「無事に終わったANCESTOR!」9/10(土)青帯タリ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2011/10/02(日)
【7月】

ブラジルからの先生を迎えてのバチザード月間。とりあえず駆け抜けた1か月。

batizado

それが落ち着いたのもつかの間。



【8月初旬】

ANCESTORでやる予定の全てが振付けられたカポエィラパートの練習開始。



【8月中旬】

振りの全貌が見え始める。合間に「え~無理かも~」という振りが入ることにビビり、「ヤバいよ、ヤバいよ」モード。
(バラォンという投げ技で飛ばすというものです。)

とりあえず何言っても練習することに勝るものは無いので、練習に行きまくる。
時にスポセンで竜太さんとたかゆき君に練習に付き合ってもらったり。



【8月中旬】

これまで口でカウントを言って全て振りを合わせていたのを、実際にビリンバウの音で合わせ始めることに。

当然、これまで口でカウントを合わせていたのに慣れていたので、
急にビリンバウの音に合わせるとみんなの動きが最高のグダグダっぷりを露呈。

当然、「ヤバいよ、ヤバいよ、ヤバいよ」ですよ。

おまけに「ホーダでじゃあちょっとやってみよう」と、最近ビリンバウの音で合わせ始めた振りをやってみるものの、激しくバラバラな動きっぷりに、急遽お披露目ストップ!!

いやいや、ホーダの時は本当に失礼しました。



【9月第1週】

「あ、んもぅ9月??」そう、ヤバさも最高潮です。
と、いいつつ年に一回の大騒ぎなブラジル・フェスティバルが第一週の週末に控えているので週末の練習が限られる!

飛ばしまくり!

と、思いきや、ANCESTORに出る面々は土曜日のブラジルフェスティバルの後も花伝舎でみんなでしっかり振付の練習。

いやぁあの練習はきつかったです!でも、すごく良かったです!

体はボロボロだけど、とりあえずみんなで合わせられるのがうれしかったんです。うーん、これは青春ですね。

あれ同士

当然次の日のブラジルフェスティバル2日目は体バキバキ・・・。
そしてお陰様でブラジルフェスティバルの次の日の月曜日は朝ベッドから起き上がる時に力が入らず、床にそのまま滑り落ちて、眠さも相まってしばらく床で行き倒れていましたが(笑)



【9月第2週】

さぁANCESTORまで後1週間!

振りは覚えた。ビリンバウに合わすタイミングも少しずつ慣れてきた。
問題は全てにおける微調整と洗練。
技の切れ具合、タイミング、ポジショニング。
これらの全てが欠けたりしたら、振りの意味が無くなってしまう要です。

本当に振付というものは完璧に揃わないと美しくないんだというのを身を持って感じました。私のポジショニングの悪さと言ったら・・・

本当にみんな迷惑をかけてゴメンなさい!

そしてさじを投げずに最後まで調整してくださった竜太さんありがとうございます。


最後の週は花伝舎の練習が終わったら、今度は小雨に打たれながらストリートダンサー達に交じって夜中まで野外練習。いやぁ青春!

しんどいけど、こういうの嫌いじゃないです。

というより、むしろ好き?


とそんなこんなで練習も最終局面を迎えてヒートアップ。


疲れすぎて寝れないときは、羊を数えるのではなくてダンスのカウントを数えて自分の頭の中でシミュレーション!

そしていつも同じところで寝に落ちるけど、数秒後また目を覚ます。

なんてことを数回繰り返して最後の週は眠りについてました。



【9月10日ANCESTOR当日】

いやぁ来ちゃいました。本番が。

緊張するような足が地に着かない感じはなかったけど、気がついたらリハから袖でのスタンバイまでがあっという間。


本番も始まってみたらあっという間で、一番懸念していた箇所の一連の動きなんかやったかどうか分からなくなる位、あっという間に過ぎて、
一瞬「しまった、振り飛ばしちゃったかも!?」と思うくらいでした。

大人ダンス

あとで動画を確認してみて飛ばしてなくて一安心。


と、そんなこんなで終わったANCESTOR。

打ち上げも色んな意味で盛り上がって楽しかったです。



【最後に】

今回のANCESTORを通して普段のカポエィラじゃ出来ないことを経験させてもららって、すごく勉強になりました。本当に。

動きに関していうと、まだまだもっと磨かないといけない所があるのは痛感しているので、もっと頑張らないとと思います。

そしてやっぱりカポエィラ楽しい!!ですね。

最後に個人的に。「ここはみなさんチェックして!」と思うポイントがあります。
それは実はバテリーアの生音です。

今回はファンキのリズムに合わせたビリンバウ、パンディロ、アタバキなんですが、絶妙なヘピーキ加減とブレイク。
この音楽に合わせてやっていると、音楽的に盛り上がってくるところに合わせて、やっている方のテンションも上がって本当に楽しかったです。

実は音を聞くためだけに何回も動画を再生したりしていました!



一見は百聞に如かずなので、みなさん是非聞いてみてください♪
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド