緑帯の㊧の場合 - 君の腹は目覚めているか?!

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2008/03/16(日)
雨の金曜日の今日は練習の参加者も少なめで、メンバーは二人のみでした。

今日は回転系の蹴りから出来るだけその回転を利用して移動するというもの。カポエィラの基本動作である回転運動の練習でした。



回転運動、ひいてはすべての蹴りの動作の基本は「体幹(=胴体の中心。お腹の部分)」です。カポエィラにおいて、目や耳、ひいては脳は体幹にあります。体幹の判断により、手足が動くのです。



「足も手もお腹から伸びている。」



とは、竜太さんがよく言いますが、これは体幹を意識するということを、よく表した言葉だと思います。



体幹の重要性は身体の動きだけではありません。カポエィラに不可欠の音楽においても同じです。



新宿在住の鬼才、ミュージシャンの菊地成孔さんの講義本で、「ダンス」について論じている部分があります。そのなかで、ヨーロッパとアジアとアフリカのダンスの特徴を比べている部分があるのですが、このなかでアフリカのダンスに関する部分をちょっと引用します。



**



『アフリカ型のリズム/黒人リズム感の秘密』



ヨーロッパの足がガチンガチンって、ステップを踏んでいって、で、手の形は決められていないダンス。その逆に、手のニュアンスでリズムを繊細に分節していく、下半身はシンプルかつフレキシブルでいいアジアのダンス。で、もう一つ。手とも足とも違う、首から腰にかけての部分 ― これを我らがトニーティーは「体幹」と言っていますので、僕たちもそれに倣いますが、「体幹」を使ってリズムをとるダンス、っていうものがあって、これがアフリカ型のリズムの刻み方です。



(中略)



そんな彼ら(アフリカ人)の踊りはヨーロッパ的なステップともアジア的な手踊りとも違って首から波打たせたリズムのパルスを身体全体に共振させて、で、上下に身体をゆすって飛び跳ねるって動きが基本になります。手や足のフィギュアを変化させることでリズムを導くのではなくて、末梢部分の力は抜いておいて、体幹の動きを手足に伝えるようにして手足を動かす。体幹で作り出されるリズムって入るのは波打っていますから、途中で止めないで上手に流すと一定の周期を持った反復運動になって、トニーティーさんはこうやって作られるリズムのことを「パルス・リズム」、リズムの波をブロックしないで身体の隅々まで伝えていくことを「インターロック」と呼んでいます。



**



最後のほうは、ちょっと専門的すぎますが、このくだりは非常に面白く、できればもっと引用したいくらいなのですが、控えておきます。興味のある方は、本をご紹介しますので、是非。



つまり、アフリカ系のリズムはまず、体幹で「聞き」、そこから手足の動きへと波動していくのです。体幹はまさに耳なのです!リズムを体幹で感じること。これはアフリカからやってきた黒人奴隷発祥のカポエィラにも脈々と流れています。



ちなみにアジアの踊りの特徴は、身体の動きはシンプルに、そのかわり手の動きで表現をする。上半身が主導のリズム文化です。代表的な例が盆踊りです。そしてパラパラはアジア的ダンスの現代形です。



これを踏まえると、日々のホーダで、手拍子が単調になってしまうのはアジア的な踊り、手だけを動かすような踊りから抜け切れていないからかもしれません。リズムも回転も、お腹から生まれてきます。歌うときはお腹の底からリズムを感じて、それが最終的に手拍子に繋がるような意識(気がついたらいつのまにか手拍子が!)が必要なのでは。アジアからアフリカへ、そして海をこえてブラジルへいかねばならぬのです!



はじめてプロフェッソール・フラカォンがビリンバウを弾いているのを聞いたとき、彼のお腹にはもうひとり小人が潜んでいると思いました。お腹にいる小人が踊っている。そのぐらい体幹がリズムに躍動していて、そのリズムがビリンバウという楽器を伝わって音となって放出されているのです。



とはいえ、言うのは簡単ですが、実際に行動するのは難しく。私のアルマーダの体幹は眠っています。でも、意識するのとしないのとでは、違いますよね・・・。少なくとも、音楽で体幹を興すようにがんばります。

~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエィラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!




関連記事
この記事へのコメント
これ僕の卒業論文より内容が濃いです
2008/03/16(日) 13:31 | URL | 松尾 #-[ 編集]
体幹を意識する。
漫然と練習しては上手くなりませんよね(>_<)
ひとつひとつの動きに意味を持たしていきたいです・・・
2008/03/16(日) 20:15 | URL | 島津 #-[ 編集]
意識はしても、なかなか自由に体幹をコントロールするのは難しいですね。
でも意味がわかるようになると、楽になるかも・・・とは日々感じています。

幸明、その卒業論文、帰ったら話聞かせてね。
2008/03/16(日) 20:48 | URL | ㊧ #-[ 編集]
腕はおなかと言うより背中から伸びてるんっすよ!

あとトニー・ティーの黒人リズム感の秘密は持ってるので借りたい人どうぞ。
2008/03/16(日) 22:24 | URL | 竜太 #X.Av9vec[ 編集]
わ!ごめんなさい!
腕は背中からのほうがしっくりきますね。
鳥みたいですね。
2008/03/17(月) 01:35 | URL | ㊧ #-[ 編集]
近頃ランニングの分野でも注目されてますよね。
でもすごく難しそうだ・・・
2008/03/17(月) 01:41 | URL | Forte #-[ 編集]
揺すれ体幹!

体幹を知るということはすなわち己のからだを知るということ。

小人を覚醒させるんだ。小人は何でも知っている。
2008/03/17(月) 23:42 | URL | さやか #-[ 編集]
なかなか起きないですね、小人。
やはり音楽に躍動するのが一番いいのでしょう。
2008/03/18(火) 00:31 | URL | ㊧ #-[ 編集]
すごいですね~。
その根幹は音楽にあり。なんですねぇ。
勉強になります。。。

何か遠い話に聞こえないように
精進します…あぅ
2008/03/18(火) 07:18 | URL | ハタナカ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド