青帯試験終えて いざ、その舞台へ! 黄帯 Tartaruga

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2012/07/28(土)
バチザードもあと数日に迫った7月26日木曜、
青帯のアヴァリアサォン(昇段試験)終わりました。
今年青帯を取る他のメンバーはすでに試験を終えていたため、
青帯試験受験者としては最終受験者となります。

内容は今まで習ったカポエィラについて、セクエンシア(型)、楽器や、ケーダ(倒し技)、ジョーゴ、知識等を
あらゆる角度から、質問、要求され、それに応えるという感じでした。
ビリンバウのトーキについては、普段私たちが弾かないものが出されたり、
ジョーゴはじめにおいては、一人で自由に表現したりと、柔軟性と適応能力が問われるものでした。
最後のジョーゴでは帯無しから、黄緑、緑、黄、青、緑-黄(正太郎先生)、赤-青(竜太先生)と
帯の段階ごとにジョーゴしていったのですが、何分一人だったので、青帯あたりで、もはやHPもMPも無くなり、完全にヘロヘロでした。(トニーに「もっと体力をつけろ!」と言われそうです。。)
最後の方は疲労で足も上がらないので、相手の攻撃に対し、ヴィンガチーヴァ、ネガチーヴァ、カベサーダ等、捨て身で体を投げ出す技 or ギブアップ 
という2択しかない状況で、竜太先生の後、ウーゴ⇒ヴェフメーリョ⇒フラカォン とまさか続くんじゃないかと思いましたが、そこで終わりました。 
ジョーゴ後はポルトガル語での質疑応答、答えられるものは何とか説明をしましたが、
バラォン(投げ技)の意義とかは知らなかったので、もっと言葉も知識も含めて勉強する必要がありますね。
これは今後の課題としたいです。

幸い試験は無事に終わり、青帯を取ることを許可していただけることとなりました。
ブラジルから先生が来ている短い期間の中、貴重な練習時間を自分の試験に割いて頂いたこと感謝します。
先生並びにみなさんどうもありがとうございました!






*****************ここから余談*****************

本音を言うと、先に受験していた彼らの結果が不本意であったと聞いていたため、
自分の出来次第で青帯受験者全体の印象を、
さらに悪くしてしまうんじゃないかというプレッシャーで押しつぶされそうでした。
細かくみれば悪い点だらけだと思うのですが、昨日の試験では、
青帯は「闘うカポエイラ」へ段階への入り口である帯でもあるので、
「最後まで闘う姿勢は崩さなかったこと」、それと「知りうるポルトガル語で自分の意思を伝えること」
だけは出来たと思ってます。
少なくとも青帯受験者全ての面目も守れたし、今はホッとしてます。

>それとオギー
青帯誘っておきながら、試験当日行けなくて申し訳ない。
でも、昨日試験相手として、別の形だけど、ジョーゴできてよかったです。
しかし、まあこの前のブログは何とも見てるこちらも寂しくなるような内容ですな。
だが、ちょっと待った!挽回するチャンス(第10回バチザード&トロッカ ジ コルダス(昇段式))があるではないですか!当日は本領発揮することを期待してます。それと、体力不足の私を助けてください(笑)。


それと、一つだけ心残りだったのが、
この日は渋谷の練習にメストレ・トニーが行っていたので、その場にいなかったこと。
トニーの前で試験したかったのですが、これは自己都合なんで仕方ない訳で。
なので、日曜、バチザード当日にトニーとジョーゴしたいですね。

今年、大人青帯は昇段式の一番最後、4名で闘います。
ぜひ、皆様私たちに応援頂けたら幸いです。きっと何か起こると思います。

では、その舞台へ!
関連記事
この記事へのコメント
残るは本番で全力を出し切るのみです。

あと、帯無しの時から数々のサポートありがとうございました。
2012/07/28(土) 12:01 | URL | オギー #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド