みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2018年03月01日

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/03/01(木)
黄帯のBarracudaです。
新年早々ブラジルへ行って来ました。
わずか5日間の短い滞在ですが、よろしければお付き合いくださいませ。

barracuda0401


3日目。
オンジーナは明け方から雨。
barracuda0410


ちょっと心配になるくらい降ってましたけど、7時頃には
あの川のような水はどこへ…?という位に水がはけていました。

昨日ウーゴ先生のレストランで持ち帰った物を朝ごはんで食べようと、
2階のキッチンをウロウロしていると、アニーに下にいらっしゃいと声をかけられました。
アニーの淹れてくれたコーヒーが温かくて美味しかったです。
ウーゴ先生のレストランのご飯も美味しかった。

アニーが、いつでもいらっしゃい。ここはあなたの家でもあるのよ。と言っていました。
お、お母ちゃんっ!!
アニーの言葉が嬉しかったです。

今日はトニー先生が海岸に連れて行ってくれるとの事。
綺麗な景色がたくさんあって、写真を撮るのにうってつけなんだって。
やったー!ありがとうございます!

トニー先生、ジョアォンガブリエル、私の3人で海岸沿いを歩きます。
途中スコールがありましたが、ザーッと降って、2〜3分で止む感じ。
地元の人たちは傘を持ち歩いていませんでした。
雨宿りしてやり過ごすのかな。
屋根のあるガソリンスタンドは雨宿り客でいっぱいでした。

あっという間に雨が止んで、お散歩再開。
海がとても綺麗。
barracuda0402


思わず泳ぐトニー先生とガブリエル。
私も水着を着てくればよかった!
そしてブラジレイロ2人は海で泳いでも自然乾燥。
タオルで体を拭いたりしない。そもそも持ってきていない。
ワイルドです。


お昼はアニーが昼食に誘ってくれています。
フラカォン先生、奥さんのタイーザ、息子のペドロの3人も来てくれました。わーい!
アニーのフェイジョアーダをみんなでいただきます。
美味しかったなぁ。
たくさん食べてしまいました。

私はアニーとフラカォン先生に見せたいものがありました。
出発当日、池袋の某所でもらってきた『Brasil』
barracuda0403


ポルトガル語と日本語の両方が載っていたので持ってきたんです。
ブラジルフェスティバルの事と、竜太先生のインタビューが載っています。
(読んでみたい方は、大久保アカデミーアにも置いてありますよ^ ^)

フラカォン先生は『この飛んでるのはパパカピン(カツオ先生)だろ?』と嬉しそうに言い
(飛ばしているのはモイカーノさんという事を伝えるのを忘れてしまった!)、
アニーは『東京のみんなは本当によくやっている。Lyutaの記事もあるのね。後でゆっくり読むわ』との事。
1冊置いてきました。

さぁ。今夜も練習です。
水曜は子供クラス、大人クラスの両方出ました。

子供クラスは黄緑帯のエミリーと、大人メンバーオンサの息子、ルアンです。
途中からカウサカミーザを着たジョアォンガブリエルも参加。
barracuda0405

椅子に向かって基本の蹴りを左右10回ずつ蹴ります。地味にきつい…。
その後は一人ずつ連続した動きの練習です。
アウーホレー、エスキーバホレー、ネガチーバホレー…。
ルアンは初めてのレッスンのようですが、ちゃんとついてきていました。
すごい!お父さんのカポエイラを見ていたのかな?

その後、ジョーゴです。
エミリー、ルアンが順調にジョーゴをしています。
barracuda0407


そこにジョアォンガブリエルがコンプラールオジョーゴ!
barracuda0408

しますが…下の階からママに呼ばれた途端、




ダッシュ!!!

barracuda040



猛ダッシュでママの元に行っちゃいました。

ホーダの中に取り残されるエミリー。

トニー先生が何故途中で抜けるのかと怒ります。
結構激しく。
ジョアォン今日も大泣き。
あーあ…(お約束?)

大人クラスは、月曜、火曜とほぼ同じメンバーでした。
皆さんこのペースでいつも出てるのかな。すごい。

セクエンシアを右からやりました。
私はカベサーダが苦手なんですが、青帯ビルーとカベサーダを当てる練習です。
その後、クルスフィクソ、バンダの練習へ。

私はケーダやカベサーダのような、相手とコンタクトのある動きが特に苦手です。
苦手というかなるべく避けてました。
上手くできなかったら相手に怪我をさせてしまったり、痛い思いをさせてしまうのではないかと思うと、
恐くてしっかりできないというのが本音です。

何度も練習につきあってくれる日本の先輩たちと同じで、
ブラジルの先輩たちも、何度も練習につきあってくれました。
逃げずに向き合わなくてはいけないですね。

しっかりできた方が相手にとっても安全ですし、
それに何より、できたらきっともっと楽しい。
みんなのジョーゴを見ていてそんな気持ちになりました。

最後のホジーニャでパンデイロに入っていると、トニー先生からコヒードを歌うように言われます。
発音とか音程とか発音とか
ネイティブ達の前で諸々心配ですが、メストレが歌えと言ってるんですもの。
や、やるしかない…。
何とか歌いきったところでトニー先生が代わってくれました。

barracuda0411


ジョーゴに出るよう促されます。
私の帰国が近いからか、全員とジョーゴさせてもらいました。
嬉しかった。
流れるような美しいジョーゴには程遠いですが、ジョーゴは楽しい。
これは日本もブラジルも同じだと思いました。

明日はいよいよFesta do Bonfim。
そしてブラジルカポエイラができる最後の日です。
この日は昼寝をしなかったからか、部屋に戻った途端眠ってしまいました。

4日目に続く。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 旅行

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド