みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2015年09月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2015/09/28(月)
9月5日(土)

朝5時過ぎに目が覚める。

二度寝な気分でもないので、ぶらぶらとビーチを散歩。
土曜日だからか、人がわりとたくさん。
ビーチにある腹筋台の近くにも人がいた。朝から頑張りますね。
しばらく海沿いに歩くと、道路脇に「YAMADA」という落書きのある像を見つけた。なんで山田…

帰りがてら、スピージに寄ってアサイーブラズィウを食べる。
冷たくておいしい。そして量がはんぱなく多い。

IMG_0077.jpg

朝ごはん前のちょっとした腹ごしらえのつもりが、これで満足。

スピージのカウンターでは、物乞いのような人が店員に追い払われていて
その後、その人はちょっと離れたところで警察に事情聴取のようなことをされていたのだが
「見ろよ!あいつ警察に捕まってやがるぜ!」
とかなんとか言いながら、カウンターの店員が満面の笑みでその様を見物していた。
裏の調理場からも、すごい笑顔で顔出してきてる店員が一人。
すごいなブラジルと思った。

昨日ビーチでたくさん陽の光を浴びたせいもあったのか、やや疲れ気味。
聞きかじった単語の勉強をしたりして過ごす。

お昼ちょい前に、アニーから、トニーが呼んでたわよと伝えられる。
外に出て探してみると、隣の屋台エリアでビール飲んでた。
ちょっとだけ付き合うと、カシャーサをご馳走してくれた。
この時点ですでに1日の許容量を超えそうなアルコール量になる。
アカデミーアに戻って、水をたくさん飲んでおいた。

午後3時過ぎに、荷物を持ってアレンベッピに出発。
日焼け止めはちゃんと準備していくようにね、とアニーに言われたので
隣のメルカジーニョで買っておいた。意外となんでも置いてあるお店。

メストゥレ オレーリャは、メストゥレ トニーと共にメストゥレ バンバに師事していた方で
現在はキルベーというグループを持っていらっしゃいます。
昨日ホーダでお邪魔した、ACMB(アソシアサォン ジ カポエィラ メストゥレ ビンバ)の元支部にあたるところで
以前のブラジル日記でも名前が出ていますね。


アレンベッピまではバスて2時間くらいかかった。混んでたからかな。
途中、オンジーナから40分くらい乗ったところのイタポアンで乗換え1回。
乗り換えてからは立ちっぱなしだったので、かなり神経を使う。
着いた頃には、外はもうだいぶ暗くなっていた。

メストゥレ オレーリャの家に行くと、誰もおらず。
アカデミーアのほうにお邪魔してみると、まだお仕事中だった。
キックボクシングの子供クラスを開講されていたようだ。
やっていくか?と聞かれたので、せっかくなので混ぜてもらうことに。
トニーはどっか行っちゃった。

レガースとグローブを借りて練習に参加。
メストゥレ オレーリャと組になって練習を行った。
まさかカポエィラよりも先にキックボクシングで対面することになるとは…

語り口からとても良い方なのは分かるのだが、ファイトスタイルを取られるとめちゃくちゃ怖い。
ジャブとか普通に打たれて、手加減はしてくれているのだがボコボコボコボコ当たる。
あ、フックはガードしても頭揺れるんですね・・・もっとしっかり固定してガードしよう。

キックボクシングは初体験だったが、割とわかる動きが多く
ベンサォンを手で弾いてマルテーロゥや、パンチからシャーパジラトーリアなど
カポエィラの動きを取り入れた練習もあった。
ただ、キックボクシングとカポエィラでは、前の足で蹴るか後ろの足で蹴るかの違いがあるようだ。
相手から近いとこから蹴った方が避けられにくいからだろうか。
一つ一つの動きに理由があり、いろいろと格闘技について考えさせられるレッスンだった。

最後はメストゥレと子供達全員とスパーリングして終了。
いきなり飛び入り参加でびっくりしただろうけど、嫌な顔せず相手してくれた子供達に感謝です。

IMG_0078.jpg


練習終わった後はメストゥレオレーリャの宿に案内してもらう。今回の宿泊先。
一人部屋で、海がすぐ近くに見える眺めの良いところにあった。
明日の朝に写真撮ってみよう。


シャワー浴びた後にトニーと晩御飯へ。
トニーはアレンベッピのパスタがとても好きらしい。
ファストフードに近しい感じで、オリーブとかベーコンとか入れる具を最初に自分で選べる形式。
一品だったが、量も多くて割といい感じだった。

アレンベッピは夜でも外に人がたくさんいて賑やか。
バーもオープンテラスで、ライブやってたりしてる。
このあたりの人は夜は家族皆で外に出てきてご飯食べるんだ、とかトニーが言ってた。
ブラジルの勝手が分からず、人が多いと周りにむやみに神経を使って過ごすことになるので
自分はオンジーナの静かな夜の方が落ち着きます。

トニーはビールをたくさん飲んでいた…ほどほどに付き合って帰って寝る。
明日は朝10時から、ビーチでメストゥレオレーリャのトレーニングがある。
二日酔いにならないようにしないと。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2015/09/27(日)
​9月4日(金)

朝5時くらいに目がさめる。
外では野良犬がめちゃくちゃ吠えていた。

金曜日は、本部道場での練習はお休み。
午前中はビーチでのんびりと過ごす。
人も少なくて快適だった。

20150904od


お昼はトニー達とムケッカを食べに行く。
以前のブラジル日記などでよく見る、鉄板焼きのお店、かな?
ムケッカ ジ カマラォン(エビ入り)を食べる。とてもおいしい。そして量が多い…
お店はすごく混んでて、あとからも人がたくさん来てた。

ここで夜の予定を聞く。
ペロウリーニョで行われる、アソシアサォン ジ カポエィラ メストゥレ ビンバ(ACMB)のホーダに行くぞ、とのこと。
メストゥレ バンバの誕生日らしい。おめでとうございます。
ジョッタの店の前で午後6時に待ち合わせて、バスで行くそうだ。
間違えないようにメモっておく。

食べすぎのためにややグッタリしつつ、アカデミーアで洗濯したりして過ごしていると
トニーとアニーが部屋を訪ねてきた。
二階玄関の工事が始まるから、ちょっとこの部屋もうるさくなるけどごめんね、とのこと。
玄関ドアつけたり壁塗ったりするみたい。

IMG_0133.jpg

ぜんぜん大丈夫です。自分の滞在中にどこまで完成するかな。

夜6時。カウサカミーザと少しだけお金を持ってアカデミーアを出る。
メストゥレバンバのカポエィラはとても強いわよ、気をつけて。と、アニーが応援してくれた。

待ち合わせ場所に行くと、リリウと妹さんがいた。トニーは?と聞かれる。
あれ。見てないです。
リリウが電話をかけてトニーと話をしている。
終わった。
ヴァーモス(行こう)。

あ、うちらだけで行ってこいということですか…
ということで、そのままリリウにくっついてバス停へ。
ブラジルでは予定変更は多々あるよ。と
他のメンバーの皆さんに聞いていたが、早速か、と思う。

バスはどこ行きだったか見忘れた。とっても混んでる。
身の回りの荷物に注意してね、とリリウに言われたが
既にリュックのチャックが空いていた。ダメダメです。

しばらく乗ったあと、賑やかな所で降りる。目の前にラセルダエレベーターがあった。
エレベーターを登って、夜のペロウリーニョに到着。
古い町並みがとても綺麗だった。なんか裏路地入ったら危なそうだけど。

ACMBの道場に向う途中、広場のあたりで
ゲトカポエィラのマッチさん元気さん館さんを見かける。
空港に続き奇遇ですね。
お急ぎのようだったので、軽くご挨拶だけさせていただいて別れる。
呼び止めてしまってすみませんでした。

テヘイロ ジ ジェズースの広場を抜けて、ACMBの道場に到着。
二階に上がって皆さんにご挨拶。
今年のバチザードに来てくれた、赤帯レウのお父さんである
メストゥレボゾーもいらしていた。
みんないい笑顔で握手してくれて、ちょっと安心。

着替えてしばらくしたあと、ホーダが始まる。
メストゥレバンバはまだ見えていなかったからか、メストゥレボゾーのクァドラでホーダが始まった。
お客さんが多いからか、ジョーゴでの激しいやり取りもそんなに無く、穏やかな感じで進行。
自分はACMBの赤青帯の人と結構長くジョーゴさせてもらう。やられたりやられたりやられなかったり。
名前も聞いたのだけれど、思い出せなかった…残念。
メストゥレバンバがこのあたりでいらしていて、しきりに声を上げていた。

テンポの青帯、ブルーノが遅れてホーダに来た。
身軽な動きで、近い間合いで戦うのが上手い。
せっかくなのでよく見て勉強する。

サンバとマクレレーでは、飾り物をいっぱいつけたインド人のような女の人が目立ってた。

ソロが始まったあたりで、メストゥレ バンバにご挨拶してみんなで退散。
10月に日本にいらっしゃるはずなので、その際にまたご挨拶させていただこうと思います。


道場を出て、みんなで少しぶらぶら歩く。
緑帯グラスィオーザとは英語でコミュニケーション。英語もあんまりできないですが。
近くのバーでお酒買って飲む。ここらへんから記憶がちょっと怪しい。
とりあえずフェリースフェリース連呼していた気がする。
まあいいか。

帰りは、ペロウリーニョで会ったリリウの友達?が
車でアカデミーアまで送ってくれた。
別れる際に、ボアノイチアミーゴ、と言ってくれる。
節々のこういう言葉が、なんだか温かくていいなと思った。


シャワー浴びて、この日も撃沈。
お酒ばっかり飲んでる気がする。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2015/09/19(土)
なつやすみにかがわでカポエイラをしました。

バラウナというだんたいのボネコせんせいにならいました。
_G7A5280.jpg

2人ぐみでアルマーダとほかのなにかをくみあわせるれんしゅうをしました。
テンポとわざがいっしょでした。

アルマーダとなにかをやるのがたいへんでした。

またいったらやりたいです。 

イータ(みちろう)
IMG_4385 (1)
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ

2015/09/12(土)
夜の6時ごろに目がさめる。
顔洗ったりしていたら、入口からコントゥラメストゥレ フラカォンがやってきた。
おおー。お久しぶりです。
力強い握手で迎えてくれました。


せっかくこちらに来たので、掃除からやるつもりで
夜6時半頃に着替えて3階の道場へ上がる。
Salve.

もう掃除始まってるし。
完全に出遅れた。

トニーと赤帯のリリウ、帯なしの生徒1人が準備をしていた。

挨拶もそこそこに、トニーからホーダの準備手伝えと言われ、イス運びやビリンバウの調律などを手伝う。
普通に頭数に入れて扱ってくれるので、しみじみ有難い。

ビリンバウは張りすぎたけど…。
こっちのビリンバウは音がよく響きますね。


あとから親子連れが来た。
子供がカポエィラ習ってるのようで、今日のホーダに出るようだ。

話半分に聞いて準備していたら
トニーに呼ばれ、この子の柔軟やっておいてあげなさいと言われる。
あ、了解です。

片言のポルトガル語とジェスチャーを使って、林先生直伝の柔軟をさせてみる。
わりといろんな動きで悲鳴あげてた。

ホーダ。
他団体の人は特におらず、赤帯リリウに青帯のジョッタとマテウス、あとは黄緑と緑帯と子供で何人か。

少ないなあと思っていたら、あとからコントゥラメストゥレ フラカォン、コントゥラメストゥレ ヴェフメーリョ、メシカーノなどが来て、最終的に15人程度の人数になった。

もちろん、みんなには熱烈に歓迎してもらってます。

全体人数は日本のほうが多いのだけれど、人数の少なさはあまり感じない。
説明するのがとても難しいけれど、全員がホーダにいる感じ。
みんなこの雰囲気を日本に持って帰ろうと頑張っているんだな、と思った。



ジョーゴはだいたい全員と。
やはり青帯つけてるので、上帯の人にはプレッシャーをかけられ続ける。
特に、ジョッタには終始押されっぱなし。
ヴィンガチーヴァかけられて吹っ飛んだり。


やられっぱなしは悔しいので、滞在中になんとか形になるジョーゴができるようになりたいなあ。

ちなみにジョッタは誕生日月だったらしく、この後にお祝いジョーゴでヘロヘロになってた。

ホーダが終わったあとはトニーが自分を紹介してくれるが、どんな紹介されているかはあんまり分からず。
マテウスのイーノで締め。


練習のあとはみんなでアカラジェー屋へ。





エビいっぱい野菜いっぱいで好きな味。
ピメンタはここでも少なめにしとく。

えしこさんが沢山食ってたぞとトニーが話す。
大食いキャラになってるのかな?

ジョッタには、いくつになるのと聞いてみると、34歳とのこと。
まさかの歳下…
お前ミニョッカの親父に見えるぞとからかわれてた。

ノンビリしつつ、トニーにビールもらったので飲んでみる。
色々疲れたこともあり、とても美味しい。


ちなみに。
ご存知の方も多いかと思いますが
私、お酒にとても弱いです。
通常時ではビール2杯が危険量。


ということで、この後はアカデミーア戻ったあとはそのまま撃沈。
気が付いたら夜中の3時。
うう。日記書いておこうと思ったのに。

シャワー浴びてまた寝る。
長い1日だった。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2015/09/12(土)
お久しぶりです。渋谷支部のおでんです。
青帯で、アペリードはMinhoca。
いわゆるミミズです。

ただいま、初めてのブラジルで
カポエィラとポルトガル語の勉強中ですので
こちらにブラジル話をちょくちょく書かせていただきます。

先月にブラジルに滞在されていた、えしこさんほどにはポルトガル語も日本語も上手ではありませんが、どうかご容赦ください。


というわけで、到着初日のお話から。


ーーーーー
9月3日(木)
飛行機の遅れだけが心配だったが、割とあっさり定刻通りにサウヴァドール空港に到着。
ネタにならなくてすみません。

バリバリのアウェイ感がしたアメリカの審査と違い、ブラジルの入国審査はなんだか普通で、スムーズに終了。
荷物を受け取ってゲートを出ると、コントゥラメストゥレ フラカォンからメッセージがあり、メストゥレトニーがお迎えに来てくれるとのこと。

ちなみにこの時、唯一の連絡手段であるiPhoneのバッテリー残量が10%切っており、割とギリギリな感じでした。
なので写真はありません…


待ってる間に空港を見物して歩く。
看板のポルトガル語は、やはり雰囲気でしか分からず。
大丈夫かな?と少し不安になっていた頃に、ゲトカポエィラの元気さんと館さんにバッタリ。
向こうから声をかけていただき恐縮でした。

館さんとは初めましてのご挨拶。
自分とだいたい同じくらいな滞在期間とのこと。
おたがい頑張りましょう、といって別れる。

さらにしばらく待っていると、メストゥレトニーが到着。
遠くからでもシルエットで分かるので、とても安心。
お久しぶりですの挨拶をしたのち、バスでアカデミーアに向かうことに。

外はとてもいい天気。

バスは運転がちょいと荒め。
でも安い、のかな? 3へアイス。
以前のブラジル日記ではもっと安かったような。

そんなバスの中でも、他人に席を譲ったり荷物を棚に移動してあげたりと動くメストゥレ。
一つ一つの行動が早い。
そしてとにかく話をしている。
見習わないとな、と思いながら
のんびりと外の景色を眺めて過ごす。
これがブラジルか。


お昼にようやくアカデミーアに到着。



二階に案内してもらい、アニーにご挨拶。
やっと会えてちょっと感動。
疲れた?の質問に、少し、と答えるが
ごめんなさい、結構疲れてました。
ハイと素直に答えられない日本人。


ジョアンガブリエウにはジンガで挨拶。
握手求めてみたらタッチしてくれた。
もうビリンバウに合わせて動けるのよ、とアニーが言っていた。

シャワー浴びた後に、アニーが用意してくれたお昼ご飯。
鶏肉のいろんな部位の煮込み料理。
機内食がアレだったのでおいしく頂く。

そしてここで初のピメンタを経験。
トニーから、いるか?と訊かれた時点で、なんか辛そうな雰囲気を感じたので、ちょっとだけもらってみる。
…あー、結構辛いですね。美味しいけど。
スプーンの先っぽ程度にしておいた。

トニーはえしこさんがピメンタたくさんかけて悶絶していたぜ、的な話をしていた。


トニーに両替をお願いし、部屋で休憩。
寝よう…と思ったけれど、iPhone復活させないとどうにも不便なので、トニーからお金を受け取ったあと、近くにあるメルカジーニョで買い物。
品物がいろいろ目新しいので楽しい。
コンセントの変圧器とか水とかをもろもろ購入。

変圧器が売っているのはあらかじめ知っていたので、あわてないで済みました。
教えてくださったえんどーさん、ありがとうございます。

部屋に戻り、荷物を開けて日本からのお土産を渡す。
トニーには定番らしきチョコレート。
アニーにはサランラップとジップロック。
使い方は分かるとのこと。
説明どうしよう、とちょっと思っていたので一安心。
コンセントでiPhoneを充電して、寝る。

今日は木曜日なので、夜はホーダだ。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド