「カポエイラ続けてください!どんどん好きになってください!」緑帯のイチジョウ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/09/25(木)
緑帯と名乗るのが気恥ずかしいBALAイチジョウです。

今年の私は、バチザードに向けて、昇段に向けて、燃えていた…はずでした。
メンバー入りして黄緑帯をいただいたのは2年前、本来昇段するべき去年は実力不足と繁忙のため見送ったので、
「今年こそは!」
と思っていたのです。

新年に入って練習の頻度を増やし、同期より周回遅れながら楽器の練習も始め、地方転勤も回避し、自分なりに準備を積み重ねていたつもりでいたのですが、ところが!!
「さあスパートをかけるぞ!!」
と思っていた矢先に、持病が再発してしまったのです。
聴覚と平衡感覚に関わる病気なので、カポエィラとは相性が良くなく、練習がままならなくなってしまいました。


われながら
「持ってないなー」
というのが実感。

病院で点滴を打ってもらいながら、ぼんやり、
「バチザードまで一月半。だましだまし持つかなあ」
と思ったのを覚えています。

結局、休みきらずに“だましだまし”で過ごしたのがよくなかったのか、しっかり練習できもせず、かといって体調も良くならずという状態のまま、本番に突入してしまいました。


そんな肩身の狭い自分に、テンポの仲間はあたたかく接してくれました。
みんな自分の練習やイベント準備が追い込みなのに、折に触れ声をかけてくれ、中にはこっそり自分の病気・ケガの克服談を話してくださる方もいました。
そのときの私は、内心ネガティブになっており、
「縁がなかったのかも」
とか、
「もう潮時かも」
とか、そんなことばかり考えてしまっていたのですが、そうした声に支えられて持ち直すことができました。


そして迎えたバチザード当日。
「イベントのスタッフとして、バチザードが無事に始まるのを見届けられればいい」
という心境だったのですが、なんとか昇段ジョーゴをすることができました。

列に並んで、いよいよ自分の番が迫り、竜太先生とアイ・コンタクトしたときは不思議な高揚感でした。
実際のジョーゴの内容は思い出したくないくらいブザマでしたが…。

こんな大切なここ一番で、倒される前に自分でコケたのは自分くらいだと思います。
しかも、うまく立ち上がれなくてもう一度コケたという…。
ダサすぎる…。

ですが、この場で新しい帯をいただけて、本当にうれしかったです。

2014バチザード一條


帯を巻いてもらったとき、2年前に黄緑帯をもらったときのことを思い出しました。
ゲトのマッチ先生が、
カポエィラを続けてください。どんどん好きになってください。」
と声をかけてくださったのです。

そのときは当たり前のように
「もちろん!」
と思いましたが、その後は必ずしも順調ではありませんでした。

練習に通えなかったり、思うように上達しなかったりして、なんども挫けかけました。
正直、自分はカポエィラに向いているかと言われれば微妙だと思います。
だけど、今回のバチザードで、それでも続ければ得られるものがあるんだということを思い知らされた気がします。
そこが、単なる趣味とは違う、カポエィラの奥深いところだなーと実感しています。
だからこれからも、ブランクが出来てもあきらめずに、自分なりのスタンスでカポエィラを続けて、好きになっていこうと思います。

そして、いつになるかわかりませんが、納得のいく練習量とコンディションで、もう一度昇段式を迎えられたら…いいなと思います。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド