「ブラジル料理を教えてもらったよ!夜は泣きすぎてひからびてたよ!」ブラジル旅行記2012あきえ編 11/26(月曜日) 緑帯のあきえ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2013/01/14(月)
11月26日(月)

約束どおり、7時半にエレーナの家へ向けて出発。
私たちと、アニー、エレーナ、そしてジエゴの6人。
バスとタクシーを乗り継いでいくことが決まっていた。
th_2012-11-26_001.jpg


エレーナの家はコスタ・アズウ、
トニーママの家の隣町にある。
高台にある
ビーチがよく見えるきれいな家です。
エレーナは2匹の犬を飼っていた。

エレーナの家にやってきたのは、
アニーにお料理を教えてもらうため。
私は出国前にアニーに
お料理を教えてほしいと伝えていた。
ところがCasa14のキッチンは
まだリフォームが終わってはいなかった。
アニーはそれを気にしていたらしく、
場所をエレーナの家に変えて
教えてくれることにはからってくれた。
こういった気遣いのひとつひとつが本当に嬉しく感じる。

まずは朝ごはん。
パン、ハム、チーズ。パネトーネもあった。
th_2012-11-26_003.jpg

エレーナの家はハーブティーが常備されていた。
右のシデイラ(レモングラス)をいただく。
th_2012-11-26_004.jpg

卵ボーロに似ているお菓子もちょっともらう。
th_2012-11-26_005.jpg

朝食の片付けをして、お料理開始。
昼食のメニューは、
ムケッカ・ジ・カマラォン、
フェイジョアーダ、
Casa14特製ガリーニャ(鶏肉のトマト煮)、
じゃがいものピューレ、
お鍋で炊いたお米。

ももこさんとジエゴが遊んでいる声をBGMに、
アニー、のりこさん、私の3人は
おしゃべりしながらお料理をしました。

アニーの手際は美しい。
これは煮る前のムケッカ。
煮る前のお料理がすでにきれい。
th_2012-11-26_006.jpg
th_2012-11-26_007.jpg
th_2012-11-26_008.jpg
th_2012-11-26_009.jpg

そしてガリーニャ。
アニーはていねいに鶏肉の皮と脂を
とりのぞいていく。理由を聞くと、
皮とそのまわりはコレステロールがたっぷりある、
健康に良くないと言っていた。さようなら皮。
th_2012-11-26_010.jpg
th_2012-11-26_011.jpg

ムケッカとガリーニャは基本的に水を使わない。
食物がもっている水分だけで煮込まれる。
アフリカ料理と似ている。

じゃがいもを3人で剥く。
まな板は使わない。
お米は片手鍋で炊く。
フェイジョアーダは鍋に入れる。
6つあるコンロを5つ使う。
アニーは電子レンジや炊飯器は
便利だけれど使わないと言っていた。

あとは煮るだけ。
適度にお鍋を見つつ、
お料理に火がとおっていくのを
鼻をくんくんさせながら感じていました。
th_2012-11-26_013.jpg
th_2012-11-26_014.jpg

じゃがいもはつぶしてピューレ状に。

ビアを待って昼食。
th_2012-11-26_015.jpg
th_2012-11-26_016.jpg
th_2012-11-26_017.jpg
th_2012-11-26_018.jpg
th_2012-11-26_019.jpg
th_2012-11-26_020.jpg

ばっちり教えてもらったので
日本でも作れそうだ。

昼食後、エレーナは仕事に出かけた。

昼からはショッピングバーハ。
ビアが連れて行ってくれることになった。
私たちだけでは心もとないと思っていたのでとても嬉しかった。
ももこさんは疲れていたので、
アニー、ジエゴと一緒にCasa14に戻った。

ショッピングバーハに到着。
ここでのりこさんの物欲が炸裂した。
次から次へとお店に入っていく。
そんなのりこさんを2人で見守る。
ビアは、アハイアはほんとうにお買い物が好きね、
と笑っていた。

ビアが日本で見つけてほしいものがあると言っていた。
あれば知らせる、と伝える。

本屋でワールドカップの歴史本を発見する。
サッカー好きのビアと装丁好きの私2人で
立ち読みをする。
th_2012-11-26_022.jpg
th_2012-11-26_023.jpg

もう1冊、芝生が表紙のスポーツ専門誌も
2人で立ち読みする。その間も
のりこさんは戻ってこなかった。

ここで会社へのお土産を買う。
飛行機で配られたマラクジャクリームの入った
キャラメルがあったのでそれを買う。
CD屋でチンバラーダのCDを買った。

ビアおすすめのチョコレート屋さんを教えてもらう。
お店を出たところで、今日の記念と言って
ビアがチョコレートをくれた。
私も内緒で、案内の御礼として
ビアにチョコレートを買っていた。
はからずもプレゼント交換となった。

だいたい18時ごろにショッピングバーハを出る。
この近辺は夜に出歩くと危ないとのことで、
ビアは車を持っている友人を呼び出していた。
ビアさすが。ありがとうアンドレーさん。

バチザード翌日ということもあって、
メストゥリ・トニーは疲れていた。
子どもクラスはお休み、
19時半からの大人クラスのみ。
今日の練習は筋トレと2人で組んでのジョーゴが中心。
th_2012-11-26_024.jpg

だいぶ慣れたのか、
リラックスして望むことができたと思う。
いつもやらない動きをしてみたり
(お返しされた)、
いつもはされないケーダをかけられたり
(きれいに転んだ)。
できないことはたくさんあったが、
練習はほんとうに楽しかった。
これが最後の練習かと思うと、
ホジーニャのときから
涙があふれてもう前が見えなくなっていた。

今日は私たちの練習最終日だったため、
練習後は集まってお別れのあいさつ。
メストゥリ・トニーがみんなに対してこう言った。

この3人は、日本での仕事や生活があるにもかかわらず
こうしてブラジルのバチザードを祝いにやってきた。
たくさんのお金や時間を使ってだ。
3人に対してみんなはどう思うか。

生徒たちが意見を言う中、
10年も続けて日本に来てくれている
メストゥリやプロフェソールを
本当にありがたい存在だと思っていた。

その後はおわかれのあいさつをする。
ブラジルに来れて、みんなに会えて良かった。
 みんなを家族と思って過ごしていました。
 心からそう思います」
上手く伝わっただろうか。

つづいてももこさんとのりこさんも
おわかれのあいさつをした。

最後は記念撮影。
th_2012-11-26_026_20121225210001.jpg

練習後に2階に戻ると、
ヴェフメーリョがやってきた。
明日は仕事で見送りに行けないから、
お別れを言いに来た、と言っていた。
私はまだ泣いたままだったから、
ヴェフメーリョは笑って
またすぐに会えるから、と言ってくれた。

シャワーを浴びてビア、
のりこさん、
ももこさんと一緒にSPEEDへ。
マラクジャのジュースとスピージバーガー。
最後のばんごはんもおいしかった。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド