「20代最後のメモリアバチザード」7/12(日)黄帯のムカエダ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2015/10/05(月)
ご無沙汰しています、東新宿の迎田です。

今回もメモリアのバチザードに参加させていただきました!といってもこのイベント7月ごろで今は10月なのでだいぶ時間が経ってしまいましたが汗
イベントは午後からだったので、まずは豊橋にてご当地物をということでひつまぶしを!
実は愛知にいながら現地で食べたことがなかったのでこれを機会にいただきました。(福岡人なのにとんこつラーメン食べたことがないのと同じ?)
これまではうな重との違いがわからなかったのですが4つに分けてそれぞれを漬物、海苔やわさび、お茶づけ、and moreで食べて楽しむという粋な食べ方に大変満足しました。
ひつまぶし


食事も終わっていよいよ会場へ。しばらくすると目の前のカーテンが開いてイベントが開始されました。最初はメモリアによるソロとホーダです。今年はMestre ARANHAとContra Mestra JULIANAが来日してのバチザードです。子供から大人まで最初からエンジン全開で会場が一気に盛り上がるようなパフォーマンスです。
メモリア


続いては各団体の紹介です。他団体の先生の方々1人ひとりとがっしりと握手を交わします。
そしてそれに続いて他団体も交えてのジョーゴへ。このときは低い姿勢から緩やかなジョーゴです。その緩やかな動きの中でもお互いに動きを読みながらの攻防や突然出る鋭い蹴りに歓声が沸きます。
それが終わるといよいよ昇段へ。日ごろから頑張ってきた成果をついに出すときがきました。先生を相手。今回ジョーゴやホーダではホボー先生(自分とアペリードが同じメモリアの先生)が手拍子やコーラスをもっと大きくするように促し会場はますますヒートアップ。
メモリア昇段
メモリアジョーゴ



そして今年Sufista先生が昇段されることになりました。普段は陽気にラジオや日本語で通訳されている先生ですが、この日の昇段でのジョーゴではまさに鬼気迫る感じで会場は最高に盛り上がって自分も何か熱くなるものがありました。
昇段が終わると2つのホーダでホーダ アベルタになりました。様々な方が入り乱れる中、割って入ることは大変でしたが今回はタイミングよく来日されているContra Mestra JULIANAとジョーゴすることができました。緩やかな動きから出てくるダイナミックな蹴りやアクロバシーアにただタダ圧倒されるばかりでしたがなかなかお会いすることがない中でのジョーゴだったので大変貴重な体験でした。
ホーダも無事に終わり、サンバへ。これまでとは打って変わって皆陽気に踊ってバチザードが終了。

終わると同時に自分にとって20代最後のメモリアのバチザードが終わりました。思えば大学時代から上海在住自在を除いて参加していたイベントなのですがなぜ毎年参加しているのか自分なりに考えてみました。他団体のお祝いに行くことや愛知に過ごしていたというのももちろんですが、
日本という異国の地で頑張っている彼らのバチザードが成功すればきっとすごく良いエネルギーが出ていると思うし、そのエネルギーを感じればいろんな苦難があっても最後はうまくいくと思ったからではないかと思います。(あくまでも推測ですが...)
10代、20代で経験しておけばよかったこと、逆に経験したくなかったことなどたくさんありましたが、30になってもたくさんの経験ができればと思います。

P.S.イベント後にテンポの皆さん向けにお土産買ったのですが渡せずに賞味期限が迫って自分で食べてしまったことをこの場を借りてお詫びします。。。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド