「11/21(水)アニーのエネルギーを感じる。」ブラジル旅行記2012Arraia編 11/21(水) 黄帯のArraia

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/01/15(水)
11月21日(水)

今朝もアニー、ジエゴと海へ。
道の途中で出くわしたメストレアリスチージをアニーが紹介してくれた。
すかさず写真をお願い。
帰ってトニーに写真を見せたら「meu amigo!」と喜ぶ。
メストレ アリスチージ と。

こっちの人は、なのか、トニーがなのか、
日本だと声をかけない距離に友達がいても、大声出して声をかける。
そういうのもいいね。
道々で会う友達と、み~んな声を交わして行く。アブラッソもしたり。
人生の中で、挨拶のやりとりにかける時間の多さは群を抜いてると思う!
だから日本だと物足りないかもね。
1ヶ月も日本にいたら、寂しくて寂しくてウィークリーマンションで泣いてるかも。

海で、ジエゴはプレゼントにもらったおもちゃのトラックに、
浜の砂を詰め込んだりして遊ぶ。楽しそう。浜は庭だね。
フラカォンからのプレゼント

私は昨日感動した海岸を見て、当然ですが昨日ほどの感動は得られず、
1日で人間の慣れは怖いな、と思っていました。
もちろん心に占めるパーセントは喜び楽しみがいっぱいですよ。
こう書くとどんどん嘘くさくなっていきますけど。

朝ごはんは昨日行ったスーパー併設のパダリアで。
パダリアのパン手のひらこぼれるサイズパダリアのレシート 値段こんな感じ

お昼はこれまた近所のポルキロ(por quilo)で。
ポルキロは量り売りのお店。
取り放題じゃないホテルのバイキングみたいなものか。
ポルキロ料理ポルキロ料理

入口でおじさんが、一人に1枚紙を渡します。
プレートをとって、食べたい物をのせていって、最後に重さをチェック。
紙に値段を記載。今日の私は11.37ヘアイスだった。
食事後に入口奥のカウンターで支払い。
支払済みのハンコ「PAGO」と押された紙を、入口で紙を渡してきたおじさんに返す。
1枚のプレートに盛る値段書いてある。レシートとは別。

こちらはフルーツがふんだんに採れるので、
果物のジュース(suco)が日本より手軽に楽しめる。
食事と一緒にsucoばかり飲みました。

パダリアでは、生フルーツだとオレンジ。
冷凍のフルーツパルプを選んで。違う味同士を混ぜたり。
冷凍のケースを見てると、
トニーが「混ぜるならこれとこれがおすすめ、めちゃうまいぞ。」と、
いつものあの顔で語りだし、いろんなおすすめ例を出してくる。
もう何がいいのかわからなくなってくる。
冷凍庫のフルーツパルプ。

この日は、トニーがいくつかあげてた組み合わせのひとつ、
カカウとラランジャのミックスを飲んだ。500mlで4?へアイス。
もちろんおいしかったが、ラランジャはわかりきっているので、
ブラジル滞在8日だけの私が選択にするには早い感じ。
ラランジャのストレートを存分に味わうか、
カカウなど、未知の味をまず知ってからのミックスがベターですね。
生絞りのオレンジジュース

ポルキロでは、缶ジュース3ヘアイスを飲んだのだが、
フルーツのジュースがあったのを後で知って残念。
飲むものはフルーツジュースにかぎる!
トニーはこのお店では生のライムジュースが一押しらしい。
再訪した時、オーダーが済んでいたフルーツパルプのsucoを一気にキャンセルして、
生ライムジュースに変更した。面白かった。
そしてこの生ライムジュースがこれまた美味しかった。
生絞りのジュースはやさしく、ふくよかな味。しあわせ。
自分が好きなものを迷わず押す。
こういうシチュエーションでは大事だね。見習おう。

トニーのポルキロでのお決まりはもう1つあって、お肉を残して包んで持って帰ること。
犬のジェッキにあげるのだ。
それ以外はジェッキが何を食べてるのかは不明。ドッグフードが存在するのかも不明。
ジェッキはスマート体型で短髪で、トニーに似だと思った。
ジェッキジェッキ!!

朝ごはんから戻ったら、メストレオレーリャがやってきた。
ぞくぞくと話に聞いていた人物に会える。
メストレ オレーリャ と。

滞在中はアカデミアの掃除とかトニーのお手伝いをすると
話に聞いてたけど、そのタイミングがない。
なんだか私達お客さんすぎるな~、って気分にもなった。
そんなわけで、2階のお部屋の掃除。
掃除する。

casa14の中は無線LANが飛んでいました。
到着初日にパスワードを教えてもらってネット接続。
スムーズに接続設定ができて、一安心。
フラカォンはIphoneもバリバリ使いこなしているし、
ネット環境はOndinaの中でもとびきりなのではないでしょうか。
たまに接続が弱くなる感もあったけど安定して使えて、
お隣のジョッタのお店に行く必要は一度もなかった。
竜太先生のブログでもよく登場していたジョッタ。
ジョッタはcasa14のお隣で、インターネット屋さんをしているのです。
ブラジルでは、ネットができるのはお店だけ、という人はいっぱい。
ジョッタ、今はテンポのメンバーとしてカポエィラをして、
渡航中に行われたバチザードで黄緑帯をもらっていました。
ジョッタのお店前

ちなみにブラジルのコンセントのタイプは、AとCとSE。日本はA(縦ラインの二つ穴)。
casa14のコンセントは、C?SE?だけのタイプと、A・C?SE?混合タイプの2パターン。
SE と A・C

電圧は地域で色々。サルバドールは127V。日本は110V。
今は多くの機器の充電器は、電圧を海外対応にしてるものが多いですね。
私が持っていった、パソコン、デジカメ、携帯に関しては、変圧器は不要でした。

2階の居間で日記を書きつつ章恵ちゃんといたら、
アニーがやってきて、女性がカポエィラをするということは、とか、
ブラジルの歴史、アニーの活動についての話になった。
アニーの活動のカミーザ。胸にサロマォンとcasa14の文字。

さやかさんのブログにで取り上げられていた話題については、
話の概要がわかっているのでついていけたけど、
歴史やユーカリとかterraの話はチンプンカンプン。
理解しきれないだろうから難しいことは話さない、という選択もあるけど、
ブラジルまで来た私達に何かを残そうと一生懸命話してくれる。
アニーの伝えたい!という熱が伝わってくる。
感情が込み上げてアニーの目に涙が。
日本語が話せなくてもどかしいいいぃ!って。泣き笑い。
私もなんだかウルリときてしまいましたよ。
ポルトガル語、理解できなくてごめんね。
辞書を引き引き話をするんだけど、語学力足りなくてもったいなかった。
章恵ちゃんはアニーにつられて泣いちゃった。二人アブラッソ。
その頃、桃ちゃんはお部屋でスヤスヤでした。

その後、アニーが再登場。
ちゃんと伝えたい話があるらしく、内容をメモに書いてくれた。
辞書ひきひき、解読。章恵ちゃんにも確認してもらったところ、
“ストライキでこの家の台所の設置が間に合わなかった。
面倒かけてごめんね。”と。
家に台所がないなんて不思議だったけど納得。
ブラジルな理由だなあ。
ここに台所が…。奥に流しの部品らしきものが…。

台所はまだだったけど、家の工事は私達の滞在中に少し進んで、
大きなシャワーがついた。
トイレと区切るガラス張りの扉が豪華。
お手洗いとシャワー。ガラスのしきりはこれから。

噂によると、帰国後には3階への階段がついたり、
2階の奥の壁は空気じゃなくなったらしい。
あの状態を見たのは私達までになったのかもなあ。
なんだか感慨深いです。

夜は練習。でも動き足りない。
おととい、昨日に続き、練習参加者は子供がメインで上の帯の大人があまりいない。
部屋いっぱい。

ブラジルの滞在期間は19~27の8日間。
8日のうち4日は、ホーダ、特別野外授業、セクエンシア大会、バチザードとトロッカ・ジ・コルダス。
なので練習は水曜日の今日で前半は終わり。あとはイベント後の月曜日1日だけ。
話には聞いていても、まだ練習で会ってない人がいっぱいいる。リリウとか。会えるかな~。
あ、でも昨日は、マテウスに会いました。
かわいかった。子供は声がかわいいね~。
こんな小さな華奢な子が、育つとヴェフメーリョのようになるなんて。

夜はトニーがアカラジェとアバラーのお店に連れてれて行ってくれた。嬉しい。
魚の背びれの像の近く、Rio Vermelhoにある椅子が赤いお店。
「Casa da Dinha do Acarajé」。
一面赤かったけど、黄色い椅子もないわけじゃなかった。
魚の背びれ。岸部のいたるところに彫刻とかがある。赤いアカラジェの店

Acarajéは揚げて、Abaráは蒸してる違いみたい。
アカラジェ6へアイス。
メニュー表アバラ。お皿に盛るタイプ。

もう一品、追加でオーダー。
章恵ちゃんはエビが食べられず量を食べれてないので、彼女に好きなメニューを選んでもらった。
これもおいしかった。ナイスチョイス。
追加の。おいしかった。

初バス!1乗車2.8へアイス。
どのくらいしんどい乗り物かと思ったけど、みなで乗ると楽しいくらい。
正面のガラスに「TARIFA2.80」。乗るのは後方扉から。バス~。

明日はいよいよホーダ。イベントの始まり。
ホーダはいっぱい来るかな~。お菓子、明日配るよ~。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド