「耳鳴りがするような強烈な7月」7/29 黄緑帯 藤井

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2012/08/25(土)
バチザードです。
主に土日に練習に出ている自分としてはブラジルフェスタの前後から仕事の面でも忙しく、練習らしい練習にはあまり参加できずに、「シバータってどうやるんだっけ?あれ?えーと…」という、古来からの意味でマジでヤバいぞという焦りと、ブラジルフェスタでの今でも思い出の耳鳴りがするような強烈にハッピーなイメージをひきずりつつの参加でした。
(夕方に他団体の演奏にトニー先生達が混じり、続いてボルボさんらがサンバに加わり、自分も勢いで輪に入ってしまった、そんな超楽しい瞬間もありました。バチザードとブラジルフェスタが重なる事ってめったにない事なんですよね。少しの時間でも踊れて良かったーー)

バチザード当日は会場の設営などでいい感じに走り回ったお陰か、緊張感を意識する暇もなく、あぁもうそんな時間なのーって感じでした。
ホーダが始まってしまうといつもは「えっ、何をやればいいの?」と引っ込み思案になっているところなのに、先生方に次々と転ばされている同期の人達を見て、「もう、何やっても受け止めてくれるから、あれこれ考えず、やるだけやればいいや」という、なんというか投げやり且つ、非常にリラックスした気持ちでジョーゴに入ることが出来たかなと思います。

相手をしていただいたのはバントスのCacapa(カサパ)先生。
第一印象は物静かながら信念のある眼差しで、さながら宣教師のような方だなと思ったのですが(だから、優しくしてくれるのかなという期待含む…)、始まってみれば多分5秒もしないうちに、カポエィラの洗礼を受けましたw
そこでいつもならブルってしまって後手後手にまわってしまうところなのですが、なぜだかその場に居ることが楽しくなってしまい、次の動きへと繋ぐことができたのかなーと思います。
koredayo.jpg

そして頂いたアペリードがAlegre。明るい!
タイミングからして予め決めて頂いていたようですが、アペリードを頂いた瞬間は、シルクドソレイユの演目かー!?と(しばーらく勘違いしていました)、わりと薄-い感じで受け止めていました。

二次会で岡部さんに通訳してもらってトニー先生に聞いたら「お前がジョーゴしている時は楽しそうにやっているから、アレグリなんだよ」というような事を言って頂けました。
俺って、そんなに楽しそうにジョーゴしてますかねー?
だいたいテンパっているだけなんですけどね。。。

ともあれ、なんともポジティブなアペリードを頂いてしまったものです。
「今日、暗くないですか?」なんて言われたら元も子もありませんねー汗汗
今は、先輩方に助けてもらってばかりの豆電球みたいなものですが、いずれはホーダの中でも存在感を示せるような、明るい光になれたらいいなぁ。

いっそ、ウーゴ先生を見習って、頭剃っちゃおうか。
関連記事
この記事へのコメント
楽しくカポエイラしてると不思議とみんなが笑顔になるんですよね‼‼ 藤井さんは素敵なアベリードを頂いたんですね♪(≧∇≦) 羨ましいです‼
2012/08/26(日) 11:41 | URL | かおり #-[ 編集]
>かおりさん
踊っている時は、「楽しそう」って言われることが時々あったのですが、いまだにまごまごしてるカポエィラでも言われるとは思ってもいませんでしたー。
自分の数少ない取り柄を大事にして、笑顔の輪を広げられるように歌や楽器もがんばります!
2012/08/28(火) 02:11 | URL | 藤井 #t50BOgd.[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2012/09/11(火) |

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド