「試練の先にある念願の昇段」7/18(月曜) 緑帯の中條

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2011/08/04(木)
※後ほど写真追加します!!

皆様お疲れ様でした。
今回の昇段は一生忘れる事のない思い出となりました昇段するか寸前まで悩みました。
というか「来年でもいいかな」的な感覚でいました。

そんなある日小川さんとの練習後の帰り道で
「今年挑戦しなきゃ来年まで気持ちを継続するのは難しい、思ったら挑戦するべき」
と強く後ろを押して頂き決心しました。


そこからは本当ににテンポのメンバーのみなさんの協力に助けられました。
ここまで協力してくれるメンバーはカポエィラの団体に限らず他にもないと自信を持って言えるほどです。

竜太先生にはビリンバウのアラーミの張り方からトーキをカラオケBoxで時間も延長してしまいましたが、粘り強く指導して頂きました。
ブラジル人先生達の受け入れ準備で忙しい中の貴重な時間にです。

またサチさんや岡部さん遠藤さん八百板さんや岡本さんその他たくさんの先輩に教えて頂きました。
緑帯を巻くなんて少し前の自分からは想像できないです。
今も実感はなかなかありませんが。



実は7月7日に入籍をし、9月に式を予定している為、式の準備で非常に忙しく、昇段する為の練習時間もないと考えてました。
しかしそれは言い訳であり、この昇段を成し遂げれば必ず自分に自信がつくと思い練習に励みました。

自宅では深夜まで空いてるカラオケBoxでビリンバウを、近くの高架下でセクエンシア、
歌は仕事中に小さく口ずさみ、雨の日に傘をさして歌いながら家の周りを何周もしました。
(雨の音に打ち消されて周りには聞こえてないはず)。


ある日、結婚式の招待状作りの途中で1人、ビリンバウの練習に行くと

「結婚式とビリンバウどっちが大事?」

と奥さんから言われながら出かけた日もありました。
勿論どちらも大事ですが。

いざアヴァリアサォンでは追試もあり、なんとかギリギリに合格を頂きました。

歴史の質問

知識試験はメストレ・トニ-直々の質問でかなり焦りました。
私のような数多い生徒の中の下の者に対しても、質問→回答。だけでなく、
答えた内容に補足説明を加えてくれました。
丁寧だと感じました。



バチザード当日は鈴木リーダーの下、ビデオ班として協力させて頂きました。
他団体の先生とのジョーゴは新鮮であり、何が出るか解らない、なのにすごく楽しめました。
倒された時の痛みも良き思い出になりました。

この他にもたくさんの思い出ができました。
テンポでカポエィラができる事に改めて喜びを感じました。
関連記事
この記事へのコメント
バチザードお疲れさまでした~。昇段おめでとうございます。
試験の後日談を聞いた時はびっくりでした。私は気軽に薦めたもんで。
中條さんは練習場所外で大活躍だったので、アリスコの名前はブラジル本部で有名になってると思いますよ~。
2011/08/08(月) 15:20 | URL | タルタルーガ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド