「サルヴァドール観光」ブラジル旅行記2012あきえ編 11/20(火曜日) 緑帯のあきえ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2013/01/07(月)
11月20日(火)

5時半に起床。
自分の部屋ではなかった。
足がかゆい。見ると10箇所ほど蚊に刺されていた。

耳をすますと、
のりこさんとももこさんの話し声がした。

アニーに蚊に刺された話をすると、
酢をすりこんでくれた。
いいことを覚えた。

6時頃、アニー、ジエゴと一緒にビーチへ出かける。
オンジーナの海は透き通っていて
底が見えるくらいだった。
私は水着を着ていなかったから写真係。

th_R0012637.jpg
th_R0012666.jpg
th_R0012667.jpg

ジエゴと砂で遊ぶ。
ジエゴは産まれた時から
体の左側が思うように動かせない。
右手ばかりを使うジエゴに対して、
アニーは左手を使うような砂遊びを促していた。

その間にアニーはたくさん話しかけてくれた。
今日はカポエィリスタのConferenciaの話。
踊るだけならダンサーであってカポエィリスタではない。
戦うだけなら格闘家であってカポエィリスタではない。
カポエィリスタはたくさんのことを知っていなければならないこと、
相手を思いやる気持ちを持っていることが重要。
そして、女性カポエィリスタとして、
毅然と、胸を張って、行動していけるといいわね、
そう言っていたと思う。

朝は近所のパダリーアでチーズをはさんだパンを食べた。
朝からこんなに食べてよいのかと思うくらい
大きなパンだった。
th_R0012676.jpg


10時ごろ、約束どおりヴェフメーリョが迎えにきた。
ヴェフメーリョの車は黒色のフィアット。
後部座席にはのりこさんとももこさんが座っている。
助手席に座ってドアを閉める。
ヴェフメーリョに、ゆっくり閉めろ、と怒られた。

窓は全開にされ、
フィアットは走り出した。
車内は大音量のチンバラーダ、
それにあわせて歌うヴェフメーリョの歌声であふれる。
ときおり手拍子やリズムをとるために、
ヴェフメーリョはハンドルから手を離すことがたびたびあった。
助手席からそれを見ていて
事故を起こさないで運転できる彼に感心した。
th_2012-11-20_222008.jpg

今日は、ボンフィン教会、セーハ灯台、
それと対になるバーハ灯台へ
行くことになっていた。

途中、大きなエレベータや市場がある地域を通り過ぎる。
エレヴァドール・ラセルダ、メルカド・モデーロ。
ここは観光地で有名だが
今日は混雑しているため
別の日に行くことがヴェフメーリョから知らされた。
連れて行ってくれるのはフラカォン。
th_2012-11-20_001.jpg


途中の路上で、
メストリ・ザンビのカポエィラグループが
イベントを行っていた。車を降りて見に行く。
ヴェフメーリョはカポエィラ・テンポの
ロゴとマークの入ったタンクトップを着ていたため
グループの人に呼ばれ、
飛び入りでお祝いの言葉を述べていた。
th_2012-11-20_002.jpg


そのあとはソルヴェテリア・ダ・ヒベイラ。
th_2012-11-20_000.jpg

アイス屋さん。
種類がたくさんある。
th_2012-11-20_003.jpg

それぞれアイスを注文。
ココナッツ。うまい。大好き。

さきほどのイベントをアイス屋さんから観る。
するとプシャーダ・ジ・ヘージが始まった。
(プシャーダ・ジ・ヘージは渡航の前週、
ワークショップで体験したばかりで記憶に新しい。
さやか先生ありがとうございます)

アイスを食べ終えたヴェフメーリョは
さきほどのイベントを間近で観ようばかりに私たちを促した。

実際のプシャーダ・ジ・ヘージに感動していたら
ホーダが始まる。ヴェフメーリョはホーダに入っていった。
うらやましい、などと思って写真を撮る。
するとグループの女性が声をかけてきた。
入ってもかまわない、と言っていた。
お言葉にあまえてホーダに入る。感謝。
th_2012-11-20_004.jpg
th_2012-11-20_005.jpg
th_2012-11-20_007.jpg
th_2012-11-20_006.jpg
th_2012-11-20_008.jpg
th_2012-11-20_009.jpg

イベントに別れを告げ、再び車で出発。

チンバラーダのライブハウスを教えてもらう。
実際に聴いて感じてみたかったが
日程上、行ける機会はなさそうだ。

マンジョッカが積まれたカートをみかける。
これを蒸かすと昨日食べたアイピンになる。

ボンフィン教会に到着。
th_2012-11-20_010.jpg

お土産を買ってもらおうと
お土産屋が寄ってきた。
いらないよ、と言っておく。


教会に入るとすぐに、
ヴェフメーリョはお祈りを始めた。
私は高校生活を懐かしく思いながら、
教会に対してお辞儀をした。十字はきらない。
th_2012-11-20_012.jpg
th_2012-11-20_011.jpg


ヴェフメーリョはお祈りを終えると、
無言のまま礼拝堂右手にある部屋へ入っていった。
ここで神父様になにかの儀式を受けていた。
部屋から出てきたヴェフメーリョは
白いフィッタの束を持っていた。

待っている間、天井を見上げると
たくさんの手や足、体の一部が吊るされていた。
th_2012-11-20_040.jpg

治したい部位のマネキンをつるすと、
良くなるご利益を願っているものだった。
マネキン屋は儲かっているのだろうかと考える。

ボンフィン教会から出るとすぐに、
ヴェフメーリョは白いフィッタを
私たちにつけてくれた。

ヴェフメーリョは私の左手首にフィッタをつけた。
流れ星のような早さで3つの結び目をつくる間に
3つのお願いごとをする。
笹森先生がつけてくれた白いフィッタがまだ残っていたが
2つつけても問題なさそうだった。

残りのフィッタは教会を囲む柵に結わえられた。
th_2012-11-20_013.jpg

th_2012-11-20_014.jpg


次はセーハ灯台。
ヴェフメーリョは私たちを撮影するときに
「Capoeira!!」と叫んだ。慌ててカポエィラのポーズ。
th_2012-11-20_015.jpg
th_2012-11-20_016.jpg
th_2012-11-20_018.jpg
th_2012-11-20_017.jpg


アグア・ジ・ココの店に寄る。
冷たくてどんどん入っていく。
飲みきった後は、殻を割って中の果肉を食べる。
豆腐か蒟蒻かそんなかんじ。
th_2012-11-20_019.jpg
th_2012-11-20_020.jpg


セーハを出て、コースには無かったが
市場に寄ることになった。
ブラジルの食材を見てみたかった私は
この機会をとても嬉しく思った。

ヴェフメーリョに20ヘアイス貸す。

市場にはたくさんの食材、雑貨、楽器があった。
生ものもあるから当然臭う。でも気にしない。
th_2012-11-21_010158.jpg
th_2012-11-21_010237.jpg

ヴェフメーリョは果物や野菜を買いこんでいた。
買い物の様子が慣れたものだったから、
ヴェフメーリョは料理をする人のように推察した。
次に会ったときに聞きたい。

茶色いさやの果物をもらう。すっぱい。

バーハ灯台でもやはり「Capoeira!!」だった。
th_2012-11-20_021.jpg
th_2012-11-20_022.jpg

カポエィラをしていない写真も撮った。
th_2012-11-20_023.jpg

Casa14近くの銀行で、ヴェフメーリョはお金をおろした。
20ヘアイス返してもらった。

昼食は昨日と同じ鉄板屋へ。
牛肉の赤身とピカーニャを焼いたもの
(Carne na chapa)を注文。
アイピンうまい。大好き。
ケブラ・ケイショも大好き。

日本語の「乾杯」は
ポルトガル語で「Tim Tim」という。
来日したとき、彼らは笑いながら
このフレーズを口にしている。
一緒に食事をする機会があれば聞いてみてほしい。

これの日本での意味を教えたのはMoleque de ouroこと
正太郎先生だということがわかった。

帰宅。ヴェフメーリョに頼まれていた荷物を渡す。

アニーとFacebook経由で会話。
明日の朝もビーチに行く約束をした。

今日はジエゴの誕生日だった。
みんなで風船をふくらませ、部屋を飾った。
th_2012-11-20_024.jpg

お誕生日ケーキはチョコレート。
th_2012-11-20_025.jpg

ジエゴは今日で4歳になった。おめでとう。
そんなジエゴは風船を割って遊んでいた。
フラカォンがプレゼントを持ってきた。
包みを開けると、おもちゃのトラックが入っていた。
ジエゴは小躍りして喜びを表現していた。
th_2012-11-20_026.jpg

th_2012-11-20_027.jpg


そろそろ練習の時間になった。
夜はセクエンシアを中心に練習。
ももこさんと組む。
右足から始めるパターン、
左足で始めるパターンの両方やることになった。
緊張、練習不足、たくさん間違えた。
このあと、幸運なことに、メストゥリ・トニーに
セクエンシアのけいこをつけてもらった。
アウーの速度が遅いこと、
セクエンシアの合間にジンガを入れないで
すぐに始めることを指摘してもらった。
ありがとうございます。
th_2012-11-20_028.jpg
th_2012-11-20_029.jpg
th_2012-11-20_030.jpg


最後はホジーニャ。
歌う機会とパンデイロをたたく機会がもらえた。
歌っていたら顎が外れだしたので
数曲でやめることになった。残念。
そしてパンデイロの音が弱いから
もっと強く叩くよう、メストリからアドバイスをもらった。

今日は、赤帯のトゥカーノ、黄帯のフォーリャ、
子ども青帯のマテウス(ヴェフメーリョの息子)、
帯なしのカミラ、サペッカとはじめましてのあいさつ。
マテウスはヴェフメーリョにそっくりだった。
サペッカというアペリードの生徒は日本にもいる。

右から2人目がフォーリャ。
th_2012-11-20_031.jpg

中央がカミラ。左の子(子ども青帯)は
名前を聞きそびれてしまった。ごめんなさい。
th_2012-11-20_032.jpg

右端がトゥカーノ、その隣がブルーノ。
th_2012-11-20_033.jpg

夜は近所のバーガー屋、Hallでとる。
オレンジジュースとアバエテーというサラダを3人でシェア。
サラダにはマンゴが入っていた。
サラダにフルーツはちょっとと思ったがうまかった。

気がついたら午前2時。
1日が早い。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド