みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2018年06月10日

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/06/10(日)
『Red Bull PARANAUÊ 2018』
カポエィラのイベント」の正体。


もしかしたら、どんなイベントなのか説明をしていただいていたのかも知れませんが…理解しておらず。

でも、ソレは観ただけで 勝敗をつけるカポエィラ をしているんだな!と分かるものでした。

IMG_6799.jpg

詳しい事は分からなかったので、イベント後に調べてみると、

『世界で最も完全なカポエィリスタを選ぶ』

と記載されていました。
そんな大きなイベントだったなんてー!
もっとちゃんと観てくればよかった…


もぉ、とにかく暑くて熱くて、立ってるのもしんどい。
行く前にトニー先生にも、日焼け止めをしっかりしていけよ!
と言われたのに、急いで出てきて忘れる。
かなりへばっていたので、会場でお会いしたM.Lucasの影に隠れてな、と言われる始末。

そんな感じで満足には観てこれなかったRed Bull PARANAUÊですが、
せっかくなので備忘録として、私が個人的に感じた事を。

IMG_6800_2018051422484612f.jpg


イベントは既に始まっていて、暑さも手伝い凄い熱気。
(見てください、この雲一つないド晴天)

ステージは殆ど見えず、、、
分かりにくい写真が多くすみません。。


カポエィラは基本的に明らかな勝敗をつける事がなく、
他の格闘技と違って、誰が一番なのか
また、一番を目指す為に闘う
という事が通常のホーダの中では行われないので、
勝敗を決めている、という事は分かっても、最初は不思議な感じがしました。


勝敗をつけるからといって、カポエィラの技を使って相手をボコボコにしたり、倒し技ばかりが行われている訳ではなく、
あくまで相手を尊重しあい、その中で技を出し自分のベストを尽くす。
最後は握手やハグで相手を讃える。
カポエィラの根底にあるものは変わらず存在していました。

IMG_6801.jpg


そうなると、勝敗の決め手はどこなんでしょうか…


何人かのMestreがステージ脇にいて、旗を挙げ判定を行っている様でした。
(この青い囲いの中にMestreが居ます)
IMG_6807_20180514224846b6b.jpg

Mestre Nenelだよ!とか教えてもらうも、ほぼ後ろ姿で残念。
Mestreたちが勝敗を決めるんだから、選ばれた人にとって、こんなに喜ばしい事はないんだろうなぁ〜

IMG_6803.jpg

こちらが女性の優勝者。
男性は撮り損ね。

IMG_6809.jpg
ステージに置かれているルーレット。
パンデイロに見えますが…
名前は『volta do mundo』


・REGIONAL Toque:Banguela
・ANGOLA Toque:Jogo de Dentro
・CONTEMPORANEA Toque:São Bento Grande Regional


と書かれていて、ルーレットで出たToqueに合わせて指定のジョーゴをする様です。

volta do mundoしてからジョーゴする。
良いですね!

何が出るか分からないし、何が出ても対応できなければいけない。
『最も完璧』とはそういう事なんですか??
だらだらと書いてはみたものの、結局私のようなペーペーにはよく分かりません…


優勝者が決まった後、広場のあちこちで自然とホーダ が出来、ジョーゴが行われていました。
そっちを見れた事の方が私にとっては大きな収穫。
…相変わらず暑さにバテてたけど

IMG_6822.jpg

ダンス要素が強い人や、飛びまくってる人、スピードに長けた人…
色んなカポエィリスタがいて、それぞれが尊重され、
時に熱くなり過ぎても、やっぱり最後は笑顔で握手・ハグをして終わる。

出てきて良いよ!と言われるし、テンポの生徒で同じ黄緑帯のMariaに一緒に出よう!
と何度か誘ってもらうけれど…
Jandaia気持ち悪くてゲボリそうだよ。。。

IMG_6810.jpg

IMG_6834_201805142248595f5.jpg

IMG_6812.jpg

IMG_6813.jpg

なんか、ホント凄かったんですよ。
息をするかの様に自由に身体を使い、超人みたいな技を繰り出す人が沢山いて!


ジョーゴを始める人が居れば、自然とそこにホーダが作られ、歌う人がいる。
みんなで作りあげている。

ブラジルに来てから、ソノ感じが凄く良いなぁ、好きな時間だな、と感じる場面が沢山ある。

例えばアカデミーアでの練習前もそう。
誰かがビリンバウを弾けば周りもそこに加わって一緒に弾いたり、歌が始まったりする。
軽く弾いてみるつもりが時にスパルタ練習になってツライ時もあったけど…
それも含め、やっぱり良い時間を過ごせた。
みんなカポエィラが大好き!


IMG_6836.jpg
話が逸れましたが…
こちらはContra Mestra Tekka。
ブラジルの方も日傘するんですね〜
途中入れてもらい、かなり助かりました。

お隣はKabeção先生!やっぱりカッコいい!
昨年ワークショップに参加させてもらってからずっとファンです(笑)隠し撮り…ではないです!

他にもMestre QueixadaやMestre Vermelho28…


本当に色々な団体のカポエィリスタが集まっていて、
カミーザに書いてあるグループ名をメモっていたのですが、多すぎて途中で諦めました。

それだけ注目度が高いイベントだったんですね。。。
訳も分からず行った事、暑さに負けた事をやっぱり今更本当に後悔します。



陽もだいぶ傾き、人混みも抜け遅ればせながら、ようやく元気。
ビルーと夕陽を見に高台へ。

IMG_6814.jpg

他にも多くの人がその瞬間を楽しみに集まっていました。

IMG_6838.jpg

只々キレイ。
絶景でした、、、

IMG_6826_20180514224857a6c.jpg

陽が沈むと、拍手と歓声が…


行くように言ってくれたトニー先生にも、連れてきてくれたビルーにも、なんかもう全部に感謝。

なんだか忘れていたなぁ、こういう感じ。


心地よい風も吹き始め、幸せな時間。

また始まった、いつの間にかビルーと歌を歌う。
一曲ずつ交代で。

違うフレーズもあるよ!と歌詞を書いてもらって教えてもらうも、発音で大苦戦。

ビルーみたいにステキに歌えるようになりたいなぁ〜


帰り道、海がとてもキレイ

IMG_6815.jpg

我慢出来なくなって、海に突撃。
ライトに照らされた海は暖かくて、楽しすぎたけど
2人とも水着じゃなかったので、次また来ようと約束して帰る。


バスに乗る機会が多く、だいぶ乗り方は理解したけれど、
急に目的地経由のバスが来たりするので小銭の準備が間に合わない。

バスに乗る時、買い物をする時含め、大きい額のお金は好まれない様ですね。

毎回慌てる私に、ビルーが今回の分はコレ、次の分はココに入れるよ!と。
何から何までスミマセン。


渡伯前、Pinauna先輩から教えてもらっていた『Valeu』という単語。
ブラジルでは、バスを降りる時とかにValeu(ありがとう)を使うそうで、
実際先生たちの会話の中でも何度も耳にしてはいたのですが
いつも『Obrigada』が出てしまい、言った後にあーッッ、今!と悔やんでいました。

しかし、遂にこの日の帰りにValeuデビュー!
自然とこの単語が出た自分にビックリして、嬉しかった事を覚えていますが
運転手さんに上手く聞こえていたでしょうか。
もっと自信を持って使える様になりたいなぁ〜


アカデミーアに戻ると、忙しそうに仕事をしているトニー先生。
今夜はお友達の誕生日会に行くそうです。
行くか?と言われたけれど、長かった1日。
そろそろ終わりにしたかったので、おやすみなさい。

明日はトニー先生と泳ぎに行くそうです。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド