「ホーダ カポエィラヘジョナウジャパォン編」5/4(水) 緑帯 荻原

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2011/05/12(木)
今まで他団体のホーダには2回しか行ったことがなかったのですが5月4日水曜日、カポエィラヘジョナウジャパォン(以下CRJ)主催のホーダに勇気を出してお邪魔してきました。

集合写真。すごい熱気


会場に入ると見覚えのあるユニフォーム・先生がちらほら、それから大勢のCRJのカポエィリスタで蒸し暑くなっていました。

ホーダを始めるにも予想外に人が多かったため序盤は各団体の先生のみのジョーゴを観ることに。

各団体、動きの毛色が違い観ていて飽きなかったし自分のカポエィラのレパートリーを増やす手掛かりになりました。


それが終わっていざホーダ開始、ってなったのですがやっぱり人数が多くて輪を2つ作ってホーダという少し変則的な形式でやりました。

始まってみるとそんなの全然気にならない程全体の雰囲気が良かったです。

歌や手拍子の一体感、カポエィラは大勢でやると楽しいですね。

あの独特の蒸し暑さも手伝っていたような。

そんな中僕は先生クラス3~4人とジョーゴでき、フロレイオで竜太先生がアタバキ叩いている時にエリコーピテロだせました。よしよし


他団体と交流すると少なからず世界が広がります。

そんな事実が2つあって、1つ目は他団体の高校生に話しかけられたことです。

同年代でカポエィラをやっている人がナニナニとかデジスタ・ティーンズ云々とか、かなり嬉しかったです。

名前聞きそびれてしまったんですけど、今度一緒にジョーゴしたいです。


2つ目はCRJの秋田支部、宮城支部のカポエィリスタが来て下さったことです。

実際に、メンバーの家族が被災されたと聞いてとても他人ごとではないと思いました。

こういった場合でも人を集められて資金を援助できるのも、カポエィリスタのいるホーダならではのダイレクトで即効性のある慈善だと思いました。

CRJの皆さん、ホーダも楽しかったしこのような機会を設けてくれてありがとうございました。





色々書きましたが「良い一日だった」ということが伝われば僕は満足です。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド