「プロフェソール フラカォンの結婚式」12/12(土曜日)黄帯のももこ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2015/12/19(土)
いよいよ今日はフラカォンの結婚式。
日本人は朝早く起きて和服を着る準備を整えます。
なんせほとんど着たことないですからね。
着る練習も結局全然しなかったし。
(こっちで暇なときにできるかと思っていたけど暑くて気持ちが無理だった)
時間がかかることが想定されるので早め行動。

上には親戚がいっぱいいて誰も顔を出して来ない。
(たいていアニーかトニーが毎日おはようと声をかけに来てくれる)
昨日からそんなかんじで忙しそうなのでキッチンで色々やるのは遠慮してスピージでさっさと朝ご飯を済ませる。

s-DSC_1350.jpg


まなぶは着ている途中ですでに汗だく。
汗をふきながら紋が左右対称にならないと着方をあれこれ変えて苦戦中。

s-DSC_1354.jpg

それをやすこさんが手慣れたかんじで手伝う。

s-DSC_1356.jpg

さすがお母さん。
やすこさんは私の着付けも手伝ってくれた。
ありがたい。
この人いなかったらよれよれの着付けで参加することになっていたかも?
(まあ、後述の通り最後にはぐちゃぐちゃになりますが)
ちなみにやすこさんの髪は私がやりました。

s-DSC_1357.jpg

素人が見よう見まねでやったにしてはいいかんじと思いません?
笹森先生の完成像。

s-DSC_1358.jpg

どこぞの文豪みたい。

なんとか着ることができてダイニングでくつろぐみんな。

s-DSC_1360.jpg

s-DSC_1361.jpg

なんだかおかしな光景です。

いざ出発ってことで外に出たらアニーや親戚の皆さんによる写真撮影大会が繰り広げられる。
ブラジル人は相当写真好きですね。
誰々と撮って次は誰々も入ってとか、とにかく写真を撮りまくる。
私たちの和服がかなりお気に召したみたいでみんな口々に褒めてくれた。
アニーは髪を染めてマニキュアも塗って綺麗になっていた。
一瞬誰かわからないくらい。
息子の結婚式なのよ~と近所の人にも話したりしてえらい上機嫌でした。

散々写真を撮りまくったあと、みんなでマイクロバス(たぶんチャーター)で教会へ移動。

s-DSC_1363.jpg

s-DSC_1364.jpg

s-DSC_1368.jpg

古くて歴史があってそれなりにお値段のする会場らしい。
教会のサイズに比較して参加人数が多いので(250人!)かなりの人が教会に入れず入口付近で見守る形になっている。

s-DSC_1386.jpg

s-DSC_1376.jpg

最初は教会の中で待っていたんだけど開始時間になっても始まる気配は全くなく。
和服を着ていた日本人は暑さに耐えきれず外に非難。
その後は教会の入口付近でひっそり見守りました。

カポエィラ関係の知り合いもたくさん招かれていて、グループの生徒の他にメストゥレボゾー、メストゥレニーニャ、メストゥレマルコ、メストゥレバンバ、メストゥレバンバの息子のカベサォンなどなど。
(他にもいたかもしれないけど把握してません)
メストゥレたちにもやたらと和服が好評で写真を撮られまくった。

トニーのママにも会えた。
いつもぐったり横になっている印象があったので参加はできるのかと心配していたけど来れたんだね。
アペリードを名乗ってまた会えて嬉しいと伝えた。
ママは私を見たらすぐにわかってくれて私も会えて嬉しい、神様がすべてうまくやってくれると言って天を仰いだ。

こちらの結婚式はメインの新郎新婦をはじめ、親戚の方々がそれぞれ順に入場していくことでスタートするみたい。
まず最初にピンクの衣装を着たマドリーニャとパドリーニョが一組ずつ入場。

s-DSC_1384.jpg

メシカーノやデニー、メストゥレバンバはパドリーニョをつとめている。
続いてフラカォンは母親のアニーとともに入場。
フラカォンの入場前にはメストゥレボゾー、メストゥレニーニャ、メストゥレマルコ、ウーゴの4人によるビリンバウ演奏。

s-DSC_1392.jpg

ずいぶん贅沢な演出だ。
トーキはイウナ。
次に父親のトニーが親戚の女性(血縁関係わからず)と一緒に入場。

s-DSC_1396.jpg

こういうときのトニーはキリッと堂々としていてカッコいい。
そして親戚の子供たちが入場。

s-DSC_1397.jpg

ジョアンガブリエウもその子供の一人の役をしていたんだけど、入場よりずっと前のタイミングでなぜかダッシュで入場しようとして何度も周りの人に止められて、見ている人たちの笑いを誘っていた。
笹森先生は「やっぱりあの子もってますねぇ~」とニヤニヤ。

最後に花嫁入場。

s-DSC_1404.jpg

花嫁のタイーザは感激してポロポロと涙をこぼしている。
よくみると隣に付き添っているお父さんも半べそで鼻をすすっている。
見ている私もうっかり涙がこぼれそうになる。

なかではたぶん誓いの言葉とかなんかの署名とかしている。
式の間私たちは外にいたビルーと一緒に日本語の話とかして過ごした。

s-DSC_1414.jpg
(左からビルー、ホビソン、ホビソンの奥さんのエリカ)

ビルーはしょっちゅう私たちと絡んでくれているので、この旅行で私たちは彼が大好きになった。

マドリーニャとパドリーニョが次々と退場していき、最後に新郎新婦も退場。
タイーザ、手を上に挙げてノリノリ。

s-DSC_1419.jpg

このあとは各々車で披露宴会場に向かいます。
披露宴会場の正面口はこんなかんじ。

s-DSC_1425.jpg

中に入ると写真撮影をしていた。

s-DSC_1426.jpg

食事する広場はこんな。

s-DSC_1427.jpg

s-DSC_1430.jpg

奥のコーナーではカシャーサとお好みのフルーツを使ってカクテルを作ってくれます。

s-DSC_1431.jpg

s-DSC_1433.jpg

真ん中ではバンドの生演奏。

s-DSC_1442.jpg

会場でお酒やちょっとしたつまみが配られて会場が落ち着いてきたころで新郎新婦の挨拶。
みんな楽しんでね~とか言ってた。

s-DSC_1436.jpg

会場の端の方では小さな子供たちがカポエィラもどきをしていて可愛かった。

s-DSC_1468.jpg

両方ともヴェフメーリョの親戚の子。

女性には踊れるように?サンダルが配られる。

s-DSC_1448.jpg

タイーザとフラカォンの名前入り。
これは楽だわ~。

最初に新郎新婦のダンスショー。
二人も周りも凄い楽しそう。

s-DSC_1480.jpg

s-DSC_1483.jpg

そしておもむろにカポエィラが始まる。
早速か~!

s-DSC_1487.jpg

フラカォンとトニーのジョーゴで始まり、次々と正装で暴れるカポエィリスタたち。

s-DSC_1505.jpg

やっぱりこの国自由だわ~。
そしてサンバ。

s-DSC_1514.jpg

私も参加して躍りまくった。

ブーケトス。

s-DSC_1515.jpg

s-DSC_1517.jpg

生演奏は常に流れているので踊る人もチラホラ。

s-DSC_1531.jpg

ヴェフメーリョも奥さんのホベルタと踊っていた。

s-DSC_1542.jpg

食事もビュッフェ形式でしっかりあります。

s-DSC_1546.jpg


食事がすんだくらいのタイミングでデニーが歌い始め会場が盛り上がる。
デニーに誘導されて会場を右へ左へと走る人たち。

s-DSC_1559.jpg

s-DSC_1563.jpg

あれ?この光景日本でもバチザードの打ち上げで見たことある。
もちろん日本人もノリノリで参加しています。

s-DSC_1560.jpg

s-DSC_1564.jpg


とにかく会場ではノリノリで音楽がかかっていたので躍りまくってしまって浴衣が乱れるどころの騒ぎじゃない。
けど楽しくて踊らずにはいられない。
やすこさんがちょいちょい帯とかなおしてくれた。

和服効果なのか結婚式だからなのか周りの人たちが凄く温かく親切にしてくれた。
会場では色んな人と知り合いになれてウーゴの奥さんのパトリシアにも挨拶ができた。

なんと3年前に来たときに仲良くしてくれていたビアにも会えた。
一緒にいるのは恋人。

s-DSC_1616.jpg

一度日本のテンポに練習に来てくれたモデーロにも会えた。

s-DSC_1619.jpg

日本で竜太先生の練習に出られたことは本当に素敵な体験だったとか凄く感謝しているとか言っていた気がする。
(ここらへんの話は酔いもあって正確ではありません)

かなりのお客さんが帰って会場が空いてきたあたりで2回目のホジーニャ。
このホジーニャにはやすこさんも浴衣で参戦。

s-DSC_1622.jpg

できる技が限られていたからかなり考えながらやったと言っていた。
笹森先生とまなぶも参加していたけど袴で蹴ると布がバサーッとなって処理が大変そう。
先生は凄い無茶な動きをしたわけでもないけどなぜか足首を痛めていた。

s-DSC_1628.jpg


ちなみに日本のみんなに協力してもらったビデオは会場で流れませんでした。
そう手配していたはずなんだけどねー。
明日あたりフラカォンに直接見せなきゃ。

マイクロバスで帰ったあとにトニーが飲みに行くぞ!という。
明日の朝出発するまなぶは荷造りの不安を抱えながらもせっかくだから…と参加。

s-DSC_1644.jpg

s-DSC_1653.jpg

カランゲージョのお店で飲んだ。
トニーはやたらご機嫌で、お前ら日本人はいい雰囲気運んできてくれた、会場のみんながお前らの写真とっていた、お前らのおかげで結婚式盛り上がった、とか言っていた。
そんなに喜んでくれたんなら苦労して着物持ってきて着た甲斐があるってもんだよ~。
(私は浴衣だけど)

旅行の最後の最後で最高に楽しいパーフェクトな一日だった。
こんなに楽しいのに明日帰るなんて嘘みたいだ。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド