みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2014年07月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/07/30(水)
毎年代々木公園で開催されているブラジルフェスティバル。


梅雨明け間近、夏はもうすぐそこまで。

ということで、夏の始まりを感じさせてくれるこのイベント。


ブラジルフェスティバル1


雨は心配でしたが、多少の雨なら決行とのことで、

今年も多くの来場者でにぎわっていました(例年に比べれば、ちょい少ない気もしましたが)。



ブラジルフェスティバルはかなり人気のあるフェスで、
ステージのゲストも豪華。
お店も充実していて、ブラジルのフードから雑貨まで楽しむことができます。

一日目のステージMCには、ここ毎年担当しているブラジル人ジョニー佐々木と今年はおっPサンバのセニョリータ高木さんが担当していました。
途中アントニオ猪木さんがゲストとして出演、会場を盛り上げていました。



毎年恒例となった、カポエィラ・テンポ日本支部代表の竜太先生が、ブラジル大使館より任されオーガナイズしている、カポエィラスペース。
今年も、一日中、カポエィラを観ることができるスペースとして、たくさんの人に観にきていただいていました。

ブラジルフェスティバル1


今回はMAZ BRASILというシューズブランドより靴が支給されてカポエィラ・テンポの何人かは、
これを履いてパフォーマンスをしました。

ブラジルフェスティバル1


この靴めちゃくちゃ良いですよ!

とても軽いです。

しかも洗濯機でまるごと洗えて、すぐ乾きます。

今や自分の普段のシューズになっています。
デザインもかわいいし、もう一足買おうかと思っているほど。

おすすめです!

履くほど良さがわかるかもしれません。
じわじわ、やっぱこの靴、こういうところいいよな、って思いますよ。

ブラジルフェスティバル1



一日目はこのカポエィラスペースでのパフォーマンスのほか、ステージでのパフォーマンスがありました。

ブラジルフェスティバル1

4年くらい前か忘れましたが、ステージでのパフォーマンスはカポエィラの各団体の先生たちや上帯がパフォーマンスを行うということで、自分は、手拍子での盛り上げ役でした。
僭越ながら、いつからか、パフォーマンスにも出させてもらえるようにもなりました。実は自分にとってカラダ全身で喜びを感じることができるステージです。

今年はパフォーマンス初っ端のソロでやらかしてしまいましたが…。

ブラジルフェスティバル1


脱ぎ始め担当などところどころで、役割をもたせていただきました。


ブラジルフェスティバル1


竜太先生との合わせ技。

ブラジルフェスティバル1


ブラジルフェスティバル1


ブラジルフェスティバル1


ステージに描かれたキリスト像に合わせたわけではなかったのですが、
妙にマッチしていて驚きました。

これはうれしい。


ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1

ブラジルフェスティバル1


いろいろな先生たちをまじえてのパフォーマンスはあっという間に終了。



その後はカポエィラスペースにて
各団体、パフォーマンスやワークショップが続きます。

各団体

各団体1

各団体1

ワークショップ

各団体4

各団体3


最後にカポエィラ・テンポのパフォーマンスの時間となりましたが、
いろんな団体の人も混ざって盛り上がったジョーゴになりました。
そこにブラジリアン・パーカッション集団、バハヴェントが登場。

バハヴェント登場


爆音で盛り上げてくれます。
コラボレーションの始まりです。

コラボ

コラボ2

観客もさらに増え、カポエィラのスペースが人で埋め尽くされました。
しばらくすると、パフォーマンスの終わりを告げるかのように、雨足が非常に強くなり、パフォーマンスが終了。

雨の中

雨の中2

バハヴェントはそのままステージへ。

ステージへ


自分はカポエィラ・テンポ超初級レッスンのため、芸能花伝舎へ向かいました。

一日目は終了。

一日目終わり

一日目終わり2


二日目へ向けて反省と調整をしながら、過ごします。
わくわくするこの感じ、とても好きです。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエラ カポエイラ ブラジル

2014/07/28(月)
Привет!

港湾都市ウラジオストク

【前回のあらすじ。】
ロシアのウラジオストクにやってきたタルタルーガでしたが、
早速Associacao de Capoeira Mestre Bimba(通称:ACMB)へ向かい、
無事訪問することに成功しました。(前回の日記は⇒コチラ

到着初日

しかし終わる直前での登場で、あまり長い時間はカポエィラ出来ませんでした。
ということで、本格的な練習参加は翌日以降になりました。

【2日目の朝】

2日目の朝

日曜日は当地では朝11時からアクロバットクラスです。

カポエィラ時計(手作り)
カポエィラ時計(手作り)」

この日も指導者は当然SOL先生。

日曜はアクロバットクラスです

みんなで床にマットを敷きます。

床にマットを引きます

準備運動は前転やホレー。それから片手片足でそのまま後ろへステップ!

今日も頑張ります

ステップ!

後ろへステップ!

ステップ!からのアウーで反対へ。

アウーで反対へ

さらに後ろへステップ!

まだまだステップ!

おっと!これはキツイ!
女性ばかりの参加なのにロシア式ウォーミングアップ、キツイですね!

跳ね起きの練習
アウーバチドゥーの見本

練習は床からの跳ね起きの練習に、マカーコ、アウーバチドゥ等。

エリコピテロの練習

個人的に別メニューでエリコピテロを練習しました。

SOLはなんでもできるので、羨ましいです!
そんなかんなでアクロバットクラス終了。
朝からいい運動でした。では、ウラジオストクの街に繰り出しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂の多い街

ウラジオストクは坂の多い街です。
東京から2時間で街中はすっかりロシアの世界!

ロシア正教会
レーニン像

ロシア正教会の教会やレーニン像があったりします。

ウラジオストクはソ連時代は重要な軍港で、1991年まで閉鎖都市として立ち入りが禁止されていました。
現在でもロシア海軍太平洋艦隊の本拠地になっています。

潜水艦の前で

ということで、街中にある「潜水艦S-56博物館」に行ってみました。
これは第二次世界大戦時に使用されていたソ連軍の潜水艦S-56が現役を終え、
陸揚げされて現在は内部が博物館になっています。

潜水艦内部
内部

内部は何やら複雑な機械でいっぱいです。

狭い・・・

しかし、隣の部屋に行く時の接続部が狭い!
大柄のロシア人の水兵さんがすんなり通れたのか疑問です。

魚雷と寝室

こちらは魚雷と寝室。緑色のが魚雷です。当然ながら現在は使われておりません。
ベッドの隣に魚雷があるなんて落ち着きませんね!

魚雷

潜水艦内部は狭いですし。いやいや結構大変なもんですね。
面白い体験ができました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【最終日】

最終日

練習最終日は結構な人数の参加!

移動の練習をします

移動の練習をそこそこやって、

バテリア
セルゲイとジョーゴ

ホーダ2つでバテリアもいれてジョーゴです!

マルテーロ
みんなとジョーゴ
避ける!

明日には帰国ですから、ここぞとばかりジョーゴします!

歌も唄う

歌も唄いますよ!

最後はホーダ一つにします

最後はホーダ一つにしてジョーゴ!

アウー
ネガチーヴァ!!

REGIONALのネガチーヴァが炸裂します!!

最後はDaryaとジョーゴ!

3日間お世話になったDARYAとジョーゴ!

足が長い

高身長なので足が長いです。蹴りが遠くから延びてきます。

アウーメイオジーロゥ

得意技で反撃します!

そしてラストホーダも終了!3日間の練習参加も終わりました。
いやー楽しかった!滞在中毎日練習したのは初めてでした。
と同時に受け入れてくれたSOLとACMBウラジオストクのみなさんに感謝ですね!
3日間お世話になりました。ありがとうございました。

ウラジオストクを離れる

翌日、2時間のフライトであっという間に帰国した足で、お礼メールをしたらすぐにこんな返事が。

「Salve!irmão(兄弟)!君の訪問に本当に感謝します。また君とジョーゴ出来ることを楽しみにしていますよ!日本でね!」

いやいや最後まで素晴らしいカポエィリスタでした。
極東の地に若武者現る!といった感じでしょうか。
ブラジルからもモスクワからも遠く離れた極東の地で、
自前のアカデミーアに数々の機材の準備、メストレの招聘からバチザード開催等、
カポエィラを普及させるのは並大抵の情熱では出来ないことでしょう。
しかもブラジル本部にも修行に行き、そこで得たものを還元していく。
きっとテンポの創設期もそんな感じだったのかもしれませんね。

SOLとDARYA

精力的な活動をするSOL達から、この3日間でとても素晴らしいエネルギーと刺激を受けました。
同じ青帯としてまた新たに頑張ろうと思ったタルタルーガでした。ということで、

ACMB ウラジオストクのみんなと

Salve! ACMB VLADIBOSTOK!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、最後はいつものいつもので。

鷹の巣展望台

ウラジオストクは2012年のAPEC開催地で、その時に金角湾をまたぐ黄金橋が建設されました。
現在では街の丘陵部にある「鷹の巣展望台」からの景色が観光名所になっています。
そこへ行ったところ・・・・、

巨大なマトリョーシカが・・・

お土産屋の前に巨大なマトリョーシカが!!

マトリョーシカに向かって・・・

これに対して・・・・








マトリョーシカにヴィンガチーヴァ!

ヴィンガチーヴァ!!

ケーダ(倒し技)初登場!しかし倒れない!!(でも倒したら大変)

鷹の巣展望台からのアウーバチドゥ

そして展望台でいつものいつもので!

繰り返しますがウラジオストクは東京から2時間!
新たな観光のオプションにカポエィラが加わりましたね!
夏の旅行先にいかがでしょうか?ぜひご検討ください。
また次回をお楽しみに!

Всего хорошего!


関連記事

タグ : カポエィラ カポエラ カポエイラ ブラジル ロシア

2014/07/14(月)
ご無沙汰しています、皆さんお元気されていますでしょうか?

愛知に住んで早4年目、今年もメモリアのバチザードにお邪魔しました!

去年は上海にいたため参加できませんでしたが、カポエィラを始めて毎年参加&日記を書いていてすごくゆかりのあるグループです。

今回で4回目になるのですが、そんな中でもいろいろなお初がありました。


 実は住んでいる愛知から会場に向かったのは初めてなのです。
毎年東京でホーダやイベントに参加して翌日に皆さんと車で愛知へ、というのが恒例だったのですが4年目にして初です。

そして2つは豊橋の路面電車!
豊橋は新幹線使う程度であまり周りを散策したことがなかったのですがこれを機会にと便乗。
路面電車は様々な種類があり地方ののどかな風景も手伝ってのんびりできました。

他にも夏はビール電車、冬にはおでん電車といった風物詩を楽しむイベントがあるとかないとか。

 さらに豊橋カレーうどんもお初。
豊橋カレーうどん

豊橋カレーうどんの歴史自体は新しいのですが取り扱っているお店は多く、今やご当地グルメとなっているみたいです。
普通のカレーうどんとの違いは何といってもカレーうどんの下にとろろご飯が隠れていること!
食べ方にもありますがかき混ぜずに上のうどんを食べ進み、締めにとろろご飯という面白構造になっています。

がしかし、なぜか自分のだけ、とろろがほとんどありませんでした...(汁のとろみがほかの方よりも明らかになかった)それでもご当地ということもあり美味しくいただきました。


 おなかも満たし、会場の豊川市音羽文化ホールへ。
今回到着が開始前ということで準備や歓談の様子もこれまた新鮮で、特にメモリアのホボー先生の赤ちゃんにはたいへん癒されました。

 そしてイベントスタート。
今年の催し物はダンスを中心に行われました。
長時間踊り続けてもパワフルに踊っているのはさすがといったところです。
ダンス

ダンス2

ダンス3

ダンス4

 催し物が終わるとバチザード(昇段式)へ。
ゆるやかな中で巧みな技を駆使したジョーゴから激しく華麗にくり広げられるジョーゴは会場を盛り上げます。
バチザードスタート

メモリア!

ジョーゴ

ジョーゴ2

ジョーゴ3

ジョーゴ4

ジョーゴ5


 最近仕事の関係で体を動かす機会がなかったのでジョーゴは控えようかと思っていましたが、雰囲気に刺激され参加を決意。

そしていよいよジョーゴをというところで終了。
「迎田がジョーゴに入る瞬間が終了の合図」
と感じてしまうくらい毎年のことでもはや自分の中で鉄板ネタになっています。(※そのあとのホーダでちゃんとできました)

 その後、マクレレーへと移行し、最後にサンバが行われ無事終了。
マクレレー

サンバ

みんなで集合写真をパチリ。
集合写真

 そして東京に帰る皆さんをお見送り。
「指定席あるから乗って東京来れば?」
という先生のフリや改札口を通った後の仲間の後ろ姿になんだか感傷的なってしまったので、気分を紛らわすため帰り際に皆が食べたがっていたみたらし茶団子とどら焼きを頬張って帰路につきました。

学生から始めたカポエィラですが離れた地でもつながりというのは続いているのだと改めて感じました。

 そんなカポエィラですが7月19日20日は代々木公園で催されるブラジルフェスティバルや9月にはバチザードもありまだまだ熱気は続きますのでお楽しみに!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエラ カポエイラ ブラジル

2014/07/05(土)
この日最高気温は33.1°を記録!暑すぎるでしょ!

熱波の代々木公園、凄い人をかき分けみんなと合流

パフォーマンスをするステージは

まさかのテント。マジか!

カツオさんの手乗り、屋根破っちゃうじゃん
image2.jpeg

結果、許可が出たとのことで
テントの前でパフォーマンス

5月の練習にあまり参加できなかった私はソロを断念。
体の疲労感より気が引けてしまってた、
けど
緑帯のちかちゃん、モッチー、恭介くん
しっかり頑張って素敵だったし
ちあきちゃん、らいくんはちょっと見ない間に
驚くほど成長してるし、いい刺激だった。
image3.png
image4.png

そしてパンポさん!
『やっぱりソロ出たい!と思ったら
俺の前に飛び出していいからね』
何度もそんな冗談言って気遣いの声をかけてくれて
いちいち素敵で感動してしまう。
黄帯なのにそんな気遣いさせちゃいけないんですけど、
ありがたかったです。

私はソロやらないとなった途端気が楽になり
『ねぇねぇらもちゃんソロ何やるの?
マカーコ見たーい』とリクエスト
応えてくれました、ありがとー
いつか一緒にパフォーマンスでマカーコできる様に
がんばるわ!
image5.png

さてパフォーマンス
Benguelaのトーキに誘われて
既にひとだかりなのに、さらに輪が膨らんでゆく
『竜太さーーーん』声が飛ぶ
ずーーーと動画を撮っている人もいたし
友達もテンションがあがり
カツオさんを外人と間違う
image6.png

この方、実は先日
『いつになったらパフォーマンスでアウーセンマォンできる様になるんたろう…』
と悩んでたことをばらしてしまいますが、
飛んだね。
一緒に練習してるメンバーの成果を見ると嬉しくなる。
image7.png
繰り返しますがここはメコン(タイ)ダンスフェスティバル
image8.png
image9.png

『凄い良かったよ、かっこよかった!』
パフォーマンス終了後におじさんに声をかけられる。
グッティも以前パフォーマンス終了後に声を掛けられてたね。
ユニフォームを着ているということは
こーゆーことなんだと思いました。
みんなが本当凄かった、その一員として見られるのだと。

今回は動画とったりテンポのちらしを配ったりと
ずっとお手伝いしてくれた黄緑・帯なしメンバーの彼女たちも
今後パフォーマンスで活躍していくのだろうな、
いやいや、絶対活躍してほしいな!と
頑張っている姿を見て楽しみになり、また
私も頑張らねば!と引き締まる思いでした。
暑い中本当にお疲れ様でした。

最後にソロ断念したのでビリンバウを弾くチャンスを貰ったこと!
そのさんと交代しようとスタンバイしてたら
支部長・林先生が不安気 
『え、大丈夫なの?』
って、まぁ、そんな眉毛になるよね。
眉毛イメージ画像
image1.jpeg
わかるよ、心配なのはよーーーくわかる
後で全部ダメ出し聞くから、
ひとまず全力でやらせてもらうわ!
そのさんのアクロバット見たいじゃん
image10.png
息できなかったけど、大きな経験でした。
すごい感謝!っていうか陳謝!
モッチーがマイクの位置ずれてすいませんなんて謝ってたけど
違う!違う!私の問題よ、ありがとう
練習します!

そして嬉しいことに、
カポエィラ・テンポはこれからイベントがいっぱい

同じ代々木公園のメインステージで約一ヶ月後の6/28(日)
ワールドグルメ・ミュージックフェスタでのパフォーマンスも
一気にご報告

では
メインステージのグッティー




「はーい!」


って、(上の)日記に感動してたら、キター!出たー、日記ぃ~(笑)
長くなるから覚悟して、でも最後まで読んでね。

では早速、パフォーマンスの表も裏も一気にプレイバック!!

まず、パフォーマンス前の集合時点でMVPは笹森先生にもってかれちゃったもんね(笑)。
そう、なんと今日のパフォーマンス指定だったTシャツを笹森先生が忘れてしまい、
男性用の予備Tシャツがないと思ったら、さすが弟子だね、弟子!
弟子のえしこちゃんがサイズ150のTシャツを師匠に貸すという粋な計らい。

流行ったね、数十年前に古着のちびT(Tシャツ)を着るスタイル。
時代は10年サイクルで今日戻ってきたんだね。笹森先生、ごちそうさまです。



そしてそして、パフォーマンス直前に3チーム別れで、お客さんを呼ぼうと練り歩きに。
みんなにこんな感じのことをステージでやりますよぉ~と、お知らせをして、ステージに戻ったら丁度我々のパフォーマンスの順番になるという予定。

IMG_5139817448354.jpeg

IMG_47932118605357.jpeg


で、実際に戻るとまだ時間があるぅ~。
トイレにダッシュ!!
ゲッ、戻るともうパフォーマンスが始まってるじゃないの。

舞台裏から「ヤバい、ヤバいよ。どんな感じで入るの?」と頭の中でオタオタする。

で、見るとBenguelaのトーキでウォーミングアップが始まってるぅ~。
ガーン。

IMG_54544189983322.jpeg

「でも、行かなきゃ、行かなきゃ、これやりに来たんだし。」と冷静に。

パフォーマンスに参加。
すると、「あっ、靴脱ぎ忘れたぁ~」とまたダッシュで舞台裏に。

冷や汗で始まったパフォーマンスだけど、何かが去年と違う。
去年はジョーゴに出たかったくせに思い切りが足らずパフォーマンス後、自主練習前によったドトールで落ち込んだなぁ。

あぁ、懐かしい。

そのさん、覚えてますかぁ。
あれから1年だって。早いですね。
いっぱい話を聞いてもらいましたね。

カポエィラに関して反省がなくなる日はない、絶対。
でも、みんなのサポートのお陰でここまで続けて来れて、去年の自分とちょっと比べることができた訳だからなんて不思議なの。
来年は、もっとパワーアップできますように。


おっと、お待たせしました。
みんなのパフォーマンスの様子はこれだ、ワン、ツー、スリー!!!

IMG_48097009586568.jpeg

↑笹森先生、激しく動いたらちびT、分からないですね。

IMG_48848683873066.jpeg

↑蹴って、避けるぅ~

IMG_48880093456461.jpeg

↑一緒にジャーンプ!

IMG_48342423686951.jpeg

↑ガオォ~

IMG_48644505878279.jpeg

↑エンターテイナージェイ様

IMG_48057696966400.jpeg

↑女の戦い!!!

IMG_48630367376831.jpeg

↑足長いね、カッコイイ!!

IMG_56145293506720.jpeg

↑そのさんキック~!!

素敵な笑顔からの~

IMG_48326115888999.jpeg

ジャ~ンプ!!!!!

IMG_48218566522309.jpeg

今度はジャーンプさせるぅ~!!

IMG_48243193929600.jpeg

たっくんwith正太郎先生も来てくれました!!

IMG_52629344141947.jpeg


天気も良いし、最高!
パフォーマンスが終わったら、ビールを飲むぞー!ってことで。
ラージサイズの湘南ゴールドビールとパッタイをゲット!

みんなでつまみ食いしながら、いつだってワイワイは最高だね。
するとステージでボーカルが歌う歌う。懐メロ~。
キョンキョンソングからのプリプリ(プリンセルプリンセス)のダイアモンド。
頂きましたぁ~。


気づくと飲み終わったビールカップをマイクに、いや糸電話風に自分の声がカップのなかで、いい感じに響くぅ~。
ホーダでは、届かない声も今日は違ったわ。

「♪あの時感じたぁ~、あぁ(あぁ)、予感は本物~、あぁ(あぁ)今私を動かすのはダイヤモンド........♪」

295-2.jpg

おぺけさん、コーラス完璧。
同世代の女子はこれ絶対歌ったよね、思い出す。
あの時代、女バンドと言えば、プリプリとピンクサファイアだったもんね。


食べて歌ったら、後は、野外音楽練習。
ビリンバウとパンデイロでサンバの練習。
IMG_47835066659695.jpeg

恭介くんを踊らせたくて、女子は誘う誘う、でもまだ反応なし。
そしたら何故かオギーも岡部さんも踊るぅ~。
ちっと踊ってご機嫌の恭介くんの表情。

IMG_47800180744852.jpeg

さてさて、来たよ、来たよ、ここからが本日のビックイベント。
空は光、ゴロゴロ、ピカピカ、ゴロピカドン!
高木ブーの雷様もびっくり。

すごいスコール。

傘がない私に遠藤さんが相合傘をて提供してくれると。
優しいね。

しかし、雨が強くなり、風も。
その時、遠藤さんの折りたたみ傘の骨が折れてお決まりのスタイルに(笑)。
傘をさしながらいつだかのTMリボリューション状態に。

私達は結局、昼の汗をスコールで洗い流すという派手な天気に見舞われたのであった。
帰りは、そのスコールでみんなとばらばら解散に。
そのさんの携帯もスコールにやられて、とうとう機種変となったのであった。


みんな、激しい一日、お疲れ様~。


☆☆☆お知らせ☆☆☆
いよいよ、7月19日、20日は、ブラジルフェスティバル~!!
皆さん、代々木公園に是非見に来て下さいね。盛り上がりますよ!!!
ではでは、待ってまーす。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエラ パフォーマンス 代々木公園 フェス

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド