「七夕練習でのサプライズ…」7月7日(木)帯なしの棟方

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2011/07/12(火)
Salve!
早速ですが、私にとっては記念すべき七夕の日の帯なし練習について書きたいと思います。


さて、7日の帯なし練習の先生はフラカォン先生♪
今月3日にブラジルから来た2名の先生の内の一人です。(ワークショップでも会えますよ!)

まずは少し走ったり四つん這いで歩いたり体を動かしたあと、ジンガ。前、右、左、四方と時間をかけてやります。
この時、フラカォン先生に「良いジンガだ。こんなに良いのは久しぶりに見た」と言われたのが我らが東新宿の若林さん!
基本がしっかりしてるとのこと。素晴らしいですね~

続いてホレーやアウーもひとしきりやりました。
すると、おもむろにフラカォン先生が自分の帯(10番目の帯だそう!)を床に敷いてメンバーを2つに分け、帯に限りなく近い距離でジンガすることに。
このあともホーダ(輪)を作ってジンガで相手を追い詰めたりとこの日はたくさんジンガの練習をしました。

ジンガをしてる間に先生がよく言っていたのが、誰かの真似をするのではなく自分の色を大事にしてねと。
練習中にフラカォン先生が私のジンガの姿勢を直してくれたのですが、その時にもこれは私のジンガが間違っているというわけじゃないということを言っていました。
ただ長い間カポエィラをやってきて、こうしたらいいんじゃないかということをアドバイスしているだけだと。

またまたちなみに、フラカォン先生はカポエィリスタだけでなく多くの各ジャンルのスペシャリスト達と接してきた為、動きを見るだけでその人がどんなことをしてきたか分かってしまうそうです。
しょーこさんにバレエ習っていたんじゃない?と聞くと、確かにしょーこさんはダンスをやっていたそうで、グッティーさんに何か激しいスポーツをやってた?と聞くと、バスケをやっていたことが判明しました。確かにグッティーさんの動きはバスケのピボットの動きやボール取られないようにドリブルする時の動きに似てるねと一同感心しました。

さて帯を挟んでの練習は続きまして、ベンサォンからエスキーヴァホレー、メイアルーアジコンパッソなど。
コンパッソの時に言っていたのが、「強く」でもなく「ぴしっ」とやるということ(もっとポルトガル語でズバリと言っていたのですが...)
「テンポには5人のプロフェソールがいるけど、全員コンパッソが得意だ」と言ったのでみんな張り切って「ぴしっ」と出来るよう練習しました!

榎町地域センター

そして腹筋・腹筋・腕立て・腕立て・腹筋・腹筋…練習の間に間にとにかく筋トレ三昧!
ここで腹筋についても話があって、カポエィラではとにかく腹筋背筋を使うからとにかく筋トレは大事だけど、例えば24時間の内23時間腹筋意識しないでいたとして、カポエィラ練習の1時間だけ使おうとして果たしてできるかな?できないよねと。
日常的に腹筋背筋を意識していることが大事だという話に一同納得したところで勿論またたっぷり腹筋・腕立てをしたのでした!

そして秘密だよと言って、青帯の人がやるケーダ(倒し技)を一つ教えてくれました。ホーダでは絶対にやらないでと注意した上で、今は遊びだと思ってやってみてと言ったのでみんなで初体験♪
ケーダって仕掛けるタイミングが難しいですね。しかもこれをジョーゴ中にとなるともっと難しそう!
さすがに青帯レベルだなと。

今日、フラカォン先生はよくホワイトボードに12本棒線を書いて帯の段階について説明してくれました。
帯なしは1番左にいて、右に行くに連れて上帯になります。前半でやった、帯を挟んでベンサォンをやる練習は黄緑帯の練習だったそうです。
また帯なしはとにかく自分のやることを一生懸命やればいいということも言ってました。
フラカォン先生は、帯なし・黄緑帯の人にはたくさん言葉をかけて教えるけどそれ以上の帯の人には一言二言しか言わないそうです。ということは、私たち帯なしメンバーは今フラカォン先生が教えてくれていることを今吸収していかないとですよね。
がんばろう!

そういえば、カポエィラにはヒエラルキーがあって、例えばプロフェソールであるフラカォン先生達があれやこれや相談して決めても、メストゥレであるトニー先生が違うと言えば違うんだと5日の練習の時にフラカォン先生が言っていたのですが、今日の帯の段階についての話と併せて思うに、それぞれの帯の人に役割やできなければいけないことがあって、それらがきちんと機能するとホーダももっと良くなるしその団体自体も良くなっていくんだなぁと感じました。
本当に稽古場は宝の山ですね!
芝居やってる時に聞き飽きる程に言われてましたがほんとにそうです。
探さないと見つけられないですけど、、もっと沢山見つけられるようになりたいです☆


そして最後、ホワイトボードの前に集められて質問タイムかと思いきやフラカォン先生が何か文字を書いていまして、指を差されたので側に行きますと、私の手を取って

「BORBOLETA」

と呼んだのです。
一瞬驚きで固まりましたがすぐアペリード(あだ名)を付けてくれたのだと理解し嬉しくてたまらなくなりました!
意味は蝶々で、私の動きがヒラヒラと蝶々のようだったのでと言っていました。
そして周りのみんなに拍手で迎えられ、なんだかさながらバチザード(洗礼)のようでした。
勿論、正式にアペリードが付くのは今月18日に行う「バチザード&トロッカ・ジ・コルダス」にてなのですが、本当に感動しました。


本番の日にはもっと沢山の人の立ち会いの元、アペリードをいただいてカポエィラの世界の仲間入りをしたいと思いますので皆様是非お誘い合わせの上お越しくださいませ!
関連記事
この記事へのコメント
えゆめちゃん、「BORBOLETA」ゲット、おめでとう!!これから、ますます練習に気合が入っちゃうねー。私も、フラカォン先生に眠っていた過去の運動を当てて頂いた時、とぉ~ても感激したよ。
2011/07/13(水) 12:56 | URL | グッティ #-[ 編集]
アペリード第一号、おめでとう!
その瞬間に立ち会えて光栄です☆
先生方は一人ひとりをよく見てらっしゃるんだなーって感動したよ!
Borboleta、えゆめちゃんにピッタリのアペリードだね。
2011/07/14(木) 12:30 | URL | 香織 #-[ 編集]
えゆめさんアペリードおめでとうございます!瞬間に立ち会えて感動しました。可愛らしいアペリードで良いですねぇ~
2011/07/15(金) 01:23 | URL | 若林 #-[ 編集]
みんなありがと~!
コメント見る機能知らなくてそのままですみません(>_<)今や既に香織さんには素敵なアペリードが付いていますよね~☆
あの瞬間は感動だよー!!
バチザード楽しみ♪
2011/07/15(金) 09:00 | URL | 棟方 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド