みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2018年02月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/02/28(水)
黄帯のBarracudaです。
新年早々ブラジルへ行って来ました。
わずか5日間の短い滞在ですが、よろしければお付き合いくださいませ。

2日目。
今日はトニー先生がメルカドモデーロに連れて行ってくれるとの事。
お土産を買いたいだろうって。
ありがとうございます!

アカデミーアに上がったら、ジョアォン・ガブリエル(3歳)がカポエイラしてました。
彼は黄緑帯を持っています。

トニー先生、ジョアォン、私の3人でバスに乗りこみメルカドモデーロ方面へ。

途中でジョアォンにお菓子を買ったり。
barracuda0208

Havaianasというビーチサンダルのお店で、
『ここが安くていいんだぞ!この先にある店は観光客が多いから高いんだ。買うならここだぞ!』
と地元の人ならではの情報を教えてもらったり。

ラセルダエレベーターで上に登り、
barracuda0201

ペロウリーニョ広場を通って、
アソシアサォンジカポエィラメストレビンバ(ACMB)の道場へ。
barracuda0202


ACMBは私たちグルーポテンポと兄弟団体です。
毎月のホーダには先生や生徒さんがたくさん来てくれています。
本部に来れてとても嬉しかったです。
ここに来たらこのポーズしかない!
barracuda0203



ウーゴ先生のレストランでAlmoço(昼食)です。
barracuda0207

休暇の時期、とトニー先生が言っていただけあってかなり盛況のようです。
オーダーした食べ物がなかなか出てこず、暑いから帰ろうと言い出すトニー先生。

ジョアォンも一緒なので、帰ろうとしているとお料理登場!
barracuda0204

ピチチンガという魚のフライです。もぐもぐ食べる。

メインのお肉が中々出てこず、お肉はキャンセルして会計をしてくる!
とトニー先生が席を立つとようやくお肉登場。

『もう帰ろうと思っていたんだ!これはいらない!』と言うメストレ。
困惑するお店の人。
キャンセル不可、みたいな事を言われて何やら揉めている。
ジョアォンは勝手にデザートを注文してしまったり、
なかなかカオスな状態が続きました。

ここでも私は言葉が聞き取れず、状況がわからないで石になっていると、

『バハクーダ、食べるのか!?食べないのか!?どっちだ!?』
怒りながら言うメストレ。

き、金の針をください( ;∀;)

どうしよう委ねられちゃった…。
た、食べます…。
せっかく作ってもらったし、美味しそうだもん。

barracuda0205

とは言え、ピチチンガをゆっくり食べた為、3人ともお腹いっぱいです。
持ち帰らせてもらい、半分は犬のジキに。
半分は私がもらいました。
ジョアォンガブリエルのデザートは時間の都合でキャンセル。
ジョアォンまたしても大泣き!
あーあ…(2回目)。

メルカドモデーロ内をゆっくり見たい気もしましたが、ジョアォンも私も疲れていましたし、
トニー先生は帰る気満々だし、帰ることに。
途中のお店で私のアペリード、Barracudaを発見!
写真を撮らせてもらいました。

barracuda0206

真ん中の列の上から2番目がバラクーダ(オニカマス)。
1ミリも可愛い要素がありません…。

タクシーを捕まえてオンジーナまで戻る途中、タクシーの運転手さんにガンガン話しかけるメストレ。
運転手さん、さっきから「えー」とか「あー」とかしか言ってません。
オンジーナまでの約20分、メストレ話しっぱなし。
私たちのお父ちゃんは今日も元気です。

夜の練習は大人クラスだけでした。
ほぼ昨日と同じメンバーです。
最初は青帯のブルーノ、黄緑帯マリア、アマンダ、私の4人でした。
基本の蹴りをひたすら練習!

途中から青帯ビルー、ウルソ、緑帯マリーシアが合流して、連続蹴りの練習です。
メイアルーアジフレンチからアルマーダ。
セクエンシアにもある動きですが難しい。
コンパッソの蹴り合いを練習して、今日もホジーニャかな♪
今日こそ写真撮らなくち>ゃ〜♪
と思っていたら、トニー先生から座るように指示が出ます。

そこから終了までトニー先生のお話です。
ポルトガル語をもっと勉強してくれば良かった!
みんなが笑っていても、私は何の話だかわからずぽかーん…。
すごく勿体無いです。
もっとポルトガル語が聞き取れるようになりたい!と思いながら2日目が終わりました。

今日もレッスンの写真撮り忘れ(取りっぱぐれ?)ちゃいました…。

3日目に続く。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 旅行

2018/02/28(水)
黄帯のBarracudaです。
新年早々ブラジルへ行って来ました。
わずか5日間の短い滞在ですが、よろしければお付き合いくださいませ。

1日目
サルバドール空港にコントラメストレフラカォン、アルーノフォルマードのレウが迎えに来てくれました。
日曜の19:00に到着するはずが、色々あって月曜2:00に到着です。
深夜にもかかわらずお迎えに来てくれた二人に本当に感謝です。

3:30にアカデミーア到着。
メストレトニーの奥さんアニーが迎えてくれました。
夜中なのになぁ。嬉しかったです。

部屋の事などを聞き、荷物を解いて少し休みました。
8:00頃起きて、メストレトニーに挨拶。
トニー先生の孫、ジョアォンガブリエルとも初対面。

近所のパダリーアへ朝ごはんを食べに行きます。
ここで、レッスンの時間や滞在中の予定を確認。
私はポルトガル語が弱いので、紙に書いてもらいます。

barrakuda0101.jpg
メモ帳を部屋に忘れたので、紙ナプキンに書いてくれるメストレ。


月曜は子供クラスと大人クラス
火曜は大人クラス
水曜は子供クラスと大人クラス
木曜はホーダ
とFesta do Bonfim
(金曜〜日曜はレッスンがありません)


木曜はFesta do Bonfimがあってみんなヘトヘトだから、ゆっくりのホーダにする、と言っていました。
時間がゆっくりなのか、ゆっくりした動きのホーダなのかはわからないまま、
結局木曜ホーダは中止になったんですが。

その後、海に連れて行ってもらいます。
トニー先生はライフセーバーをしていた海の男です。
ざぶざぶ泳ぎます。いいなあ。

barracuda00102.jpg

お昼はジョアォンガブリエル、トニー先生と黄色いお店へ。
今回の滞在でガブリエルと一緒に行動する事が多かったのですが、
彼はとても3歳とは思えないパワフルさで驚く事が多かったです。

barracuda0103.jpg
ちょうどトニー先生に怒られた所を撮っちゃいました。
ごめんよ…。

お昼の後、アカデミーアに上がります。
barracuda0104.jpg


日本と同じデザイン。
何度もブログで見ていましたが、自分が来たと思うと感動です。

barracuda0105.jpg

日本の写真を飾るスペースがあったり。

barracuda0106.jpg

昔の写真でしょうか、ももこさん達が貼り直してくれたやつかな?

子供クラスへ。
ですが時間になっても誰も来ない…?
1月は休暇の時期だから、旅行や遠くの家族に会いに行っている人が多く、レッスンに来る生徒が少ないとの事。
年明けすぐですもんね。
同じ時期に渡伯した青帯えんどーさんからも、この時期は人が少ないと聞いていました。

この日は近所の兄弟2名が初めてのレッスンに来ていました。
パンデイロを叩きながら『o menino chorou』の歌。
アウー、マルテーロゥ、ジンガを教わっていました。
私もパンデイロで参加。
ポルトガル語がもう少し話せれば、何か話しかけられたのにな…とても歯がゆい。

大人クラスはジョーゴが中心でした。
少ない人数だったため、全員とジョーゴができました。
ヴェフメーリョ先生から

『ようこそブラジルへ!』

と言わんばかりのハステイラ、バンダ。
ゴロゴロ転がされました。
出発前日の練習で竜太先生、青帯えんどーさん、オギーさんに
倒され転ばされ投げられまくった成果か、
倒れ方はバッチリ!のはず…。

最後にホジーニャをして、気がついたら終わっていました。
楽しすぎて写真撮り忘れた!!

日本のこの人やあの人がここにいたら楽しいに違いない!と練習中に何度も思いました。
そんなワクワクするようなジョーゴがたくさんありました。
明日も楽しみです!

2日目に続く
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 旅行

2018/02/27(火)
黄帯のBarracudaです。
カポエイラを始めて4年目。ブラジルに行ってきました。

1/6〜1/14。
土日とくっつけて9日間のお休みをもらいました。
日曜の夜にブラジルに到着して、金曜の朝までアカデミーアに滞在する、
中6日間の短い滞在です。(訳あって5日間になったんですが…)

それだけの滞在期間でもブラジルは楽しかったです!
休みが少なくてもブラジルには行ける。
そして行けばとても楽しい。
そんな事がわかった今回の滞在です。

※今日の日記は、カポエイラは一切出てきません。ブラジルへの移動中のお話です。

ブラジルまでのチケットは、ブラジル旅行社 の菅野さんに取ってもらいました。
アメリカ経由のルートです。
成田→ニューヨーク(JFK国際空港)→リオデジャネイロ→サルバドール

出発当日。
成田空港で『ニューヨークが豪雪の為飛行機が遅れているが、問題なく飛べる』とのアナウンス。

barracuda0003.jpg

1時間半程出発が遅れました。乗継ぎには十分な時間を取っていたので、まだまだ涼しい顔をしている私。
この後酷い目にあうとも知らず…。
12時間後、そろそろ着陸体勢に入るかという頃にフライトマップを見ていると、飛行機の軌道がボストンを指していました。

ニューヨークの空港ってボストンにあるんだっけ??

機長からアナウンスが入ります。

JFK国際空港は雪の影響で到着ゲートが閉鎖されていて、
着陸しても飛行機の行き場がないため行き先をボストンに変更する。
今後の事はボストンに到着したら地上係員に確認する。との事。

えーーー!!!何それーー!!
どどど、どうしよーー!


飛行機はぐんぐん進んでボストンのローガン空港に着陸。
アメリカン航空のカウンターには長蛇の列ができていました。
何はともあれ先生達に連絡です。
ローガン空港のフリーwifiに繋いで連絡開始。
フラカォン先生、竜太先生がすぐに反応してくれて嬉しかったです。

コードシェア便の為、JALのグランドスタッフが対応してくれたのですが、
今夜はローガン空港で足止めになるとの事。
ホテルは航空会社で手配してくれるそう。

22:00。
セキュリティチェック前の空港ロビーに荷物ごと出されてしまいました。
外には雪が積もっています。
ここは大人でも誘拐される国。

もしかして大ピンチ・・・?

barracuda0002.jpg
ローガン空港のロビー。混乱していたのでよく見ていませんでした・・・。

どうやったら最短で確実にブラジルに着けるだろうか。
まずは安全なホテルにチェックインして、
アメリカン航空の予約センターに電話してみよう!

作戦決行の前に、さっきからずっと寒くて手が震えています。
手元のiphoneを見ると・・・

barracuda0001.png



( ゚д゚)
( ゚д゚)
( ゚д゚)!?

ま、まいなす、17℃!!?
(東京の1月の平均気温は5.2℃)

…ホテルにたどり着く前に死ぬんじゃないかしら…。
外はビュービュー風が吹いて本当に寒かったです。
私はこれから暖かい国に行くのに、大寒波のアメリカで、しかも深夜に何やってるんだろう・・・。
barracuda0005

駅には近寄ってはいけない雰囲気の人たちもいて、必死で目を合わせないように歩きました。
本当に怖かった!

24:00。
ホテルに着いて、暖かい部屋で色々な人からのメッセージを読んだら心が緩んでしまい、ちょっと泣きました。

アメリカン航空の予約センターに電話してみると、
「空港のカウンターが3:30に開くから相談してみて」と案内されたため空港に戻る事に…。

barracuda0004

カウンターのおじさんに事情を話します。

『雪の影響で目的地とは別の空港に着陸して困っています。
経由地のリオまでしかチェックインしていませんが、
私の最終目的地はリオではなくサルバドールです!
なるべく早い便に振替て欲しいですーっ!!(切実)』


するとあっさり、ボストンからサルバドールへの振替便を取ってくれました。

ボストン〜マイアミ〜サンパウロ〜サルバドール

ニューヨークに戻らず、ボストンからサルバドールを目指します。

新しい旅程はサルバドールまで最短で移動できる代わりに、
キャンセル待ちしなくてはいけなかったり乗換時間が1時間前後とタイトだったり、といった厳しいものでしたが、
選ぶ余裕はなかったですね・・・。

こうして、定刻から約6時間遅れて無事にブラジルに辿り着く事ができたのでした。

barracuda0006
ローガン空港にあった魚のオブジェ。


後日談ですが、JFK空港は次の日水道管が破裂して大変なことになったらしいです。
(赤帯のそのさんが教えてくれました)
ニューヨークにバスで戻るという選択肢もありましたが、ボストンにとどまって良かったかもしれません。
冬のニューヨーク経由は注意が必要かもしれないですね。

また、私以外の人もブラジル行きは結構大変だったようで、
みんな何とかしてたどり着いています。
当たりを引き当てているのは一部の人だけみたいですけれど・・・。

出発前の飲み会で、えしこさんの飛行機の話を聞いていたので、
私も何かあったらごねまくってみようと思ってました。

→えしこさんの飛行機の話。勇気をもらいました。
http://capoeiratempo.blog121.fc2.com/blog-entry-1573.html
http://capoeiratempo.blog121.fc2.com/blog-entry-1574.html

→タルタルーガさんも別の空港で降ろされていたようですが、何と観光しています!
旅ブロガーは強いです。
http://capoeiratempo.blog121.fc2.com/blog-entry-698.html


ある意味とても貴重な経験でした。
励ましてくださった皆様ありがとうございました。

これからも飛行機に乗る事はあると思いますが、

もう飛行機が遅れようが到着地が変更になろうが、
両隣をデカい男の人に挟まれて狭かろうが
(肘掛けをめぐる熾烈な争いが何度か勃発!)
恐れる事はありません!!!


…乱気流と乗り物酔いは怖いです。

1日目に続く。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 旅行

2018/02/25(日)
11/20(月) DAY5


月曜日。今日はみんなで朝ごはん。
トニーとガブリエルと、8人でパダリーアへ。

往路での一枚。
th_IMG_1652.jpg

この謎のポーズはRoda Giganteの入りらしい。
いちいち面白い。



混んでいたので4組に分かれて座る。
th_IMG_1647.jpg



ボルボレッタはホットサンド。
私はSuco de fruta。日替わりフルーツはイチゴ。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f634.jpg


日本よりも生野菜を食べるチャンスがないので
ブラジル滞在中はこのSuco de frutaを
砂糖抜き、氷入りでほぼ毎日飲んでいた。
滞在後半はパダリーアの人が
私の顔を見ただけで作ってくれるくらい。
とても美味しい。



食後は2人ともカプチーノ。
th_23659405_10155835106832954_4750612753628926150_n.jpg

待遇の違いに…ではなく、ルックスの残念感を嘆いております。
持ち帰りと言ってしまったがためプラカップにカプチーノが。熱くて持ちにくいらしい。




午前中はのんびりと過ごしてランチ。
通称、黄色いお店 「Sertão E Mar」へ。
食べてばかりだ。
th_th_IMG_1629.jpg


今日はトニーがressacaなので1人ビール。
th_th_IMG_1633.jpg


デンデーのバターがけアイピンを狙う人が。
th_00262B8B-AA72-4F13-A6B2-C4897D0970D7.jpg


もらえて満足なボルボレッタ。
th_IMG_1626.jpg




食後私はコーヒーを飲みに、ボルボレッタはお買い物をしに再びパダリーアに行くことにする。

ボルボレッタ「なんかいる?」
デンデー「アイスコーヒーが飲みたいです」

アイスコーヒー…
バイーアでは見たことがないよねという話になり
デンデーに「アイスコーヒーはたぶん売ってない」と伝える。

一人テラスに座ってコーヒーを飲んでいたら
買い物を終えたボルボレッタがお店のお兄さんと出てきた。

え、何?その大きな袋。
th_IMG_E7915.jpg

「氷買っちゃった〜。アカデミーアまで運んでくれるって〜」
th_23755012_10155835521757954_5254483165680553850_n.jpg

まさかの氷10kg。
アイスコーヒーが飲みたいというデンデーのために購入したらしい。
後輩への愛がハンパない。


「じゃあねー」
th_IMG_1622.jpg

お供を引き連れて帰っていくボルボレッタ。
この後はデンデーの日記にある通り。
あれ、この日デンデーはアイスコーヒー飲んだ?


のちにボルボレッタが氷を買ったと知ったトニーとアニーは
「そんなもの買わなくても作れるのに!!製氷器くらいあるよ!」と。

ボルボレッタが帰国した後、
アニーはキッチンに立つたびに「ボルボレッタ〜〜」と笑っていた。
私が帰国する日までこの氷事件をネタにして。
たぶんブラジルに行く度に言われるだろうな。

ちなみにボルボレッタは氷事件の数日後、
鍋のフタ事件も起こします。(後ほど書きます)



夜。月曜日は子ども練習と大人練習の日。
夕方アカデミーアに上がったらすでに男性がお掃除をしてくれていた。

子供は半分以上が知らない子だった。
私服の子もいて近所の子が遊びに来たみたいな。

トニーの子供レッスンの感じはとても好き。
何がなんでもやらせる、ではなく子供のやりたい気持ちや集中力を尊重する。
トニーは子供の性格や気持ちの変化をよく見ているなーと思う。

「竜太先生だ」と思う。似ている。

そういえばまだテンポのビジターだった頃、
竜太先生のレッスンを受けて
「こんなに人のことちゃんと見てくれる人はお医者さんや学校の先生でもいない!」
と思ったんだった。

ちゃんと見てもらえるって嬉しい。

普段は分かりづらいけど(すみません)
トニーも竜太先生もすごく優しい。


大人練習前のÍcaroとボルボレッタ。
th_IMG_1614.jpg


Ícaroは歌もよく歌うし、ビリンバウもパンデイロもアタバキも上手。カポエイラもかっこいい。
th_IMG_1597.jpg



大人練習は、今回昇段する人が
いろんな相手とジョーゴしたりSequênciaをしたり。

青帯を取るウルソとモランゴがSequênciaを。
1セットでも疲れるのに連続で3セットとか。
めちゃくちゃキツそう。
th_IMG_1610.jpg

Sequênciaで持久力を試されていたみたい。


その後また昇段組がジョーゴ。
黄緑帯をとるマリア、モランゴ、ウルソが誕生日ホーダ状態でいろんな人と戦う。
th_IMG_3612.jpg


th_IMG_3608.jpg


バチザード前のこの緊張感のある雰囲気は
日本もブラジルも一緒。ドキドキする。


で、練習。
th_23722418_10155838871497954_6238162915806303660_n.jpg

th_th_23794792_10155838871537954_5475175303519166913_n.jpg

th_th_23659676_10155838874182954_929271356321771228_n.jpg

th_th_23755758_10155838871617954_7816982266134188598_n.jpg

やっぱりヴェフメーリョ怖い〜


練習後のヴェフメーリョとメシカーノ。
th_23659553_10155838874327954_3468613045738617666_n.jpg




疲れました。
晩ごはん、外に行くのも面倒だという話になり
お家で簡単に済ませることに。

昨日の残りのサラダをアレンジし、オムレツを作り、バナナを茹でて食べる。
サラダばっかり。一応味は違います。
th_IMG_1601.jpg

これは去年はできなかったことで
自炊ができるって素晴らしいと思った。
楽しいし、くつろげる。お金もかからない。

Casa14があってよかった。
ホテルだとできないもんね。

食後はボルボレッタ氷でカイピリーニャを作る。
ボルボレッタ、ありがとうございます。
th_th_23722393_10155838871027954_5950494195368824954_n.jpg

電波が弱いからと携帯を振っています。



明日はアニーとランチを作ります。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/02/23(金)
サウヴィ!
こんにちは、笹森道場のデンデーです。

20180221180053e6c.jpg
2018年、年始の私
ノリさん「似合ってるよー!クスクス~(悪い笑い)」



2017年11月20日(月)

お昼ごはんは皆で”黄色いお店”へ。反省1:お店の名前は愛称ではなくきちんと把握しましょう
美味しいアセロラドリンクに出会ったものの、やはり飲みたくなるアイスコーヒー。
すっかりアイスコーヒーはない、ということを忘れて「飲みたい」と口走っていました。

CASA14に戻り、しばらくすると普通のコーヒーを飲み終えて戻ってきたボルボさんが、2階の玄関前で「デンデーデンデー」と何やら助けを呼んでいました。

ボ「デンデーがアイスコーヒー飲みたいってうるさいから氷買ってきてあげた!!(だから感謝しろ、キッチンまで運べ)」

え、あ、はい。
アリガトウゴザイマス、オブリガーダ、ヴァレウ。
それ……大きすぎない?

201802211800549c4.jpg
この氷、一度溶けたんでしょうね。バラバラになっていなくて、ほぼ1つの塊状態。

ここからが大変。これどうするの?と。

20180221180055f3b.jpg
デビルの槍の様なキッチン用品でガンガンガンガンと砕いていきます。

201802211800575e3.jpg
ガンガンガンガン!!!!

砕いた氷をジップロックもどきに詰めていきます。
もどきではなく、本物を買うべきだったと思いましたね。
チャックの質が全然違う。
いや、そんな事どうでもいい。いや、よくない!次回は本物を!反省2:次回は本物を
終わらない、終わりが見えない。見えるわけがない。
ジップロックもどきの数が足りない問題以前に冷凍庫に入りませんから!

私、昼寝がしたいのーーー!!

あーだこーだキッチンで大騒ぎしたのは言うまでもありません。

氷は半分以上残して放置。
現地で買う必要のない物リストに”業務用氷”を追加しましょう。これ一般家庭でも買うのかしら?
ピンタさん滞在期間の後半に、この騒動のオチがあります。ピンタさんが書いてくれる……かも!?


この日は初レッスン!!レッスン前の掃除も大事!!
……寝坊しました。もう掃除終わってました。ごめんなさい。反省3:起きなさい

子どもレッスンが始まる前に、子どもたちに名前を書いてもらいました。
やがてこのノートは落書き帳みたいになりました。
20180221180058754.jpg
でもそれがいい!

そして大人レッスン!
えーっと、序盤は…… 中盤は…… 反省4:レッスン内容は必ずその日に記録しましょう

レッスン終盤、ホジーニャが始まります。

トニー先生「デンデー歌え」

簡単な歌がピコーンと浮かんだ瞬間に

トニー先生「クァドゥラだ」

私「・・・・・・!!!」

音程はさておき一応乗り切れる程度には練習してきた!自分を信じるんだ!!

ふと顔を上げるとボルボさんが目に入り……
そ ん な 心 配 そ う な 顔 し な い で

こんな感じ→ 彡(´・ω・`)

目の前のマリアを見つめながら歌いました(注:渋谷支部のマリア・ボニータではない)
マリアは今回のバチザードで黄緑帯を取る同期!
なんて美しい瞳なのでしょう!希望に満ち溢れてキラキラしている!(私にはもうない)

思い出深いレッスン初日でした!
20180221180100b55.jpg
とある日のトニー先生、マリア、ビルー

このクァドゥラを練習する時はマリアのことを思い出し、ジョアォンの十八番の歌を聴けばジョアォンを思い出してピンタさんとニヤニヤしたり。

20180221180101840.jpg
いつもこんな感じの顔で、♪Mas eu pudesse eu voltava no tempo~
勇ましいわー!


ちなみに笹森先生が”この歌を歌う私のマネ”をし始めてから思い出が薄れ始めてしまいました。
マネされる度に、MP(メンタルポイント)をごっそり持っていかれます。早く悪いクセを直したいです。

歌っていいですね!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド