「黄帯への昇段」7/29 黄帯 のり Arraia & 松田 Agulha

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2012/08/24(金)
緑帯から黄帯になりました。のりArraiaです。

ギャー倒される!逃げる。

昇段試験では大事なセクエンスィアで追試を連発し、落ちた状況を笑い話にしつつ、このまま落ちることもありえる。
と、頭では真顔で考えていました。

練習に行く前には「今日、急に試験になるかも」とヒヤヒヤし、電車でイメトレしたのに全然声がかからず精神消耗したり、
黄帯の試験だし左からだ!と、左から始める練習をしてたらオーソドックスに右からで、
左からをしたい、したい!という無意識の主張に抗えず左で蹴っちゃったり、無残でした。。

私のセクエンスィアリクエストに応えて相手をしてくださった皆様、ありがとうございました。
そんなこんなでしたが、無事、セクエンスィアもクリア。


黄帯昇段に関しては、去年緑帯に昇段してから定期的に1年間練習に出ていたのに、それだけでは身についているものに偏りがあり、
自分の状態を把握し、不得意を見つめて吸収していく姿勢が求められるなあ、という感想です。


今後の私の課題は、苦手とか言ってる場合でなく、アクロバシーアへの地道な挑戦とビリンバウの上達です。

黄帯になったことで戦うカポエィラにも足を踏み入れ、昇段後に1度あったケーダの練習では、精神がメラメラと攻めモードに入る面白さを知ってしまいました。

ちょうど誕生日ホーダというラッキーイベントがあったので、やるぞやるぞしかけるぞとプンプンさせて稚拙なケーダを乱打。
楽しかったです。
そのうちサラッと繰り出せるようになりますね。

ケーダは写真に残らないくらい未完成すぎて、サンバ。

サンバ~。出づっぱり~。

ブラジルの先生方がいらした7月の強化月間。
後半はオリンピックと重なってヘトヘトかつウトウトでした。
こんな7月もあるんですね。

やっと疲労から復活してきた今日この頃です。

                      のり



--------

カポエイラ・テンポ10周年の昇段式で
黄帯を貰えてとても嬉しいです。

黄帯のジョーゴではケーダ(倒し技)がたくさん来ます。
当日はとにかく倒されないように、あわよくば
相手を何か驚かすようなことができれば、と考えていました。

が、、1回、見事な位ステンと
ハステイラ(足払い)をくらい、尻餅をつきました。

これまで避け方も教わってきましたが、
実戦はまた別ですね。勉強すること一杯です。

ハステイラやられた

今回、カポエイラ・テンポはブラジルの先生が4人も来てくれて(Muito obrigado!)バチザード含め1ヵ月盛り上がった訳ですが

やっぱりブラジルの、と言いますか
あの生活の近くにカポエイラがある感じ、
自ずと楽しくやってる感じがとてもいいなぁと思いました。

僕はブラジルには行ったことがありませんが、
毎年こうやってバイーアの風を吹き込んでくれるのですから
少しずつでも変わっていけたらと思います。

                      松田 
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド