緊張の三年目。 緑帯を頂いたAlegria

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2015/07/16(木)


ビジターでお手伝いした2013のバチザード。
何これ⁉︎スゴイ!楽しい!カッコイイ!!

メンバー入りした2014のバチザード。
わくわく!どきどき!お祭騒ぎ!素敵なApelido(カポエィラでのあだ名)を頂き、夢心地!

そして2番目の帯をもらう2015の今年。
……緊張。
20150628_ct_0811.jpg

カポエィラ・テンポでは、2番目の帯、緑帯になるために、カポエィラの知識や楽器、音楽、ポルトガル語など、やる事がたくさんあります。
どれもやりたかった事で楽しいはずなのに、30歳を超えてからの手習いはなかなか思うようにいかないもの…
まして楽器なんて中学校までのリコーダーくらいしかやった事が無い中、楽器を弾きながら歌を歌うことのハードルの高さといったら…
練習に出られても、ジョーゴではなかなか成長せず、成長しない事に練習後に凹む事もしばしば。
出来てない事の多さに焦りを感じつつ迎えたバチザードは、稽古不十分なまま迎える舞台本番のようで、なんとなくふわふわと現実感無く、妙な緊張…

でも、そんな事言ってられないのです。
始まってしまったら、無我夢中。
皆が成功させよう!という意識で動く中、気がつけば夢中で歌を歌い、手拍子をし、応援していました。
そうこうしているうちに、自分達緑帯の昇段のジョーゴの番になり、夢中な内にヴェフメーリョ先生にごろごろ転がされて…
あっという間に終わり、
夢中なまま同期の応援をして…
20150628_ct_0812.jpg

20150628_ct_0820.jpg

20150628_ct_0821.jpg

カポエィラの“ホーダ”は音楽とリズムと共にあり、輪であり、それは祝祭に近いような、不思議な場です。
赤帯(卒業生の帯)を取るカツオ先生の昇段の時にはもう、何やら全体の興奮の渦に飲み込まれ、もらい泣き。
実は自分の昇段のジョーゴでも、緊張のあげく、あまりの不甲斐なさに悔し涙だったのは、陰でこっそり…

そして終わりの頃には、カポエィラに出会えてよかった!この団体の、この人たちと出会えて、この場にいられて本当によかった!なんて、緊張は大興奮に変わっていたのでした。

20150628_ct_0910.jpg


そんなこの約2週間、わからないながらも先生達の話す言葉を聞くようにしていたら、yesじゃなくてsim(ポルトガル語のyes)が口から出るようになってきました。(まだそのレベル)

言葉がわからなくても、練習の様子を見ながら、しっかり指導してくださるmestre Tonyはじめブラジルの先生方、フォローしてくださる竜太先生はじめ先生、先輩方に感謝しつつ。

来年には、ブラジルの先生達ともう少し話せるようになっているよう。
そして楽器を楽器としてもう少したのしく弾けるよう。
もう少しきちんとカポエィラが出来るよう。
30過ぎの手習いは、より深みにはまってコツコツと続いてゆきそうです。

20150628_ct_0045.jpg
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド