「チェックインド忘れ3人娘とファッキンおじさん」ブラジル旅行記2012ももこ編」 11月17日(土曜日)@ロンドン 緑帯のももこ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2012/12/14(金)
11月17日(土)@ロンドン・ヒースロー空港

成田を出発してから12時間かけて経由地のロンドンへ。
乗り替えまで5時間もあるよー何するー?
なんて言いながらヒースロー空港内をふらふら。
無事出発出来たことにすっかり安心し初めてのイギリスに心踊る私たち。
カフェを見つけて「せっかくイギリスに来たんだし」とフィッシュ&チップスを注文。
美味しいは美味しいけど魚に下味とか全然つけないのね。
「味ないねー」とか言いつつはしゃいで写真を撮ったりしました。

11-17ロンドン

londres1.jpg

で、ようやく搭乗口があいてゲートにたどり着いた時にそれは発覚したのです。
あきえ「乗ってきたチケットの半券しかないよーこれでいいのー?」
のり「ホントだーどうするんだろうねー」
もも「まぁ、いいんじゃん?なんとかしてくれるよー」
…で搭乗口でパスポートを見せたところ
「15分前にチェックインを締め切っているので搭乗できません」
なんと。
ヒースロー乗り替えの前後で航空会社が違うので
再度チェックインをしなければいけなかったのを
3人が3人とも失念していたのです。
「なんで?どうにかしてお願い」
とごねてみたけど無理でした。

乗るはずだったTAM航空では対応できないので
乗ってきたヴァージンアトランティック航空(以下VA航空)
に問い合わせろと言われ
第1ターミナルからバスを乗り継いで第3ターミナルへ。
VA航空はVA航空でうちでは対応できない、
TAM航空に相談しろと。
無駄足!!

でもVA航空の話を聞いてくれたおじさまがそれはそれはいい人で
何度もTAM航空に連絡してくれて親身になって話を聞いてくれて
私たちちょっとなごみました。
そばにいた同僚のおばちゃんには「エンジェル」と呼ばれていて
本名かあだ名かはわかりませんがその時の私たちには
本当に菩薩のように見えたのです。
しかし、キャンセルがきかない、代わりの便もない、
ということでいよいよブラジルに行けず帰る可能性が濃厚になり
私はイギリスの観光地や宿泊施設のことに一瞬考えをめぐらせました。

エンジェルの助言もあり、最後の頼みで旅行会社に電話したところ、
あっという間に話を理解してくれて翌日の代わりの便を探してくれました。
旅行会社ってすごいですね!!
「1日遅れるけどブラジル行ける!大丈夫じゃん!」
と私はそれまでの航空会社の人たちとのやりとりもあわせ
なんだかアドレナリンが出まくって眠気もとびました。
お金は若干張るけど、まぁいいんじゃないの!?
ここまでで出発予定時刻を2時間以上過ぎて夜の11時。
のりちゃんはこの辺りで思考が停止したらしく
目が虚ろになっていました。

で、話に聞いたことはあったけど自分には絶対縁がないと思っていた空港泊です!
空港内で快適な寝ぐらを探して休もうとしていたところ
「皆さんGATE2へ移動してくださーい」
と空港職員にGATE2へどんどん追いやられる。
空港泊初心者なのでよくわからなかったのですが
照明や暖房の節電とかがあるんですかね?
そこここで眠り込んでいた人たちが一つの区画に詰めこまれます。
私はホロコーストみたく虐殺されるんじゃないかと妄想して
のりちゃんに話したら同じことを思っていたみたいでした。
長く一緒にいると思考が似てくるんでしょうか?

そして3人各々思い思いのかっこで寝に入り…
といきたいところですが私はなんだか興奮が残ってて眠れず
こうして日記を書いています。
やや遠いところで赤ちゃんがほげほげ泣いてお母さんが大変そう。
目の前のおじさんが赤ちゃんの声に反応してか低い声で
「フ○ック…フ○ッキン…」
とつぶやきながら寝ていたのが今日の一番怖い出来事でした。
関連記事
この記事へのコメント
「ロンドン観光ができていいなー」なんて言われてたんだよ・・・
2012/12/16(日) 11:17 | URL | 可児 #ySYvuo.c[ 編集]
>可児さん
そんな心のゆとりはございませんでした・・・(笑)
2012/12/16(日) 23:45 | URL | ももこ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド