ACMB主催イベントに参加!!もりだくさんな1日。 2015/8/4 火 黄帯のえしこブラジル

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2015/08/06(木)
8月4日(火)
朝から、メストレとバスで空港に。バスから見えるビーチもキレイ。


バスは一律3へアイス(150円以下)で最終までいけるみたい。
なんと空港までは1時間以上かかった。最初の空港~アカデミーア間は半分くらいの時間に感じたよー。

メストレは、年配の方に席を譲ってちょっと離れたところに。知らない人とめっちゃしゃべってる。
無事に荷物を受け取り、アカデミーアに帰宅する頃には、けっこうな時間。
午前の予定に間に合わないので、近くのムケッカが美味しい店に。

メストレおすすめのエビのムケッカ。
メニュー見て、なかなかの値段だわあ、と思っていたら2人前の値段でした。

おいしーいー。日本から来た生徒はみんなここに来てるそうですね。
鉄板焼きみたいなのも美味しいらしい。他の色んなムケッカも食べたいな〜。毎日来たい。アカデミーアから徒歩数分、美味しいとこいっぱいある。



で、今日は!今日は!!Associação de Capoeira Mestre Bimbaのビッグイベントがあるのです!!
昨年のテンポのバチザードにも来てくださったメストレバンバ率いるグループです。


Associação de Capoeira Mestre Bimba(以下、ACMB)は、メストレビンバのアカデミーアを引き継いでいるヘジョナウの団体です。
世界から参加者が集まるでかいイベントです。今日はペロウリーニョにあるACMBのアカデミーアでワークショップ、
明日からはシリビーニャというところでワークショップがあと5日間も続く。
ACMBのメストレバンバや、われらがメストレトニー、他にも色んなグループのメストレのワークショップなど盛りだくさん。
参加できて、超幸運。


しかし、空港から戻るころにははじまってる時間になってしまい午前のワークショップは出られず。残念。
午後から参加に。それもちょっと遅れそうになり、急ぐメストレトニー。急ぐこともあるんだなー。タクシーでいくことに。
タクシーでも運転手さんとめっちゃしゃべるメストレ。

タクシーから見える景色と、ペロウリーニョ。



到着!!2階にのぼる。まだはじまってなくて良かった。


わー、ここがメストレビンバが作ったアカデミーアなのね!!メストレたちの写真がいっぱい貼ってある。
ここでメストレビンバ、メストレヴェフメーリョ27たちが練習したりホーダしてたのか!!


ACMBのメストレバンバ(右)にご挨拶。左はメストレカベルード
ACMB日本支部のCRJから来ているメンバーにも会えました。
参加者は世界各国、ロシア、ポーランド、日本、アメリカなどなど。


[メストレカベルードのWS]がはじまる。
小柄だけど重みがあって力強い方でした。

メストレオレーリャも到着。バテリーアに入る。豪華ですね。


黄帯以下と、それより上の帯の左右にわかれて一つのホーダを作る。
バンゲイラを最初に、あとからトーキがサォンベントグランジジヘジョナウになる。
たまに止められて要点をメストレが話す。
ネガチーヴァか何かして下にいる相手に立ったまま蹴りいれようとした人がいて、それは良いカポエイラじゃない、と。なんでも蹴ってあてればいいわけじゃない的な。
蹴るならアウーバチードゥとか、下にいる人にあわせた動きをしましょう、と。


途中からメストレオレーリャの一眼レフも使ってメストレトニーが撮影しはじめ。
運動会を見に来たお父ちゃんみたいでしたよ。もちろん、私だけじゃなく来れなかったみんなに見せてあげるために撮影。


休憩中、楽しそうなメストレたち



[メストレバラォンのWS]
動物猿のように動く練習、カベッサノシャオン、低い動きの練習。せまいホーダをいくつか作り中で3人が低く移動したり。

ホーダをする。やりながらメストレが、音楽にのること、相手とコネクトすること、ホーダの中心から外れないことが大事、身体が相手に触れることを恐れないように、などなど話す。

途中、私ともう一人呼ばれて真ん中でメストレの実演と説明がある。名前を聞かれてアペリード「Habilidosa」と答えたせいか一瞬話が止まりちょいざわざわ。
カポエイラの名前だね、って言ってくれた人がいておさまる。
それを聞いて、メストレが「Habilidosa」とからめてその後の説明をしてくれたんだけども。
ジョーゴはHabilidosaとしてやるんだ、それはこうやる、みたいな?この辺りちょっとポルトガル語で理解しきれず。
せっかく素敵な感じでひろってくれたようなのにもったいない。

ホーダをどんどん小さくしていき、最後はかなり盛り上がって終了。


みんなで記念撮影。

他にもメストレたちがいっぱいいらしてました。

(左からメストレバーイ、メストレヘイナウド、メストレバラォン、メストレバンバ、メストレオレーリャ、メストレトニー、メストレサビア)



休憩はさんで、夜にホーダをやるスケジュールだけど戻らなきゃいけないのでみなさんにご挨拶。
(テンポのコントラメストレヴェフメーリョ29が遅れて参加できたらしく、翌日動画見せてもらった。マクレレもサンバもかっこよかった!)

メストレオレーリャに挨拶に行ったらさっきのやりとりを見て「Habilidosa!」と呼ばれる。
つかみの良いアペリードで良かったなあ。
歌も素敵だけど、話す声も響く声で素敵でした。


帰り道で、午後のレッスンはバンゲイラやったり、カベッサノシャオンとか、床の動きが多かったね〜、とメストレトニーに言ったら。
「コンテンポラーニアやアンゴーラともやりとり(対応?)できるように、だろう。とても良いレッスンだった。」と。
あと、「メストレオレーリャはヘジョナウにとって大事な人だから、あの場に彼がいることが重要なんだ。」と言っていた。ほうほう。


ペロウリーニョからオンジーナまでタクシーだと20分20へアイスくらい。
帰ってスピージ(海じゃないほう)に夕飯食べに行く。アカデミーアにきていた緑帯のウルソと3人。今日の動画を見せている。
日本の倍くらいあるラザニア完食したらトニーが喜んでいた。

スピージにリリウと黄緑帯タナジューラも来る。
メストレは忙しいし、その3人がビーチでカポエイラ練習するから一緒にいこーって話に。
トニーは、「お前は、今日2時間練習してるんだぞ。」と心配してる。
私も体力的に不安だったけど、おもしろそうだし、アカデミーアで着替えてビリンバウ持ってバスでビーチに。
バスの中でウルソがビリンバウ弾いてるけど、周りのお客さんは無反応、自由だわ〜。
残念なことにビーチは使われていたのと、雨が降ってきちゃってバス停で歌の練習。

そしたら、メシカーノとフラカォンが探して会いにきてくれたよー!!メシカーノと会うのは初!!

Meu padrinho!!1年ぶり〜。
「黄帯おめでとう」って、そうだった。
ブラジル滞在はどう?色々心配かもしれないけど、僕が来たから大丈夫〜と。どこに行きたい?色々出かけようね〜って。ありがとうありがとう。
雨も降り続くし目の前の店に入ってみんなで乾杯。


帰りはメシカーノに車で送ってもらう。
帰り道に、アカデミーアの工事中にここでカポエイラしたこともあるんだー、と教えてもらう。


盛りだくさんの1日。ビーチで練習できなかったのは残念だったけど、おかげで疲れすぎず、みんなで飲めたし、かえって良かったな〜。
またのチャンスにビーチで練習できたらいいなあ。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド