「11/28(水) 日本到着。」ブラジル旅行記2012Arraia編 11/28(水) 黄帯のArraia

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/01/21(火)
11月28日(水)

ヒースローには、私達のホーム感があった。
行きに過ごしたターミナルに着いて、上を通っている通路から見下ろした。
ターミナル1!
懐かしい気持ち。

成田便が出るターミナルに移動する。
今度は、バッゲジを一度引き取り、イギリスに入国することになった。
入国手続きバゲッジ受取り

イギリス人と束の間の接触。
地下鉄の入口らしきものがあった。
いつかこっちに乗ってロンドンの町中に行ってみたい~。

成田便のターミナルに着いたけど、カウンターはまだ開いていない。
ロンドンは冬。空の色も白い灰色。
空港内は空調がきいてはいるけど、扉の開閉で入ってくる外の風が寒かったー。
ブラジルとは違うね。

チェックインして搭乗口前に着いたら、成田行きなので当然日本人が多い。
体型がまったく違う。コンパクトな体つき。
不思議なもので、シートの座り方も日本人ぽさがあるようだ。
ヒースローで既に、日本に戻ってからの生活に思いを馳せるはめになった。
まだ浸っていたかった…。

ごはーんあいすごはーんごはん+ぱーん、炭水化物×2。選択失敗したと思った。

成田に無事到着。
私はRealが残っていたので、空港で日本円への両替を試みる。
両替ができる銀行には距離がありそうだったので、
じゃあ~、と手を振って微妙な別れ。
向こうでは、人との物理的距離の近さを受け入れてたけど、
アブラッソをするのは、この時点ですでに微妙に感じてしまう。
ブラジルで過ごして、私も感化されて帰ってきたかと思いきや、
どんどん日本化。すでに成田で戻ってました。

日本円に戻す両替は1Real=37円だって。
日本円からの時は、1Real=47.77円だった。
銀行の人に、また行くならとっておいたら?と言われる。
また…ね。いつ行けるかなあ。
まー、街の両替所に持っていってもこんなもんだ。Realのまま持っとこう。
変動しすぎませんように。

そういえば、VISAデビットカード使わなかった。
VisaやPlusマークがあるATMで現地通貨をその場で引き出せたり、
ATMがなくても口座に残高があれば現金払いと同様にVISAデビットで支払える。
というもの。
ブラジルは犯罪が多いため、カードの使い勝手が良いとの情報があったので、
海外で使えるカードのためにわざわざ口座も作って用意したんだけど…。
行きに空港で4万円分両替したのと、
ヴェフメーリョの頼まれ荷物の立替え分をRealでもらったので足りちゃったのだ。
滞在期間8日。使い勝手、検証できず。
VISAデビット

夕食は、さっそくお寿司を買って帰りました。おいしかった。
ブラジル、海はすぐそこなのに、肉よりもお魚が高いんだって。
お寿司でおつかれさま。

今回のブラジル渡航、確実に私の中の新たな経験として蓄積されました。
サルバドールでの体験を肌感覚で覚えていられるのはそう長くは続かなくても、
行った前と後では、全く違うなあと思う。

珍道中と名付けられ、しょっぱなから予言のような事態にはまってしまったけど、
3人それぞれが持っているものを出し合って、補い合えたように思います。
補いきれなくて、穴にはまってしまうこともあったけど…。
それはもう仕方がない。

サルヴァドールではヴェフメーリョやフラカォンが街中を案内してくれ、
3人で行く場合を想像したら、安心感は比べ物にならないくらいでした。
アカデミアでの生活も、トニーやアニーや、家族全員で気にかけてくれて、
結果、何事もなく、振り返って日記を書けています。
沢山の心配を抱えて行ったブラジルで、よい思い出をいっぱい作らせてもらえました。
とても素敵なところでした。どうもありがとう!

------------------------------

これでブラジル日記終了です!
長い記事におつきあいいただきまして、ほんとうにありがとうございました~。
Tchau! Bjs!

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド