みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2014年05月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2014/05/29(木)
こんにちは、新宿本部黄緑帯の日野です。

メンバー入りして約1年、先日大久保地域センターのさつきまつりに初めて出演側として参加しました。
今まで手伝いとしては、いろいろイベントに参加してたんですが。

人前に出るのは得意ではないので、どうしようか迷ったんですが、
とても和やかなイベントだと聞いたので、思い切って参加することに。
とはいえ、いざとなると、やっぱり尻込みしてしまい、やや足取り重く会場へ向かいました。

手伝いとして参加してるときから、常々感じてはいたんですが、
うちのカポエィラパフォーマンスは事前打ち合わせがほとんど無いに等しいんです。
この日も位置の確認とかソロの順番とか、ざっくりとした打ち合わせのみ。
カポエィラは即興で動くものなので、当然ではあるんですが・・・。
あれ?こんなフワフワしたまま本番にいくのかな~、と思ってたら、ほんとにそのまま本番へ。

あんなにテキトーな、いや、非常に簡潔な打ち合わせで、気付けばなんとかなっていました。
私は流れに身を任すだけでいっぱいいっぱいで、正直あんまり記憶が無く・・・。

腰痛気味でもばっちり決めるときは決めるお父さん、
同じ黄緑帯でもパフォーマンス慣れした中学生、
帯無しでも堂々とソロやジョーゴを披露するちびっ子、

bampo.jpg

taiti.jpg

1kanntario.jpg

みんなすごいですね。かっこいいです。
人にお見せできるような技は出来なくとも、せめて堂々とした身のこなしでパフォーマンス
参加できるよう、精進します!

個人的に反省点はいろいろあるんですが、それらを書いてると湿っぽい日記になってしまうので、
パフォーマンスで学んだことをもうちょっと真面目に考察したいと思います。

先ほどカポエィラパフォーマンスは事前打ち合わせがほとんど無いに等しい、と
言いましたが、その分、本番中の出演者同士の意思の疎通がすごく密です。
ジョーゴの相手に対してはもちろんのこと、バテリーア、会場の雰囲気まで
いろいろなことへの気づかいあってこそ、即興でのパフォーマンスが成立します。
今回、人前に立つだけで必死だった私はもちろんそれどころでは無かったですが、
上帯の方たちがしっかり統制をとってくれてました!

カポエィラ・テンポのパフォーマンスのいいところは、
与えられた機会に全力を尽くす決意のもと、全体を見通す洞察力でもって俊敏に動き、
音楽と調和したジョーゴと・・・うーん、難しくなってきたので、もうやめます。

もうすぐ毎月恒例のホーダもありますし、今後イベント出演も多くなります。
いろいろ書きましたが、ホーダやイベントを見た人がカポエィラっておもしろいな、思ってくれれば、
それでいいです。ぜひ見に来てくださいねー!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 新宿 大久保 パフォーマンス

2014/05/01(木)
こんにちは、グッティです。

今日は、日本科学未来館でユーラシア旅行社主催「世界の絶景フォーラムのパフォーマンスであったお話です。
これから旅に行かれる方にブラジルの楽しさをお伝えできたらと、カポエィラ・テンポ、張り切って行って参りました。
今回は、舞台上でのパフォーマンスだったんですが、なんとまぁ素敵、舞台がカポエィラ向けでした!!
なぜかと言うと丸型で、もうホーダ(円)ができている。
テンション上がる、上げる、上がる、上げるぅ~。

写真は、これだぁ~。
会場全体の様子

お客さんの中にもカポエィラを初めて見た方も多かったのでしょうか。
皆さんにご興味をもって頂き、暖かく迎えて下さいました。

ビンゲーラ3

ビンゲーラ2

ビンゲーラ1

パフォーマンスが終わると中2の川村君、たかゆきさんに腰を見てもらってました。
贅沢ぅ~!!!
控え室風景
「これから、恩返しにたかゆきさんの技やってかないとね?」「どうよ?」などと、
若い者を見るとついついおばちゃん節が出ちゃいました。
若いんだからこれからもお大事に~。
(写真:かつおさんもやってほしそぉ~。竜太先生は傷口をフーフー中!)

私はひらりん、らもちゃん、ボルボちゃんとユニフォームに上着を着たまま会場の中を散策。
会場の下で「世界一展」が開催されていて、チケットがないのでその近くまでいったら、
ご夫婦が、「すごい良かったわよ。」と言ったので、そんなにすごいんだなぁと思い、
「何が一番良かったんですか?」と尋ねると、
そのお二人が、
「あなた達のことよっ(カポエィラパフォーマンス)!!!」と。
「あっ、ありがとうございますっ。」と、まぁ、こんなこともあるんですね。
そんなに長くお話はできなかったけど、最後に「いいもの見せてもらったわよ。」と仰って下さって、
今回その中(パフォーマンス)に自分がいられたのがとても嬉しかった。

その後は、建物の外を歩いていると、なんかいつもと違う雰囲気。
よく見てみると、すごいコスプレの人達が庭にいっぱ~い。
髪の毛が半端なく鮮やかだったり(なかなか出せない色)、カラーコンタクトも吸い込まれそうな目で。
その前の週にテンポの誕生日ホーダでたくさんオカマコスプレを目にしていたはずなのに。
全く違う異空間で、思わず「私、見えないかもだけど、軽く腰をぬかしてるからね。」と思わず話していた。
すると、散策中に竜太先生とばったり。
カニのガチャガチャ(私のカポエィラのあだ名がカニの名前なので)があったと教えてくれました。
となるともちろん、「気になる気になる、どこにあるの?見たぁ~い!その場所、紹介してほしい!」となり、、、、
ガチャガチャ前に到着~。

machine.jpg
もちろん、やるでしょっ!てことで、まず1回。
らもちゃんも1回。あれ?ガチャガチャが詰まって出てこない事態に。
ケースをトントン叩いていると、竜太先生が素早くどこかから戻ってきて、先生もまたトントン。
店員に声をかける前に、店員さんが私の顔をみて「詰まりましたか?」と。
するとその店員さん、ガチャガチャケースを鍵で開けて、「お好きなのをひとつ」。
ぇえぇ~、ガチャガチャなのに選べちゃうの?あたらすぅぃ~ねぇ~。
ってことで、私も2回目のチャレンジ。
ガチャガチャから出たカニを持って控室に戻ろうとしたら、日野さんとななえちゃんが。
「見て見てぇ~」と近づくと、日野さんが。
「グッティさん、これあげます。」と。うそぉ~嬉しい。カニのガチャガチャをこのわたくしめに。
「あと、これは、カツオさんからです。」と、マジでぇ~、かつおさんも。ヤバい、みんな優しい。
ってことで、オープン二ングセレモニー。
あらぁ~ん、豊作だこと。
プラスチックバッグ

竜太先生に見せると、「ビニールに入れてちゃだめでしょ。」と言うので、
理由はわからないけど、「じゃぁ、開けてみますか?」と聞くと、、、


カニと遊び始めちゃった!
w plastic

ウケる。それも結構真剣~。
カニのはさみがどうたらこうたらと言いながら、
ほらぁ~
play w kani

パフォーマンスでこんなカニとの巡り会いがあるなんて。
皆の優しさ感じました。
日野さん、かつおさんガチャガチャありがとう。
らもちゃんも一緒にガチャガチャありがとう。
all starts


ちなみに私のアぺリードのカニは、Vaza-maréよ。
ビジュアルは、これ。
Vaza-maré

くぅ~、かわいいっ!!

また世の中のカニグッズ見つけたら教えてねぇ。
いつだって、待ってまーす。

***おまけ***
このパフォーマンスで笹森先生が勢い余ってステージから落ちたんです。
それでステージに急いで戻ったらまた落ちちゃったのが、コントみたいで面白かった。
笹森先生、持ってるねぇ~(笑)。














関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ パフォーマンス

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド