さて、念願のエンジェルフォールに満足したタルタルーガ、この日はキャンプエリアでハンモックで就寝です。

【~翌朝~】

翌朝のキャンプサイト

早朝、キャンプサイトから河原に向かうと、向こうにエンジェルフォールが見えます。

対岸のエンジェルフォール
朝焼けのエンジェルフォール

よく見ると虹が見えますね。真ん中らへん。

朝焼けのエンジェルフォールをバックに・・・。

朝焼けのエンジェルフォールをバックに・・・。


バナネイラ!

その高さの如くバナネイラ!


って、厳しいかあ~

----------------------------------------------------

さて、読者のみなさま、いかがだったでしょうか?

今回、いつもより大胆に遠くへ、キュラソー島でのカポエィラに、エンジェルフォールへ。

写真の通り、とても充実した旅行となりました。

個人的な話なのですが、この旅行の直前に人事異動の内示が決まり、今までいた職場から離れることになりました。

そのため、当時は先の不安を抱えつつも、長期の旅行はこれが最後と、とにかく振り切って楽しんだ感があります。
(実際は新天地でもしっかり旅行は出来ているのですが・・・)

今回の日記が、読者のみなさまに少しでも影響があればとても幸いです。

2016年の「外国でカポエィラ」シリーズ、タルタルーガ担当はこれでラストとなります。

まだいくつか訪問した案件がありますので、来年また順次作成したいと思いますので、どうぞお楽しみに。

また来年も「外国でカポエィラ」シリーズをよろしくお願いします!

エンジェルフォールをバックにアウー・バチドゥ!

Hasta luego!

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド