「黄緑帯のカポエィラ系男子から見た青山まつり」10/22(土) 黄緑帯の西村caranguejo

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2011/10/31(月)
久しぶりにブログ書きます渋谷のカランゲージョこと西村です。


とにかくフェス好き、シャイだけど目立ちたがり屋なもんで
今回タイトルのお祭りにテンポのメンバーとして参加させていただきました。


今回のお祭りのフローを簡潔にすると青山一丁目のHONDAビル前でセレモニー、
その後青山通りをパレードして、最後に同じく青山にあるCIプラザステージで
パフォーマンスという流れ。


参加表明した時は気付かなかったんだけど、実は僕が働いてる会社は
HONDAビルから目と鼻の先。そのせいかHONDAビルの前に差し掛かると条件反射的にお腹が痛くなるんです。
(一抹の不安もありましたがこの日は大丈夫でした。)


打ち合わせの後、セレモニーが始まる。


6279620806_9436b27f6e_b.jpg


セレモニーのパフォーマンスは時間も限られているから僕達黄緑帯(カポエィラ1年生)はお留守番。
チラシを配っていたのと人垣でショーは全然見れなかった・・・


オープニングが終わった後、竜太先生から
パフォーマンス出てないんだから黄緑帯の男は(女メンバーに持たせてないで)ちゃんと荷物持ちしとけよ!」
と注意が飛ぶ。
その直後「黄緑帯の男って西村サンだけなんじゃ・・・」と誰かの呟きが。








俺 の こ と か !!



まさかピンポイントだったとは・・・
僕はお留守番じゃなくてお荷物番だったようです。
てか心細いんで一緒にイベントに参加してくれる黄緑帯カポエィラ男子を激しく募集。




気を取り直してパレード本番。
朝は結構キツい雨だったんで一時は中止の懸念もあったけど、曇りながらも小雨も無い天気まで回復。


今回のパレードは震災で傷付いた日本の復興祈願の意味合いも込められていました。
そういえば3月11日のあの時間、この場所にいたっけな。と
ふと会社の前に差し掛かった時に思い出したり。


パレード中は思っていたよりも歩道から見てくれていた人達が楽しそうに見てくれていたのが印象的でした。
一緒に手拍子をしてくれたり、写真を撮ってくれたり。


6281250637_ba70a2c132_b.jpg


6279698008_a4f5ba3120_b.jpg


でもやっている自分達は、実はそれ以上にめちゃめちゃ楽しかった!!
なんだろうこの感じ。文章力が無いので上手く伝えきれませんが
音楽に合わせて行進したり踊ったりしているだけでもテンションは上がる上がる笑
ルーティンの動きを合わせる一体感が楽しいのか、
今回コラボしていただいたバハヴェントさんの音楽がそうさせるのか。
これを酒を飲みながら出来たらもっと楽し・・・いえ、何でもありません。


6279698526_e2c483b95b_b.jpg


ほら、楽しそう笑


骨董通り辺りまでパレードをし、その後ライブ&パフォーマンスの会場へ移動。
終わってみると2kmという距離はあっという間でした。




会場に到着しても出演時間まで時間があったので上帯の先生先輩方は時間までリハーサル。
オープニングセレモニーでやった時より時間が長いからか
「途中から黄緑帯の人も出ていいよ~」と竜太先生からお達しが。


パレードでテンションが上がってたからそれを聞いた時、
絶対俺も出てやるって思った。アレをしてコレをして・・・とアタマん中では
カッコ良く技を出せてる妄想だけは膨らんでいったのです。


ところがどっこい、いざ始まって真横でパフォーマンスを見ていると
すぐにどんどんヒートアップして、自分のヘナチョコなカポエィラを披露出来る隙間なんて全く無いし。


6270101481_9caeda6529_b.jpg


コンビネーション技すげー


と、完全に観客になってしまってたけど15分近く経った頃から少しだけ様相が変わってきた。
人と人との入れ替わりに間隔が空くようになってきて。


ステージ向こう側を見るとずっとアクロバシーアを続けていた
先生達はどう見ても疲弊・・・じゃなかった、
少しインターバルが必要そうに見えた。
今だったら行ける。と思った瞬間、先輩のYoavサンと目があった
(気がしました。)


思い切ってパフォーマンススペースに飛び出した。
瞬間、考えていた妄想は完全にフッ飛んだ。
就職活動中の圧迫面接と同じくらいアタマが真っ白になり
イマイチ何をしたか正直覚えていない。


・・・日々のレッスンの積み重ねで体が勝手に動いてくれていたと思いたい笑
怖くて自分の動画はまだ見れてませんが。


でも出番を終え引っ込んだ少し後、一緒にジョーゴをしたYoavサンが側に来て
肩を叩いてくれた。その目は”グッジョブ!”って言ってた(気がしました。)
いや、もしかしたら”ドンマイ・・・”だったのかも。


とにもかくにもこうして僕も何とかパフォーマンスにまで参加する事が出来て、
この日のスケジュールは無事終了しました。


控え室に戻る道で何人かの先輩に「あの時出れて良かったですね」
「よく出て行ったね」って声を掛けてもらえた。嬉しかった。
確かに大した事は何も出来なかった。でも気持ちが高揚していたのは覚えている。


この日も本当は夜から通常のレッスンはあるんですが、満足感と疲労感で
”今日はサボっても大丈夫だろう”と考えていた帰り道、同じ渋谷支部のお姉様方に
「カランゲージョもこの後のレッスンもちろん行くよね?」とすごまれ、
・・・じゃなくて声をかけていただき、引きずられるように青山を後にしたところで
僕の青山まつりレポートの結びとさせていただきます。
関連記事
この記事へのコメント
カランゲージョ、ウケるーっ。だから、荷物持ち代わるって言っても離さなかったんだねー(笑)。一緒にパフォーマンス参加する人を激しく募集は、新しすぎっ(笑)。
2011/11/01(火) 01:02 | URL | グッティ #-[ 編集]
>グッティ
実はそういう海よりも深い事情があったのさ~というのは冗談で、やっぱり力仕事は男の仕事でしょ笑

この日記見て参加者増えないかな・・・
2011/11/01(火) 23:13 | URL | 渋谷カランゲージョ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド