「11/17(土)ロンドンの時差はマイナス9時間。なので今日も17日。」ブラジル旅行記2012Arraia編 11/17(土) 黄帯のArraia

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/01/11(土)
11月17日(土)

場所はロンドン、ヒースロー空港、第1ターミナル。
現地時間15時30分に到着して、
肌寒い空。

5時間の乗継時間を消化。
サンドウィッチいろいろ。どれもおいしそう。乗継までの間。フィッシュ&チップス。

出発は20時45分。

乗継のマーク。トナカイみたい。

サンパウロ行きの搭乗ゲートの列に並び、
パスポートなどを出して用意していたところ、
どこからか、チケットがないね、と。
そう…ね…。どうするんだろうね。

どうにかなるよ~。
そうなんでしょうか?
海外居住経験あり、海外慣れしている桃ちゃんが、
慌てないよう落ち着かせようと思ってか、そう言っていますが、
始まった胸騒ぎは止まりません。

ゲートのセキュリティでパスポートを見せ通過。
チケットの半券を切る所に来ました。
「ボーディングパスは?」って、言われても持っていません…。
チケットが必要みたいだけど…。
どういうこと…?

なんとチェックインが、ロンドンで必要だったのです。
成田でしたのは、成田→ロンドンの
ヴァージンアトランティック(以下VA)運行便のみ。
ロンドン→サンパウロ TAM航空
サンパウロ→サルバドール TAM航空
この2便はロンドンでチェックインする必要があったのです。
チェックインして初めてチケットを手にできる。
だからチケットを持っていない。
言われて思えば、第1ターミナルの手荷物検査を通ったあとに、
カウンターらしきものがあった、…ような?
あそこがチェックインカウンターだったの?

eチケットのばか!荷物ピックアップなしのばか!
勘違いしちゃったじゃないかー!

後になってこんな風に、ばか!とか書くこともできますけど、
ほんとのばかは自分達なのは分かりきっていて。
口から出そうになるのは、あの時ああしとけば、という後悔の言葉ですが、
言っても現状が改善されないどころか沈むだけなので口をつぐむ。
誰もそういうことは話さなかったね。
私はそこが、大人で素晴らしいなあ、よかったなあと思いました。

しかし頭の中はぐるぐると暗闇の中に…。
…ぐるぐるぐるぐる……………………………………。
……ぐるぐる……暗闇に落ちてる場合ではないのです。

動揺を抑え、それでも高ぶってるけど、
ほんとに乗れないのか、どうやったら乗れるか、再三確認。
結局、15分前にクローズしたチェックインは、二度と開くことはなく…。
サンパウロに行く便は、1日1便ということが判明…。
当日中に別便で飛ぶ希望は断たれ…。
手続きに、ロンドンまで来た航空会社VAに戻れ、と…。

英語のできる桃ちゃん。
やりとりの中で、「What can I do?」と言いました。
その言葉、学校で勉強したよ。
ああ、まさにこの現状にぴったりのフレーズですね。

この時、ロンドンは夜の8時。

何も知らなかったあの頃。

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド