「運動できない男子でも続けられる理由…カポエイラ」7/1(日) 帯ナシの藤井

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2012/07/04(水)
はじめまして。フィットネスクラブから(今でも会員です)TEMPOに流れ着いた藤井純です。
改めてよろしくお願いいたします。

_IMGP3420.jpg

カポエィラとの出会いは、梶原さんと同じクラスなのですが、
「HOUSEの先生たちは、こういうところからネタを拾ってきてたんだー。よく判んなかったけど、機会があったら出てみたいな」
くらいの感想でした。

それからわりとすぐに竜太先生のクラスを発見した梶原さんが
「すごく面白かった」
と言ってたので、次の週から自分も参加してみたという次第です。


フィットネスクラブのキーワードとしては、
「飽きずに続けられる」
というのが1つあるのかなと思うのです。

実際、小中高と体育でいい思いをしたことの無い運動できない男子。
しかもランニングとか筋トレとかもすぐに飽きてしまう自分が、エアロやダンスの初級クラスに出て基本を学び、上のクラスに出てみては玉砕しつつも初級に戻ってコツコツと続けていると、上級のクラスにもついていけるようになるってことを実感して、運動を習慣化することができたのです。

ですが、最近はバラエティに富んだプログラムが増えた反面、基本を確認する時間が短いクラスが多くなってしまい、
「振りばっかやってても面白くないし、こりゃなんとかしなきゃなー」
と思いはじめていた時期でもありました。


始めて竜太先生のクラスに参加した時は、アルマーダとマルテーロ、エスキーバ2種とプラントをやったかなと思います。
基本と基本と、時々無茶という進め方に感心し、たった45分のクラスで(動いてた時間は20分くらい?)、ありえないほどのお尻まわりの筋肉痛!

正直5日くらいしんどかったんですけど、
「これは続けてみようかな…」
と思いました。

元々、抜群にどんくさいもので、流れるようなフローとか、華麗な蹴りあいに惹かれる部分はあったのかもしれません。


花伝舎に通うようになってからも、課題が丸判りなハンコシステム、教則本やDVD、自分のふがいなさに心が折れるジョーゴの動画など、予習復習ができる環境が整っているので、突発的に忙しくなる職業の自分としては、大変助かっております。

ダンスの世界だと、アクロバット技は出来るか出来ないかだけで、教え方も体系化されていません。
側転がアウー・バーチドゥ(違う名前で呼ばれてたんだけど、遠い昔なので忘れちゃいました)になるなんて思いもよりませんでした。
あと、マカーコなんかも、
ダンスの先生に「これ出来ます?」
って聞かれて、何回かやってみたら出来ちゃったんでしょちゅう使っていたら、肩を壊しちゃったりもしました。

カポエィラ・テンポではアクロバットも段階を踏んで教えてくれるので良かったです。


そのほかにも、ダメ出ししてくれる先輩達がいて、ホーダデビューを思い返すと、ダメ出しされた所を全部やっちゃってて、教え甲斐の無い生徒ですいませんという気持ちで一杯になってしまうのですが、行き詰ったら基本に立ち戻れば先に進める!
を信条に精進していきたいと思います。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
はじめまして。フィットネスクラブから(今でも会員です)TEMPOに流れ着いた藤井純です。改めてよろしくお願いいたします。カポエィラとの出会いは、梶原さんと同じクラスなのですが
2012/07/05(木) | まとめwoネタ速neo

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド