「最後の海。また泣くし。これから長い旅を経て日常に戻るんだな~。 」ブラジル旅行記2012ももこ編 11月27日(火曜日) 緑帯のももこ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2012/12/24(月)
11月27日(火)

今朝はアニーがサンラザロ地区を案内してくれた。

192.jpg

193.jpg

Casa14から坂道や階段を上がったところに協会があって
お祭りの時は白いバイアーナのカッコをした女の子たちがこの2kmの道を歩くのよとか
協会の前に転がってるポップコーンは体を清めるためだとか
(アニーは洗うという表現をしていたけど)
色々な話をしながら案内してくれた。

194.jpg

195.jpg

あと、アニーはこの周辺に住んでて
経済面や健康面で問題のある人たちのサポートをしてるんだって。
それが私の仕事なの、と。

200.jpg

198.jpg

199.jpg

202.jpg

201.jpg

そのあとはバスに乗ってCasa de Yemanja に行った。

203.jpg

204.jpg

207.jpg

206.jpg

すぐそばで漁をしているらしくほんの少しだけど魚があげられてたりする。
のりちゃんがそれがアグーリャだということに気がついて
松田さんのためにと写真を撮った。
下あごがとんがってる。

208.jpg

209.jpg

Casa14に帰るとトニーが海に行くと言っている。
急いで準備をして階下のアカデミーアに行くと
あきえちゃんとトニーが日本に持って帰る予定のバチザードTシャツを数えていた。
どうも数があわないらしい。
実はバチザードで私とのりちゃんが着るTシャツが頼んだサイズでは小さく
トニーに替えてもらっていたので余ったバチザードTシャツの数があわなくなったというわけ。
しかも掲示板のやりとりを思い起こすと
確かshokoちゃんがサイズ変更を申し出るのが遅かったはず。
きっとトニーにうまく伝わらずそのまま注文されてしまったのだろう。
何度も数え直しして色々思い出してようやく納得。
まぁ、よく聞く話ではありますが…。
そこは一度着たシャツで申し訳ないが私とのりちゃんが着たバチザードTシャツは本来の持ち主に返し、
サイズ変更が間に合わなかった人にはピチピチで着てもらおう、ということで解決したのでした。

さて、気を取り直して海に行くぞ、
ということでトニーが持ってきたのはゴムボート。
オールもついてる。
すげー!
でも、せっかく組み立てていざ海へ行こうとすると
3人乗りだから一人ずつ交代で岸で待てというトニー。
しかも一度トニーが単独で海に出ると風が強くて流される、流される。
岸に残された3人はトニーどこ行くの?
どうしたらいいの?っておろおろ。
結局ボートは無理だね、ってことになって普通に素潜りした。
今日はトニーが案内してくれたので安心して沖の方に行けた。
でも風があって水が濁ってるからあまりよくないと言っていた。
もっと大きい魚もいるんだぞ!と話していた。
竜太先生の期待を裏切って悪いけどピナウナは踏まなかった。

海から帰ってお昼ご飯を食べているところに
トニーの携帯にメストレマルコから電話があった。

20121128a_20121215170108.jpg

20121128b_20121215170108.jpg

20121128c.jpg

電話では声が聞き取りにくく、ただでさえポルトガル語聞き取るの大変なのにと思って
ドキドキしながら電話した。
わかったのは「君たちがいなくなると寂しいよ。よい旅を。」
と言ってくれたこと。
色々プレゼントをいただいたうえ、わざわざ電話までありがたい。
でも最初に電話に出るように言われたのはやっぱりあきえちゃんだった。

20121128d_20121215170110.jpg

Casa14に帰ると今度はメシカーノから電話。
さすがのメシカーノは私が聞き取れるように
一言一言ゆっくり話してくれる。
今日は仕事で見送りに行けなくてごめんね、
来年また日本に行くからね、と言っていた。

荷物を詰めていると今度はトニーママから電話。
トニーママのポルトガル語は他の人よりもかなり聞き取りにくい。
すごく困った。
でもこの時はトニーが目の前にいて
「Muitos Beijos」とか
「また会う日まで」とか
言うべき言葉を誘導してくれた。

荷物を詰め終わって外に出るとサペッカとデンチーニョと
他何人か子供が見送りに来てくれた。
サペッカはペットボトルで工作したお花と手紙をくれた。
あなたたちのように素敵な人たちを他に知らない、
明るくて楽しくて大好きよ、みたいな内容の手紙。
思わず泣いてしまう。
するとまた「泣いた、泣いた~」と大人をからかうんだ、この子は。
まったく小憎たらしい。

210.jpg

空港へは近所でインターネットカフェを経営しているジョッタが車で送ってくれた。
ジョッタは一時的にお店を閉めて車を出してくれた。
ありがとう、ジョッタ。

ところでカウンターでチェックインしようとすると
どなたも予約がありませんという。
予約番号あるいは名前を間違えて伝えたためだろうか?
トニーがそんなわけないだろ、もう1回確認してみろ、
と言ったらやっぱりあったみたい。
でもすみませんの一言もなく、何事もなかったように
荷物にタグをつけていくお姉さん。
その態度になぜか私はブチ切れて
日本語で叫んでしまいました。
するとカウンターを離れて歩いていく途中で
トニーは肩を抱いて歩いてくれる。
よしよし、ってかんじで。
こういう時どうしてトニーは
すかさずフォローに来てくれるんだろう。
涙が出た。

最後に出発ゲートでお別れ。
ビアとトニーとハグしたらやっぱり涙が出てしまう。
ビアはあなたが大好きよ、と言ってくれた。
トニーは何か言ってたような気もするけどあまり覚えてない。

211.jpg

荷物のセキュリティーチェックを終えるとなんか3人で変な脱力感に襲われた。
これから長い旅を経て日常に戻るんだな~。

212.jpg
関連記事
この記事へのコメント
魚の写真ありがとう!いつか食ってみたい。
2012/12/25(火) 12:00 | URL | 松田 #-[ 編集]
>松田さん

どういたしまして~。
ぜひブラジルで!
2012/12/25(火) 12:23 | URL | ももこ #-[ 編集]
こんなところで登場してたとは。。
バチザードTシャツありがとう!

もちろんぴちぴちですが、ちゃんと着ますよ~
2012/12/25(火) 15:57 | URL | shoko #-[ 編集]
>shokoちん

はい。
ちゃっかり登場させてました。
あきえちゃんが持って帰ったぴちTいっぱい着てくださいね!
2012/12/26(水) 00:05 | URL | ももこ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド