「RPG (CAPOEIRA in Egypt)」 エジプト カイロ編 青帯TARTARUGA

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/12/24(水)
アッサラーム アレイクム!

カイロにやってきました。

カイロにやってきました。

カイロへ飛ぶ
エジプト全図

ギリシャを遺跡に島にカポエイラと満喫したタルタルーガでしたが、
飛行機で一路アテネからここエジプトの首都カイロにやってきました。
(前回のギリシャ編は⇒コチラ

暑い!!

乾燥地帯の強烈な暑さが襲い掛かります。この日はなんと気温38度!!

ネコもぐったり

ネコもこの暑さでぐったりしてます。

ナイル川とカイロ市内

ここカイロはナイル川下流河畔の交通の要衝として、
中世に建設されてより現在に至るまで、イスラム世界の学術・文化・経済の中心都市です。

カイロ市内

同時にアフリカ、アラブ文化圏の中では最大の人口を持つ都市となっています。

路地

路地に入れば砂埃舞う雑多な世界!

アラビア語があふれる

そして街中はアラビア語の渦。読めない話せないで早速大ピンチになれます(笑)。

1000のミナレットの都

エジプトと言えばピラミッドやクレオパトラと言った古代エジプトのイメージが強いですが、
7世紀にアラブ軍がエジプトを征服して以来、イスラム教の国です。

イスラーム地区

ここカイロにあるイスラム地区は「1000のミナレット(尖塔)の都」といわれ、
現在も600以上のイスラム建築があり、世界遺産に登録されています。(円の箇所がイスラム地区)

ガーマ・スルタン・ハサン

ご覧の通り、雰囲気のあるモスクが沢山見えますね。実にアラビックな世界!

迷路のよう

イスラム地区は迷路のようで、この雰囲気もあってダンジョンをさまよっているようです。

ガラベーヤを着た人

街にはガラベーヤというエジプトの民族服を着ている人も普通にいます。涼しそうですね。

ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン

「ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン」に行ってみます。
ここはカイロに現存する最古のガーマ(イスラム寺院)で、879年に完成しました。

回廊
重厚な造り

回廊は実に重厚な造りで歴史を感じます。
ちょっと前にいたギリシャとは完全に違う文化で、旅行をする中で、このギャップはなんとも面白いです。

中庭

カイロのイスラム地区は1300年以上の歴史があり、
世界中どこを探してもこれだけの歴史的建造物が集まった町はカイロしかありません。
ぜひ訪問をオススメしたい場所ですね!

エジプト考古学博物館

続いてタルタルーガ、エジプト考古学博物館に行きます。

博物館内

ここは世界最大のエジプトの遺物を展示する博物館で、過去5000年にわたる古代エジプトの歴史的遺物を何と約25万品も収蔵しています!

ツタンカーメン 黄金のマスク

有名なのはなんといってもツタンカーメンの黄金のマスク!
本当にキンキラキンです。これが古代に作られたとは凄いです。
ミイラ室にはラムセス2世といった歴代のファラオ(王)のミイラが納められています。
他にも黄金の財宝やパピルス文書に古代の石像等々1日では見つくせない程!
凄い博物館があったものです。

残念ながら内部は写真撮影禁止なので、以上はwikipediaからの紹介。
ここもカイロに来たら絶対に行くことを激しくオススメします。


ここでちょっと観光の一休み。

街のジューススタンド

街中のジューススタンドに寄ります。

カルカデーヤ

注文したこちらの飲み物は「カルカデーヤ」といって、ハイビスカスのジュースです。
味は甘酸っぱくてビタミンCたっぷり。
これが冷たくてこの暑さにはサイコーです。ガブガブ飲めます。

コクテール

さらに「コクテール」も注文。これはエジプト版のフルーツパフェといった感じでしょうか。
色鮮やかでフルーツがたっぷり入ってます。
エジプトにはこういったジューススタンドが街中にあり、
しかも安く楽しめます。

アブー・ターレク

そして、エジプトのローカルフード「コシャリ」を食べにこちらのお店に。
アブー・タレークというコシャリの有名店です。

オーナー、オーラが出てます

この写真の方がオーナーのアブー・ターレク氏。写真からオーラが出ていますね!

コシャリ

コシャリはマカロニやスパゲッティなどのパスタのコマ切りに、
ヒヨコ豆、レンズ豆をミックスし、揚げた玉ねぎとトマトソースをかけた料理で、
一見炭水化物だらけでメチャクチャな感じですが、味は美味しいです。
これも実に庶民価格で食べれます。大盛りでも100円くらいだったかな。

ハン・ハリーリ市場

タルタルーガ、満腹になったところで、夜は「ハン・ハリーリ・バザール」に行ってみました。

ガーマ・ホセイン
ハン・ハリーリ

ハン・ハリーリは前述のイスラム地区にあるバザール(市場)で、現在はお土産物屋さんが並んでいます。
人も一杯で活気があります!カイロでは日中暑いので、夜が賑わうんですねー。

シーシャ屋さん

お店にはシーシャ(水たばこ)や、

ベリーダンスの衣装

きらびやかなベリーダンスの衣装や、

エスニックなランプ

こんなアラビックなランプも売っています。部屋のインテリアにいかが?

全て紹介出来ませんが、ハン・ハリーリには細かい路地に沢山のお店があって、
実にショッピングが楽しいです。
こういったエスニックなアイテムをお求めの方はぜひどうぞ。
あ、でも値札はないので価格交渉は必須です。頑張って値切りましょう!



・・・・・・・・・・ここからカポエィラのお話・・・・・・・・・・・

さて、アテネに続き、ここカイロでも当地のカポエィラ団体を訪問します。

今回の訪問先はこちら。

OLORUM BAHIA CAPOEIRA
「Olorum Bahia Capoeira Cairo」

URL: http://olorum.capoeira.over-blog.com

Contra Mestre Passoka

ブラジル人「Contra Mestre Passoka」が指導されています。

オペラ広場
cercle descrime egyptien
こちらの建物

場所はオペラ広場横のこちらの看板の建物。
「cercle d'escrime egyptien」といって、フランス語でエジプトのフェンシングサークルの意味です。

フェンシング場

そのため、1階ではこの日もフェンシングの練習中。
カポエイラの練習場所は上の階になります。

中はこんな感じ
室内

室内はこんな感じ。エアコンは無いので窓全開にします。

さあ!アラブ世界初のカポエィラ練習に、ある日本人カポエィリスタが参加しますよ!

まずウォーミングアップにストレッチとジンガをしたところで、

棒を立てます

Contra Mestre Passokaおもむろに棒を出します。

棒に向かって蹴りこむ

目の前に立てた棒に向かって、メイア・ルーア・ジ・フレンチ→前足からケイシャーダ→アルマーダの連続蹴りをやります。

アル
マーダ!!

夜ですが、室内結構暑いです。参加のエジプト人も今日は特に暑い!とのこと。
暑さと結構な回数をやったので疲労がたまります。

移動の説明

そのあとは場所をフルに使って移動の練習。
コンパッソ→裏に回ってシャペウ・ジ・コウロのフェイント→アウーといった、これまた動きのあるコンビネーションの移動の練習をします。

コンパッソから
シャペウ・ジ・コウロに引く
戻って
アウー

そんな移動の練習を続けていたその時。











الله أكبر الله أكبر الله أكبر الله أكبر


أشهد أن لا اله إلا الله أشهد أن لا اله إلا الله




窓の外から大音量で何か聞こえてきました。



これは「アザーン」といって、イスラム教における礼拝への呼び掛けの放送です。
アザーンは「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」の繰り返しから始まり、
簡潔に言うと、「神は偉大です。お祈りをしましょう」という内容です。

礼拝

イスラム教徒には一日五回の礼拝の習慣があり、アザーンはその時間の前に礼拝の時間が来ることを伝えます。

ロッカーにもお祈りスペースが

ロッカーにもこの通りお祈りスペースがあります。実際にOlorum Bahiaのメンバーの一人が練習後お祈りをしていました。
(ちなみにお祈り中に絨毯を横切ると怒られちゃうよ(笑)とのこと)

練習中断中

アザーンが放送中の間は練習は一時中断。これは本当に異文化を感じますね。

説明
ガチな反撃

アザーン終わって練習再開。二人組でケーダ(倒し技)やポンテイラやシャパ・ジラトーリアの反撃など結構ガチな練習。

ビリンバウを弾きます

その後Contra Mestre Passokaビリンバウを弾きます。唄います。歌上手いです。

二人組でジョーゴ!

ここから二人組でジョーゴ!エジプトの熱気を感じながら頑張りますよ!

フェイントから
裏に回る
マルテーロ!


さらにジョーゴ!

さらにジョーゴ
アウー・メイオジーロウ
おっと!接触
マカーコ!!

そんなこんなで練習終了!

初のアラブ地域の練習に無事成功しました。練習参加の受入に本当に感謝します。

練習後にみんなでインド料理を食べる

練習後はみんなで夕飯に行きました。
エジプトの人は、みなさんおしゃべり好きで、楽しい時間を過ごすことが出来ました~。

無事にエジプトでもカポエィラ出来たタルタルーガでしたが、
実はこちらの団体について、今回カイロに行くので探したという訳ではありません。

カプ―ジャポン バチザード 2010年

今から4年前、2010年に大阪で開催されたカプー・ジャポンのバチザードでの事。

この日、最後の参加団体の紹介の中で、ある外国人カポエィリスタが、

「エジプトのカイロでカポエィラを教えています。カイロに訪問の際にはぜひ来てください。」

と会場でアナウンスしたんです。

その時はエジプトにカポエィラ!?とちょっとびっくりしたのですが、同時にこの団体の存在を知ったんですね。

Flama.jpg

この外国人カポエィリスタはフランス人インストラクターのFlamaさんといって、仕事でカイロに赴任になり、
2009年に団体を立ち上げ、2012年まで指導されました。
現在はカイロを離れてジブチというアフリカの国にいるそうです。
彼が離れる際に、当時パリで指導していたContra Mestre Passokaをカイロに呼び、現在に至るという訳です。

大阪で彼に会ったことがあるという話をすると、みなさんとても喜んでくれました。

前々からエジプトに行く時には訪問してみたいとは思っていたので、
ようやく訪問出来てとても満足です。

カポエィラを続けていると、こんな感じで世界はつながってるんですよ。読者のみなさん。

ということで、

Olorum Bahia Capoeira Cairoのみなさんと


شكرا

Olorum Bahia Capoeira Cairo!








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい。今回もまたラストになりました。

ギザへ行く

タルタルーガ、カイロのお隣のギザに向かいます。

スフィンクスとピラミッド

エジプト言えば、そう!もちろんこれですね!

スフィンクスとピラミッド!

スフィンクス
KFCスフィンクス

ちなみにスフィンクス側の入口の前にはKFCとピザハットがあって、

ピラミッドを眺める

ピラミッドを眺めながら食事をすることが出来ます。

ピラミッド地図
クフ王のピラミッド

最大の大きさを持つクフ王のピラミッドには入ることもできます。

側面

王墓の入口
断面図

中は残念ながら写真撮影禁止。細い回廊が続き、先の王の間には王の石棺があります。
残念ながら、黄金の爪はありませんでした。

しかしこれほどの巨大建造物が4500年以上前に作られていたのですから、
人類の歴史って本当に面白いですね!

カフラー王のピラミッド

本日快晴!ピラミッドが日光に映えます!

ヒャッホー!

タルタルーガ、ピラミッドに大興奮です!

ヒャッホー!



人が集まってきます

ん!ん!? 何だか人が集まってきましたよ。

何だか盛り上がります


ちょ、ちょっと! 何かよくわからないけど、みんなでこんな感じに。

まあ、いいや。何だか楽しいので!今日はいい天気だ~!


みんなで

空は青く澄み渡り~ 海を目指して歩く~♪

何だか盛り上がります

怖いものなんてない~ 僕らはもう一人じゃない~ ♪

「曲:RPG(SEKAI NO OWARI) 」
Song by タルタルーガと陽気なエジプト人


空は青く澄み渡り~♪

ラクダもいます

こんな感じで無事エジプト編終了でございます。

読者のみなさま、今回も長々とどうもありがとうございました。



あ、いつもの記念撮影忘れてますね!

もちろんピラミッドをバックに、ハイ、チーズ!

























nori=murai.jpg

おっと!間違えた!

これはいつかの村井さんの日記にあった写真でした。










アウー・バチドゥ ピラミッドパワー

ハイ!ベタですが、アテネに続いてキメます!

今年もギリシャ、エジプトと2団体も訪問出来、充実した夏休みとなりました。
共に観光としては、本当にこれでもかというくらいに見ごたえのある国です。
さらにカポエィラも出来て、旅行の楽しみが増えましたね!

2014年の「外国でカポエィラ」シリーズのアップは恐らくこれが最後だと思います。

また来年もどうぞよろしくお願いします!


مع السلامة


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド